個人ファイルをUSBフラッシュドライブにデイリーで自動バックアップします

データ損失に備えるために、個人ファイルを常にバックアップします。コンピューターの使用に伴って、個人ファイルは追加、または変更されます。毎回それらをバックアップするのは本当に面倒です。時にはファイルバックアップのことを忘れるかもしれません。それで、個人ファイルの自動バックアップを設定するのは必要です。

お使いのファイルを他のローカルパーティションまたはローカルディスクにバックアップするかもしれません。CD/DVDなどの外付けHDD、USBフラッシュドライブなどのポータブルメディア、またはShare/NASにそれらをバックアップすることもできます。ほとんどのユーザーは個人ファイルをUSBフラッシュドライブにバックアップすることを選択します。USBフラッシュドライブはファイルを完全に保存でき、持ち運びにも便利であるためです。多くの人は仕事を続けるようにファイルを家に持ち帰りたいです。彼らはオフィスでファイルをUSBフラッシュドライブにバックアップします。家で仕事を終えた後、それをもう一度バックアップしなければなりません。オフィスに戻ると、他のバックアップが必要です。これはとても複雑で不便です。USBフラッシュドライブを挿入すると個人ファイルをバックアップできる方法がありますか。

どのように個人ファイルをUSBフラッシュドライブに自動的にデイリーバックアップしますか

スケジュールバックアップはとても便利です。好きなようにデイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、またはリアルタイム同期の自動バックアップを設定できますが、どのように個人ファイルをUSBフラッシュドライブに自動的にデイリーバックアップしますか。AOMEI Backupper Standardのようなサードパーティ製のソフトウェアが必要です。

AOMEI Backupper StandardはWindows PCユーザー向けの優れたバックアップフリーソフトです。それはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPを含むほとんどのWindows OSをサポートできるため、どのWindows OSを使用してもAOMEIを使用してバックアップ問題をほぼ解決できます。

USBフラッシュドライブに個人ファイルをデイリーで自動バックアップするために、AOMEI Backupperの「同期」機能を使用できます。行う前に、ポータブルUSBフラッシュドライブを準備してそれをコンピューターに挿入する必要があります。

ステップ1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、それをインストールして起動します。「バックアップ」をクリックし、バーをスライドして「同期」を選択します。

同期

ステップ2. そして、バックアップしたいファイル、およびそれを保存する宛先場所を選択する必要があるインターフェースに移動します。「フォルダを追加」をクリックし、ポップアップで「ブラウズ」をクリックしてフォルダを選択します。もしフィルタオプションを使用してファイル拡張子を設定したいなら、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。「はい」をクリックして前のインターフェースに戻り、宛先場所を選択します。

フォルダを追加

ステップ3. 「2」をクリックして事前に準備したUSBフラッシュドライブを選択します。

宛先を選択

ステップ4. 自動デイリーバックアップを設定するために、「スケジュール」をクリックします。「普通」と「詳細」2つのタブがあるウィンドウがポップアウトします。「普通」をクリックして次の画面が表示するように「デイリー」を選択します。

スケジュール

ステップ5. 設定が終わったら、「はい」をクリックします。そして「開始」をクリックしてタスクを実行します。それは100%に達する時「完了」をクリックして退出します。

AOMEI Backupperを使用していくつかのステップだけが必要で、USBフラッシュドライブに個人ファイルをデイリーで自動バックアップできます。また、それはバックアップの他に沢山のことを行えます。ここでこのUSBバックアップソフトウェアについての詳細が分かれます。

ノート:

AOMEI Backupperのファイル同期は一方向同期機能です。

CD/DVD/Blu-Rayにファイルとフォルダを同期できません。