システムイメージを新しいSSDに復元する方法

なぜシステムイメージを新しいSSDに復元しますか

ハードディスクドライブ(HDD)は従来のストレージデバイスです。以前、ほとんどのユーザーはそれを使用してデータを保存しますが、時間がたつにつれて、全てのデータを保存するのにボリュームは不十分になっていきます。それにHDDは壊れやすくて、いくつかの欠点があります。そしてSSD(ソリッドステートドライブ)が出ました。それはHDDの沢山の欠陥を補います―より大きなボリューム、より安全な保存、より安全な実行速度、より小さなノイズなど。そのため多くのユーザーは古いHDDをSSDに交換したいです。また、古いデバイスが壊れてより良い性能を得るために多くの人は新しいSSDに交換します。

SSDはコンピューターの性能を向上させます。そのため、すべての人は前のデバイスを新しいSSDへ交換しようとします。でも一部のユーザーはとても重要なデータを古いストレージデバイスに保存します。彼らはデバイスを変更したいですが、古いデータを放棄したくないです。古いストレージデバイスをSSDに変更し、同時に古いデータを保持できる方法がありますか。

Windowsの内蔵ツールで新しいSSDにシステムイメージを復元します

Windowsシステムは独自のバックアップおよび復元ツールがあり、システムをバックアップ、それを復元できます。Windows 8を例としましょう:

まず、「ファイル履歴」を使用してシステムバックアップイメージを作成する必要があります。スタートをクリックして検索ボックスに「ファイル履歴」を入力します。そして、ナビゲーションバーの左下にある「システムイメージバックアップ」をクリックします。ガイドに従ってシステムイメージバックアップを作成します。そしてシステム修復ディスクを作成します。

次は、起動可能なディスクからWindowsを起動します。ガイドに従ってシステムイメージをSSDに復元します。

しかし、Windowsの内蔵ツールは多くのスペースを占めるシステムバックアップイメージを作成します。しかもシステムイメージの復元プロセスは複雑そうです。もしより少ない容量でシステムバックアップイメージを作成してよりシンプルな方法でシステムイメージを復元できるフリーソフトがあるなら、なぜそれをトライしてみませんか。

AOMEI Backupperで新しいSSDにシステムイメージを復元します

AOMEI Backupper Professionalは数回のクリックだけでシステムをバックアップできるし、新しいSSDにそれを復元できます。それはWindows 10/8//8.1/7/Vista/XPでうまく動作できます。

行う前に、いくつかの準備をする必要があります:

システムイメージを保存するために十分な容量がある新しいSSDを準備する必要があります。

新しいSSDにブータブルメディアを作成します。それで新しいSSDからコンピューターを起動できます。あるいはPXE Boot Toolを使用できます。

AOMEI Backupperでシステムイメージを作成します。

ステップ1.事前に作成されたブータブルメディアから新しいSSDを起動します。AOMEI Backupperのインターフェースは表示されます。ホームタブでシステムバックアップファイルを見られます。「復元」をクリックします。

復元

ステップ2.このプログラムは、選択されたバックアップがシステムイメージであることを検出しました。システムを復元したいですか?「はい」をクリックします。

ポップアップ

ステップ3.パスをクリックしてバックアップの時点を選択して「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ4.そして、システムイメージをどこに復元したいですか。その宛先場所を選択する必要があります。それをクリックして「次へ」をクリックします。

ディスクを選択

ステップ5.ここでは操作概要を見られます。情報を確認します。問題がないなら、「開始」をクリックします。

ユニバーサル復元

画像の下にいくつかの他の設定があることを気づけるかもしれません。

パーティションのサイズを編集:それを使用してパーティションのサイズを好きなように編集できます。

ユニバーサル復元を有効にする:新しいSSDにシステムイメージを復元するのはユニバーサル復元の具体的な方式であるので、このボックスをチェックできます。

SSDを最適化するにはパーティションを合わせる:これはSSDのために特別にデザインされます。それはSSDの性能を向上させるのでこのボックスをチェックできます。