出荷時イメージ復元の準備中にHPリカバリがフリーズします

出荷時イメージの復元を準備する時、HPリカバリがフリーズします

あるユーザーはノートパソコン向けのリカバリディスクを持っています。それを使用してノートパソコンを工場出荷時の設定に戻そうとしますが、2枚目のディスクを挿入した後、リカバリプロセスが0%で止まっています。ソフトウェアからのプロンプトによって、ハードディスクドライブのWindowsパーティションは再フォーマット、ハードディスクドライブにファイルは復元されましたが、プログレスは0%のまま進まないか、「しばらくお待ちください...」と表示されます。キャンセルボタンもグレーアウトします。

この状況は少ないですが、一旦このような問題に遭えば、ちょっと複雑です。それをどのように修正しますか?工場出荷時のイメージを復元するもっと簡単な方法がありますか。

このような問題をどのように解決しますか?

ここではいくつかの原因があってこの問題を起こします。

  • ACアダプタをノートパソコンに接続しません。リカバリー中、コンピュータに提供する電源がないのでコンピュータは自動的にシャットダウンします。
  • リカバリディスクが正しく作成されていることではありません。
  • CD/DVDバーナーなどハードディスクは壊れています。

要するに原因は様々で、複雑です。ベストな方法はコンピュータを修理専門店に送って具体的な問題をチェックすることです。ところが、システムイメージを復元したいだけである場合、HP Recovery Manager、このもっと簡単な方法を使用することができます。

HP Recovery Managerを使用して工場出荷時にシステムを復元します

HPのパソコンはブランドコンピュータとして回復パーティションを備えています。ディスクまたはUSBドライブなど外付けリカバリメディアを使用せずに工場出荷時の設定によく復元されることができます。コンピュータは故障する時、HPの復元にディスクが必要なくてHP Recovery Managerを使用してシステムを復元できます。コンピュータを起動し、それからF11キーを押してHP Recovery Managerを開始します。それはシステムを工場出荷時の状態に復元できます。

コンピュータに問題が発生したかどうかに関わらず、ネチズンからの意見に基づいてOneKey Recoveryはリカバリディスクより簡単かつシンプルであることが分かります。システムバックアップを作成しない場合、ここから使用している同じバージョンの無料Windows 7イメージをダウンロードしてDVDに焼くことができます。スティック型のコンピュータのアクティベーションコードを使用してそれを有効化します。

システムの出荷時イメージを復元するもっと簡単な方法

内蔵リカバリソフトウェアの他に、サードパーティ製の回復ソフトウェアも強力です。AOMEI OneKey Recoveryはお客さんのニーズを完全に満たせます。システムを簡単にバックアップ、復元できます。コンピュータを購入した後、AOMEI OneKey Recoveryでシステムをバックアップできます。将来、コンピュータは故障すると、それは工場出荷時の設定への復元に役立ちます。

OneKey Recovery

HPに内蔵されている回復ソフトウェアRecovery Managerと比べてAOMEI OneKey Recoveryはシステムを他の場所にバックアップできます。つまり、HDDの容量が占められることはありません。もしここでは2つ以上のHDDがあれば、システムイメージを他の場所に復元することもできます。

お使いのコンピュータは良い状態である時にAOMEI OneKey Recoveryを使ってシステムをバックアップするのは最高の選択です。バックアップ後、システムパーティションまたは回復パーティションの容量をどのように変更しても、システムを再インストールしても、内蔵のリカバリソフトウェアに影響しますが、AOMEI OneKey Recoveryの機能に悪い影響を与えません。AOMEI OneKey Recoveryを削除しなければ事前にバックアップしたシステムイメージを復元できます。