AOMEI OneKeyでWindows8 回復パーティションを作成する方法

バックアップの重要性はコンピュータのユーザーに説明される必要がありません。多くの場合、人々はコンピュータクラッシュまたはOSクラッシュについて後悔して文句があります。それはバックアップの重要性を再び強調します。現在、外付けHDDにデータやファイルをコピーするなど伝統的な方法によるバックアップの他に、回復パーティションはシステムをバックアップする素晴らしい方法です。

回復パーティションとは

回復パーティションはいくつかのユーザーにとって意味不明ですが、他の言葉「回復ドライブ」はそうではないかもしれません。回復パーティションを紹介する前に、まずHDDとパーティションについての基本的な知識を知っている必要があります。

ディスクパーティションはファイル、ドキュメントを保存できるHDDの一部のスペースです。またコンピュータはWindows起動のための必要なすべてのファイルを保存する場所です。一般的にディスクパーティションは単一レターとコロンを組む名前があります。コンピュータを開いてHDDのすべてのパーティションを見ることができます。

コンピュータパーティションは偶然に削除、または紛失される時、ツールを使って削除された、または失われたパーティションを回復しようとします。こういう時DiskpartまたはAOMEI Partition Assistantなどサードパーティ製のソフトウェアを使用できます。同様にC:は壊れ、またはクラッシュする場合、1つの方法を見つけてそれを回復しようとしますが、それはコンピュータの内蔵ツールまたはAOMEI Partition Assistantの能力を超えるかもしれません。他の解決案を行ってシステムバックアップと復元を実行しなければなりません。

上述のように、回復パーティションは確かにシステムパーティションバックアップを保存するパーティションです。このパーティションからいつでもシステムを復元できます。回復パーティションはUSBフラッシュドライブ、外付けHDD、DVD/CD、コンピュータ内の隠しパーティションにあることができます。

Windows 8の内蔵機能で回復パーティションを作成します

Windows 8はコンピュータのトラブルシュートおよび復元に使用される回復ドライブ(USB)またはシステム修復ディスク(CDまたはDVD)を作成できます。どのタイプの回復メディアでもWindowsの詳細なスタートアップオプションにアクセスできます。

コンピュータの回復パーティションをドライブにコピー、バックアップコピーを作成することもできます。バックアップコピーを作成した後、Windowsはコンピュータから回復パーティションを削除して一部のスペースを解放することができます。

回復ドライブ(USB)を作成します

「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「コントロールパネル」をクリックします。「コントロールパネル」が表示された後、「表示方法」から「大きいアイコン」または「小さいアイコン」をクリックし、「回復」をクリックします。そして「回復ドライブの作成」をクリックします。「ユーザーアカウント制御」が表示されるので「はい」をクリックします。

Windows3

「回復ドライブの作成」が表示されます。「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします。」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」をクリックします。

ヒント:パソコンに回復パーティションが保存されていない場合は、チェックボックスは灰色で表示され、チェックを入れることができません。
チェックを入れることで、回復パーティションがコピーされ、回復ドライブを使用してパソコンをリフレッシュまたは初期状態に戻すことができますが、十分な容量があるUSBドライブを必要とします。

Windows4

「USBフラッシュドライブの接続」が表示されます。回復ドライブの作成に使用するUSBメモリをパソコンに接続します。そして「次へ」をクリックして「USBフラッシュドライブの選択」が表示されます。「使用可能なドライブ」欄から使用するドライブ名をクリックし、「次へ」をクリックします。

Windows5

回復ドライブを作成すると、USBメモリ上に保存されているデータはすべて削除されるため、USBメモリ上に必要なデータがバックアップされることを確認し、「作成」をクリックします。

ヒント:「回復パーティションを削除します」をクリックすると、ハードディスクドライブ内に保存されている回復パーティションは削除されます。
回復パーティションを削除すると、ドライブの空き領域を増やすことができますが、回復ドライブを使用せずにパソコンをリフレッシュしたり初期状態に戻したりすることができなくなります。

システム修復ディスク(CD/DVD)を作成します

USB回復ドライブを作成する能力はWindows 8の新機能ですが、Windows 7ではシステム修復ディスクだけを作成できます。このオプションはWindows 8にも搭載されています。

Windows 8のシステム修復ディスクを作成するには、まず「コントロール パネル」-「システムとセキュリティ」-「ファイル履歴」の画面左下に表示されるメニューから「Windows 7のファイルの回復」を開きます(このアプレットは名称から誤解されがちだが、実際にはWindows 8のバックアップや復元に関わる操作が可能だ)。このアプレットは、コントロール パネル右上の検索ボックスか、あるいは検索チャームで「設定」を選んでから、「回復」と入力、検索するとすぐ見つかります。次に、左側メニューにある「システム修復ディスク」をクリックします。

Windows1

すると「システム修復ディスクの作成」というダイアログが表示されるので、書き込み可能なCD/DVDドライブに空のCD-R/DVD-Rメディアを挿入します。そのドライブをダイアログ上で選択してから[ディスクの作成]ボタンをクリックすると、システム修復ディスクの作成が始まります。

Windows2

コンピュータに内蔵されている機能は回復パーティションを作成できますが、以上の手順は操作に簡単ではないので一部のユーザーは困ります。それにUSBフラッシュドライブまたは空のDVD/CDを準備しなければなりません。

シンプルな方法で回復パーティションを作成します

USBまたはDVD/CDにWindows 8の回復パーティションを作成する方法を学んだ後、ここでは何の準備が必要ないで1つのソフトウェアをダウンロードすることだけを通して回復パーティションを作成できる他の方法があります。OneKey Recoveryというソフトウェアは常にWindows 7またはWindows 8で回復パーティションの作成に使用されています。

ほとんどの人は、購入したコンピュータにプリインストールされているアプリを介してOneKey Recoveryを既に知っているはずでしょう。例えば、Lenovoブランドのコンピュータを購入する場合、Lenovo OneKey Recoveryと呼ばれるアプリケーションが搭載されています。システムをバックアップしたら、コンピュータを起動した後「recovery」ボタンを押すと、コンピュータはバックアップを回復し、前の状態に復元されることができます。

内蔵ツールと比べてOnekey Recoveryの違いはすべてのシステムバックアップがコンピュータの隠しパーティションに保存されていることです。それに他のストレージデバイスを準備する必要がありません。バックアップが完了すると、起動時に特定のキーを押してシステムを復元できます。OneKey Recoveryの利点はいつでもどこでもシステムをバックアップ、復元できることです。コンピュータがクラッシュした時、OneKey Recoveryを使用できます。今、多くのブランドのコンピュータは独自のOneKey Recoveryをデザインしました。例えば、Lenovo、HP、Toshibaです。ユーザーにとって、それはコンピュータセキュリティを保つための良い方法です。

しかし、すべてのOneKey Recoveryの標準は別々なので、ユーザーはめったに使われないスキルを学ぶのに沢山の時間がかかる必要があります。例えば、Lenovoコンピュータを長年使用していたユーザーはToshibaコンピュータを購入しようとしますが、回復パーティションを作成する時、TOSHIBA Recovery Wizardについて混乱するかもしれません。また、ブランドのあるコンピュータに内蔵されているOneKey Recoveryソフトウェアは他のブランドのコンピュータにインストールされることができません。例えば、Lenovo OneKey RecoveryはToshibaコンピュータに使用されることができません。

異なるタイプのコンピュータにインストールされることができ、とても簡単に使えるOneKey Recoveryソフトウェアがありますか。はい、答えはAOMEI OneKey Recoveryです。それは普通の人向けの最高の選択です。

AOMEI OneKey Recoveryで回復パーティションを作成します

AOMEI OneKey Recoveryは特定のブランドのコンピュータのためにデザインされることなく、ノーブランド品までもすべてのタイプのPCに対応できます。また、DVD/CD、USBなどいくつかの外付けストレージデバイスを準備する必要がありません。ちなみに、システムイメージはコンピュータの不可視パーティションに格納されています。

AOMEI OneKey Recoveryの働き原理はLenovo OneKey Recoveryに似ています。特に普通の人にとって、それはもっと簡単かつ便利に使えることです。このソフトウェアのインターフェースは以下の画面のようです:

インターフェース

すべてのユーザーにとってこのインターフェースはとても簡単でしょう。1つのボタンはバックアップ、もう1つは回復です。システムをバックアップして回復パーティションを作成したい場合、「backup(バックアップ)」ボタンをクリックできます。AOMEI OneKey Recoveryで回復パーティションを既に作成した場合、「recover(回復)」ボタンをクリックできます。コンピュータは起動できなくなる場合、Aキーを押してコンピュータは作成された最新のシステムバックアップの状態に回復します。実習は理論を判断する唯一の法則です。AOMEI OneKey Recovery公式ウェブサイトでAOMEI OneKey Recoveryをダウンロードして体験しましょう。