[Windows 10]マイドキュメントの保存場所を変更|別のHDDに移動

Windows 10でマイドキュメントの保存場所を変更したいの?或いは別のHDDに移動したい?この記事では、マイドキュメントの保存先を変更する方法はを紹介します。

Windows 10でマイドキュメントの保存場所を変更したいの?

    事例:私は「場所」を右クリック、「移動する..」を行いましたが、「My Documents」フォルダはどちらのドライブにも表示されません。実際に「マイドキュメント」フォルダを見つけるには、特定のファイルとその場所にアクセスする必要があります。現在では、C:\ドライブにも消えたし、どこでも見つかないで、Windows 10でマイドキュメントを移動できなくなりました。どうすればいいですか?教えてください。

マイドキュメント移動失敗時の対処法

マイドキュメントの移動ができなくて、失敗した時、具体的な解決手順は以下を見てください。

  • 手順 1. C:\ユーザーフォルダに移動します。その後、ユーザーアカウントフォルダを開きます。

  • 手順 2. ドキュメントフォルダを右クリックし、プロパティを選択します。

  • 手順 3. 「既定値に戻す」をクリックします。

  • 手順 4. 作動するかどうかを確認します。

Windows 10でマイドキュメントの保存場所を変更する理由

Microsoft Windowsの特別なフォルダであるマイドキュメントは、個人データを保持するために使用されます。Windows Vistaからは、「ドキュメント」のみと呼ばれています。マイドキュメントはユーザーがデータに簡単にアクセスできるように支援しますが、このフォルダはデフォルトではオペレーティングシステムが格納されているC:ドライブにあります。

マイドキュメントとOSを同じドライブに置くことは、いいことではありません。ここには2つの主な理由があります。

マイドキュメントの保存場所を変更する必要がある理由:

* Windowsのパフォーマンスを低下させます。マイドキュメントのサイズが大きくなると、C:ドライブがいっぱいになります。したがって、システムのパフォーマンスが低下します。

* マイドキュメントは簡単に失われます。これらの個人データは、システムのクラッシュ、ハードディスクの障害または人為的なエラーのために失われます。

したがって、Windows 10でマイドキュメントの保存先を変更する必要があります。つまり、Windows 10でマイドキュメントを別のHDDにクローンして、移動すべきます。

Windows 10でマイドキュメントの保存先を変更する方法

Windowsの組み込みユーティリティを使用して、マイドキュメントの既定の場所を変更するユーザーもいます。しかし、上記の案例のような問題が頻繁に発生します。だから、ここでは信頼性の高い代替手段を紹介します。プロのバックアップと同期ソフトであるAOMEI Backupperを使用すると、Windows 10でMy Documentsフォルダを別のドライブに簡単に移動できます。

Windows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Windows Vista、XPなどのさまざまなOSによってサポートされているAOMEI Backupperは、Windows 7のマイドキュメントを別のドライブに移動する場合にも役に立ちます。

Windows 10でマイドキュメントの保存先を変更する詳しく手順は以下を見てください。

Windows 10のマイドキュメントを別のドライブに移動する手順

マイドキュメントを別のドライブに移動する方法は2つあります。1つは、上記に書いたようにマイドキュメントのデフォルトの場所を変更することです。もう1つは、マイドキュメントを別のHDDに同期することです。ファイルの同期は、マイドキュメントを別のドライブに手動で移動する必要がないため、マイドキュメントを効果的に保護できます。次から、2番目の方法を紹介します。

  • 手順 1. AOMEI Backupperをダウンロードし、インストールして起動します。こちらからダウンロード

  • 手順 2. 左側の「バックアップ」タブの「同期」を選択します。ファイル同期

  • 手順 3. タスク名は必要に応じて変更できます。「フォルダを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで「ブラウズ」を選択して「ドキュメント」を選択して「はい」をクリックします。フォルダを追加

  • 手順 4. 保存先を選択してから「開始」をクリックします。開始

ノート:1. ソースのフォルダ名は変更しないでください。それ以外の場合、ソフトウェアはこれ以上同期できません。2. マイドキュメントと他のフォルダを簡単に区別したい場合は、手順4の「同期オプション」をクリックして、現在の操作のコメントを書き込むことができます。3. 「スケジュール」をクリックすると、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー、USBプラグイン、リアルタイム同期の6つのモードがあります。ただ、最後の3つのオプションは、AOMEI Backupper Professionalでサポートされています。

結論

AOMEI Backupperの助けを借りて、Windows 10でマイドキュメントの保存場所を簡単に変更することができます。この便利なソフトで頻繁にデータを同期することをお勧めします。

これに加えて、同じコンピュータに2つのフォルダを同期させ、削除されたファイルを復元し、フォルダを別のドライブにクローンするなどの実用的な機能も搭载しいます。これらを使用すると、データが失われないようにすることができます。