Windows 7/8/10で最高のツールを使ってフォルダをリアルタイム同期します

なぜフォルダのリアルタイム同期が必要ですか

1つのフォルダを他のフォルダに同期する時、最初のフォルダ(ソースフォルダ)にあるすべての内容は2番目のフォルダ(ターゲットフォルダ)に同じ転送されます。ソースフォルダにファイルを削除、追加、または変更しても、同じ操作はターゲットフォルダに繰り返されます。リアルタイム同期はより特別かつ高度な同期であり、変更が発生するとターゲットフォルダはすぐに同期されます。

私達の仕事や日常生活に2つのフォルダをリアルタイムで同期する必要があるケースが沢山あります。グループで作業する場合、毎回変更を作成する時、異なる場所にある2つのフォルダを同期させる必要があり、同僚やパートナーは変更を素早く取得できます。フォルダ間のリアルタイム同期もバックアップのように動作できます。さらに、ローカルディスク上のフォルダをUSBドライブ上のフォルダにリアルタイムで同期できます。変更が完了した後、USBドライブ上のターゲットフォルダは確かに1つのバックアップで、バックアップや転送の時間を節約することもできます。

Windows 7でどのように2つのフォルダをリアルタイム同期しますか

一般的に、Microsoftにより、リリースされたWindowsの内蔵ツールSyncToyを考えています。それは無料ツールであり、複数の場所とデバイスでローカルまたはネットワークファイル/フォルダを自動同期させることができます。それは素晴らしいですが、リアルタイムの要求を満たせません。また、それもスケジュール同期ファイル/フォルダに失敗します。そのため、サードパーティ製のリアルタイム同期ツールを見つけるのはとても必要です。

AOMEI Backupper Professionalは最高のリアルタイム同期ソフトウェアの1つで、同じコンピューター上のドライブまたは異なるディスクで(ネットワーク)フォルダ間のリアルタイム同期を実行できます。このプログラムは変更を監視すると、すべての内容はすぐに同期され、何も見逃されることはありません。それはユーザーフレンドリーなインターフェースがあり、Windows 10/8/7/XP/Vistaをサポートします。リアルタイム同期ソフトウェアを無料でダウンロードし、そして同期の詳細な手順を学びましょう。

Windows 7でリアルタイムフォルダ同期を設定する手順

内部ディスクのフォルダを外付けデバイスのフォルダに同期する場合、事前にコンピューターにデバイスを接続する必要があります。そしてAOMEI Backupperをインストールして実行します。

1.主なインターフェースで「バックアップ」をクリックして「同期」を選択します。

ファイル同期

2.「フォルダを追加」をクリックして同期したいフォルダをソースフォルダとして選択します。そして「2」をクリックしてターゲットフォルダを選択します。

フォルダを追加

3.今「スケジュール」をクリックし、フォルダ間のリアルタイム同期を設定します。

スケジュール

4.ドロップダウンリストから「リアルタイム同期」を選択します。

リアルタイム同期

5.設定を保存するために「開始」をクリックし、それは初めて同期を実行します。それは次回から自動的に開始します。

開始

ヒント:

  • リアルタイム同期は電子メール通知をサポートしません。リアルタイム同期オプションを選択した後、ソースを削除する時、宛先フォルダを削除するかどうかを決めることができます。
  • オプション:以後、他のタスクから区別できるように、この同期タスクをコメントできます。
  • 以上のチュートリアルはWindows 10でフォルダをリアルタイム同期するにも適用します。

数回のクリックで2つのフォルダをリアルタイム同期する問題を解決しました。実際にリアルタイムフォルダ同期およびバックアップのソフトウェアAOMEI Backupperは他の沢山のことができます。スクリーンショットから見るように、リアルタイム同期の他にイベントトリガー、デイリー、ウイークリー、マンスリーの同期を設定できます。それはSSDからHDDにファイルを(異なるディスクを意味します)転送することもサポートします。将来、ラップトップのHDDが故障することに備えて、ユーティリティタブの機能を使用してブータブルデバイスを作成できます。