システムの復元ができない時の対処法

多くのWindows7やWindows10のユーザーはシステムの復元を行う時にシステムの復元ができない問題が発生したことあります。この記事ではシステムの復元が失敗する原因とその対処法をご紹介します。

システムの復元ができない時のエラー

お使いのコンピューターの具合が突然悪くなった場合、Windows7/Windows10でシステムの復元を実行してシステムを正常に動作していた時点の状態に戻すことで、症状が改善される可能性があります。しかし、一部のユーザーは何らかの原因でシステムの復元ができないことを見つけるかもしれません。

🔍次はよく遭遇するエラーをいくつかご紹介しましょう~

  • 【状況➊】システムの復元は正しく完了しませんでした。コンピューターのシステムファイルと設定は変更されませんでした。
    エラー0x80070091:システムの復元は、復元ポイントからディレクトリの復元中に失敗しました。エラー0x80070091
    エラー0x80070005:ファイルにアクセスできませんでした。コンピユーター上でウイルス対策プログラムが動作していることが原因と考えられます。エラー0x80070005
    ●この状況でのもう一つのエラー:システムの復元は、復元ポイントからディレクトリの元のコピーを抽出できませんでした。エラー0x80071a90

    【状況❷】エラー0x80042306:次の理由により、復元ポイントを作成できませんでした。シャドウコピープロバイダーでエラーが発生しました。エラー0x80042306

    【状況❸】エラー0x800423F3:ライタで一時的なエラーが発生しました。エラー0x800423F3

    【状況❹】エラー0x80042308:指定されたオブジェクトが見つかりませんでした。

システムの復元ができない原因

🚩システムの復元が失敗する原因はいくつかあります。主な原因は次のとおりです。

▶システムの保護を有効にするドライブの空き容量が不足しています。

▶ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトはアクセス権を変更します。

▶復元ポイントに関する問題:システムの復元が有効になっていないか、または有効なシステムの復元ポイントがありません。

▶不良セクター

▶不適切なシャットダウン

▶ボリュームシャドウコピーサービス(VSS)エラー

▶その他の原因...


解決済み:ボリュームシャドウコピーサービスエラー

システムの復元が失敗する時の7つの対処法

システムの復元ができない問題を解決する方法もいくつかあります。次は、7つの対処法を簡単にご紹介してWindows 7/8/10でシステムの復元エラーを修復しましょう~

⭐対処法 1

復元したいドライブの「システムの復元」がオンになっているかどうか、または「システムの保護」を有効にするドライブには十分なディスク容量があるかどうかを確認してください。
指定したドライブに少なくとも300MBの空き容量があることをお勧めします。

Windows 7でシステムの保護を有効にする方法は?

⭐対処法 2

セーフモードから起動してシステムの復元を実行します。これで、コンピューター上の全てのアプリケーションは復元中に影響を及ぼすことができません。

しかし、元々セーフモードで問題が発生するなら、ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトはその原因になるかもしれません。いくつかのセキュリティソフトはシステムインストールを保護するために対応ファイルまたはレジストリへのアクセス権を制御します。だから、これらのファイルを処理する権利がありません。こういう時、セキュリティソフトをアンインストールしてから、システムの復元が正常に完了するかチェックしてください。

⭐対処法 3

セーフモードでも起動しない場合、パソコン起動時にF8キーを押して「セーフモードとコマンドプロンプト」を選択します。そして、管理者アカウントでログインします。次は、「%systemroot%\windowssystem32restore」ディレクトリから「rstrui」を見つけて、それを実行します。最後は、指示に従って復元を行えます。

⭐対処法 4

「Task Scheduler(タスクスケジューラ)」、「System Restore Service(システムの復元)」、「Volume Shadow Copy(ボリュームシャドウコピー)」が実行中であるか、自動に設定されたか確認してください。

タスクスケジューラーサービスを見つけるために、検索ボックスに「services.msc」と入力してEnterキーを押すことができます。「Task Scheduler」をダブルクリックして「スタートアップの種類」を自動に設定して「開始」を押します。他の2つのサービスもこのようにしましょう。

⭐対処法 5

ハードディスクのエラーをチェックし、修正してください。コマンドプロンプトで「chkdsk /f /r」コマンドを入力してEnterキーを押します。「/f」はディスク上で不良セクターを修正することを意味します。「/r」は不良セクターを探して読み取り可能な情報を回復することを意味します。このプロセスが完了した後、システムの復元をもう一度試してみましょう。

Windows 10でHDDのエラーをチェック、修復する方法

⭐対処法 6

イベントビューアーを使用してシステムの復元ができない原因を検出します。これを実現するために、検索ボックスに「eventvwr.msc /s」と入力し、Enterキーを押して「イベント ビューアー」を開きます。アプリケーションとサービスログをクリックしてイベントの説明をビューできます。

⭐対処法 7👍

上述の全ての方法を試した後、システムの復元がまだ出来ない場合、AOMEI Backupper Standardという無料バックアップソフトを使用することができます。

こちらからダウンロード

これはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPでシステムイメージを作成できるし、コンピューターが認識できる任意の場所への復元もできます。その他に、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしたら、ブータブルメディアを作成できるため、コンピューターが起動できなくなってもシステムの復元ができます。

AOMEI Backupper

関連記事ブータブルCDやUSBメモリを作成システム復元を実行する方法