無料ソフトでファイルとフォルダの自動同期を行う方法

自動同期について

ファイル同期は強力な機能で、フォルダまたはファイルを同じに保持させることができます。ファイル同期はファイルバックアップと似ています。1つのマシンでデータを更新する時、他のマシンも更新します。休憩時間でまだ仕事をしたくて、またはPCからPCにファイルを転送したいなら、ファイル同期はとても有用です。

しかし、時にはファイル同期を行うのを忘れるかもしれません。それが発生するなら、大きいトラブルを起こします。休憩時間で仕事を続けるつもりですが、それらを同期することを忘れます。残念ながら、ジョブを完成できません。でももし事前に自動同期を設定するなら、ファイルは自動的に更新します。それで、ジョブはタイムリーに完了されることができます。また、自動同期は最も簡単かつ効率的な方法で、同期したいファイルまたはフォルダを忘れないことを確保できます。

Windowsコンピューターの自動ファイル同期

Windows 7の前に、ファイルを同期するのはユーザーにとって難しいです。ユーザーはシステム管理者として同期を設定しなければなりません。普通のユーザーにとってそれは非常に複雑です。しかし、Windows 7、Windows 8/8.1は同期センターと呼ばれるツールを内蔵し、ことを簡単にさせます。サーバーの設定がないので、心配しないで自分でファイルを同期できます。次のステップで同期を簡単に行えます。

「スタート」ボタン、すべてのプログラム、アクセサリ、同期センターをクリックし、それを開きます。次は、どのファイルやフォルダをいつ、どこに同期するかを設定します。

でも、同期センターはいくつかの欠点があります。例えば、自動同期を行っている時、パスワードを変更しないとエラーが発生します。そのため、サードパーティ製のソフトウェアは役立ちます。ここではAOMEI Backupperがその沢山の機能とシンプルなインターフェイスなので推薦されます。

無料AOMEI Backupperで自動ファイル同期を行う方法

AOMEI Backupperはファイル同期を提供します。操作はWindowsより簡単で、Windowsの同期センターと違ってそれはデータの安全性を簡単に確保できます。

ステップ 1. 無料AOMEI Backupper Standardをダウンロードします。それをインストールして、起動します。「バックアップ」タブで「同期」をクリックして、ファイル同期のインターフェイスを開きます。

ファイル同期

ステップ 2. 「1」で同期したいファイルやフォルダを選択します。「2」をクリックして同期先を選択します。

ファイルを追加

ステップ 3. 自動同期を設定するために、より多いステップが必要です。「スケジュール」をクリックして自動同期を設定できるウィンドウに移動します。ここでは、自分のニーズによってデイリー、ウイークリー、マンスリー、イベントトリガー、リアルタイム同期(有料機能なので、Professionalにアップグレードする必要がある)を設定できます。設定した後、「はい」をクリックします。そしてステップ2のインターフェイスに戻します。「開始」をクリックしてプロセスを実行します。

スケジュール同期

プロセスが100%に達すると、「完了」をクリックします。そして自動同期が正常に完成しました。

ノートおよびヒント:

  • AOMEI Backupperのファイル同期は一方向同期だけをサポートします。一方向同期で1つの場所にファイルやフォルダを追加(変更、削除)する度に、他の場所に同じファイルやフォルダが追加(変更、削除)されます。でも、一方向同期だから、最初の場所に何の変更が作成されません。

  • 「オプション」をクリックして、タスクについての通知をタイムリーに受けられるために電子メール情報を設定し、現在の操作のコメントを書くことができます。

AOMEI Backupperは、異なるコンピューターにファイル/フォルダを自動的に同期するだけでなく、より多い機能を使用できる強力なバックアップソフトウェアです。このソフトウェアを使用してバックアップイメージをよりうまく管理できます。例えば、バックアップイメージのマージを通します。しかし、この機能はAOMEI Backupper Professionalエディションだけに存在します。必要な場合、それを直接にアップグレードできます。