AOMEI Backupperの新機能
アップグレードした時、いくつかの古いユーティリティを最適化し、バグの修正以外に、新機能を追加しました。すべての新機能でAOMEI Backupperでの動作が容易かつ柔軟になるようになりました。異なる状況で問題に対処するより多くのオプションがあります。
[2016-12-26] AOMEI Backupper 4.0.1の新機能
 

ネットワークカードとの互換性を強化

より多いネットワークカードとの互換性を強化するために、多くのネットワークカードドライブをAOMEI Backupper ServerおよびTechnician EditionsのWindows PEに統合します。
[2016-12-16] AOMEI Backupper 4.0の新機能
 

リアルタイム同期を追加

変更のファイルを監視し、変化が発生すると、新しく追加、変更、または削除されたファイルをソースからターゲットパスに同期します。

クラウドドライブの選択を追加

Google Drive、Dropbox、OneDrive、Box、SugarSync、hubiCとCloudmeを含むクラウドストレージのデスクトップアプリをファイルバックアップおよびファイル同期のターゲットパスとして選択することをサポートします。

ネットワークShare/NASにショートカットを追加

ターゲットパスのドロップダウンメニューで「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックします。

復元機能の修正

ファイル復元は、復元したいファイルが位置するパスじゃなくて選択されたファイルだけを復元することをサポートします。

AOMEI Image Deployを追加

AOMEI Backupper TechnicianとTechnician Plusに「AOMEI Image Deploy」ツールを追加します。

自動アップグレード

AOMEI Backupper Standardはライセンスコードで登録した後、それは自動的にAOMEI Backupper Professionalに変更されます。ソフトウェアを再ダウンロードし、再インストールする必要がありません。

直接使用

AOMEI Backupper Technician Plusは直接使用のためにソフトウェアのインストールディレクトリを他のコンピューターにコピーしてポータブル版を作成することをサポートします。

インターフェースを簡素化

ワンキーインストールを実現するために、グラフィカルインストールインターフェースを向上させ、インストールプロセスを簡素化します。
[2016-07-12] AOMEI Backupper 3.5の新機能
 

イベントトリガーの機能を追加

4つのスケジュールバックアップのイベントトリガータイプをサポートします:ユーザーログオン、ユーザーログオフ、システム起動とシステムシャットダウン。

宛先の選択肢を追加

マップされたドライブを宛先として選択することをサポートします。

ログオフでもタスクを実行できる

ユーザーはログオンするか、ログオフするかと関係なく、スケジュールバックアップを実行できることをサポートします。
[2015-09-16] AOMEI Backupper 3.2の新機能
 

複数の言語を追加

英語、フランス語(Français)、ドイツ語 (Deutsch)、日本語、簡体字の中国語をサポートします。AOMEI Backupperに言語を変更する方法を学びます。

大きなウィンドウ表示モード

高解像度のコンピューターに適するために大きなウィンドウの表示モードをサポートします。
[2015-08-04] AOMEI Backupper 3.1の新機能
 
Windows PEブータブルメディアを強化 Windows PEシステムにいくつかのユニバーサルドライブを統合して、デバイスを認識する能力を強化します。

電子メール通知を強化

AOMEIのウェブサイトサーバーと内蔵のSMTPモジュールを利用して、通知をプログラムに送信することをサポートします。

最新のWindows 10をサポートします。

[2015-01-16] AOMEI Backupper 3.0の新機能
 
コマンドラインのクローンと復元を追加 ユーザーは管理者権限のコマンドプロンプトを介して、クローンまたは復元のタスクを実行することができます。AMBackup.exeユーティリティーを使用して、ユーザーは無人の復元やクローンタスクを実行することができます。「有料」
バックアップスキームを強化 4つのバックアップスキームを追加します:フルバックアップスキーム、増分バックアップスキーム、差分バックアップスキームと自動スペースの理です。「有料」

オプションを追加

完了した時、PCを再起動、休眠、スリープのタスクを実行することを選択できます。

PXE Boot Toolを強化

WIMイメージファイルを展開することをサポートします。
[2015-05-11] AOMEI Backupper 2.8の新機能
 
ファイルの同期を追加 ローカルディスク、外付けHDD、NAS、ネットワーク共有フォルダ、USBフラッシュドライブにスケジュールでファイルとフォルダを自動的に同期することをサポートします。

Linuxブータブルメディアを強化

UEFIベースのGPTディスクとBIOSベースのMBRディスクの間の復元/クローンをサポートします。
[2015-03-19] AOMEI Backupper 2.5の新機能
 
ユニバーサル復元 コンピュータで作成したシステムバックアップイメージを別の異なるハードウェアを持つコンピューターに復元することができます。この方法で、多くのコンピュータに同じオペレーティングシステムを展開したり、システムのハードウェア障害後に、ディザスタリカバリを作成することができます。

GPTとMBRディスク間のシステム復元&クローン

ネイティブWindows環境とWindows PEブータブル環境(Linuxのブータブル環境がまだサポートされていない)で、システムが正常に起動させながら、MBR (BIOSベース)ディスクからGPT(UEFIベース)ディスクへシステムを復元/クローンすることができます、また逆も可能です。

スケジュールバックアップの詳細設定

次回のシステム起動する時に、ミスしたスケジュールされたバックアップ・タスクを実行するかどうかを選択できるようになりました。

PXEにHTTPメソッドを適用

HTTPメソッドを追加してPXEネットワークブートのイメージファイルのダウンロードを高速化します。

電子メール通知を最適化しました

すべての通知が正常に配信されることを保証するために、メッセージにコンピュータ名を追加して、AOMEI SMTPサーバーを向上させます。
[2014-12-25] AOMEI Backupper 2.2の新機能
 
PXE Boot Tool システムメンテナンスのために、AOMEI Windows PEやLinuxマイクロシステムまたはマスタマシン上のパーソナライズされたブータブルイメージファイルを使用してネットワークブートによってLAN内の複数のクライアントマシンを起動します。 「無料版は、3台のクライアントPCだけサポートする」
[2014-11-27] AOMEI Backupper 2.1の新機能
 
システムクローン これは、オリジナルの通り、オペレーティングシステム(OS)の全く同じコピーを作成することを意味します。その後、ハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)のような別のストレージデバイスに移行したり、転送したりして同じよく調整&スムーズに実行しているOSを持で大きな新しいディスクにアップグレードすることができます。 「無料版では、ロックを解除する必要があります」

バックアップの保存パスとタスク名の設定の履歴


より小さいパーティションにシステムを復元 今、より小さいパーティションにシステムを復元することが利用可能になりました。実際に、システムパーティションのバックアップを作成する時に、それがシステムパーティションの使用したスペースだけバックアップします、そのため、それを復元する時に、宛先パーティションがソースパーティションの使用したスペースより大きくする必要があります。つまり、宛先パーティションのサイズがソースパーティションより小さくてもいいです。

NAS/ネットワーク上のバックアップイメージを検索

NAS/ネットワーク上のバックアップイメージを保存したいが、時間の経つにつれて、他のファイル/フォルダの中にそれらを見つけることを疑います。心配しないでください。さて、AOMEI Backupperで数回のクリックで、NAS/ネットワークに保存されたイメージファイルを検索することができます。
[2014-11-01] AOMEI Backupper 2.0.3の新機能
 

ファイルを復元する際にファイルのタイムスタンプと日付を保存

ファイルをバック復元する時、それらのタイムスタンプも回復されます。これは、復元した後、ファイルのタイムスタンプがファイルが作成または最後の変更された時の日付であることを意味します。これは、これらのファイルの履歴を明確にすることができます。
[2014-08-22]AOMEI Backupper 2.0.2の新機能
 

電子メール通知を強化しました

暗号化プロトコル(SSL / TLS)を追加しました。 「有料」
[2014-06-19] AOMEI Backupper 2.0.1の新機能
 
電子メール通知 バックアップ計画の結果を取得、またはお使いのコンピュータのバックアップ作業への監督を取得するには、電子メール通知機能を有効にして、ソフトウェアからのレポートメールを受け取ることができます。
バックアップログを表示 この機能は、プログラムが何の操作をしたログ情報を表示します。これは、操作の種類、操作の結果、エラーコードなどを表示しますので、あなたは、エラーが何であるかを判断して、私たちにそれを送って、ヘルプを取得することができます。一般的に、デスクトップのアイコンを右クリックして、「ファイルの場所を開く」を選択して、開いたウィンドウでログフォルダを見つけることができます。

ネットワークから別のネットワークへファイルをバックアップまたは復元

それはネットワーク上のデータに二重の保険を与えることができます。また、別のネットワークへファイルを転送する方法です。

タスク名を編集して、バックアップイメージの保存されたディレクトリを変更します。

タスクをエクスポート/インポート 構成ファイルは、すべての有効なバックアップタスクを記録しました。通常、これらのタスクはAOMEI Backupperのホームページに記載されています。 XMLファイルにそれをエクスポート/インポートすることで、バックアップの履歴を失わないように、安全な場所に記録を保存することができます。また、AOMEI Backupperにすべてのバックアップ・タスクを回復することができます。

* 自分のSMTPサーバーを使用して電子メール通知を送信することが有料版のみにサポートされています。

[2014-04-09] AOMEI Backupper 2.0の新機能
 
ファイルやフォルダのバックアップ復元 データ損失を回避するために、指定されたファイルまたはフォルダをバックアップします。たとえば、あなたの家族写真、お気に入り音楽それに他のユーザーファイルのバックアップを作成することができます。ファイルバックアップは、フルバックアップより便利です。原因は、ファイルバックアップが必要なファイルを直接にバックアップして、望ましくないものを避けることができます。これは、動作時間とストレージスペースを節約することができます。
コマンドラインバックアップ ユーザーがコマンドラインインタフェースから、またはバッチ(.BAT)ファイルを作成することによって、バックアップを作成するために、AOMEI BackupperはAMBackup.exeユーティリティを提供しています。これは、無人操作とマルチタスクのバックアップにとって非常に有用です。 AMBackup.exeコマンドラインユーティリティを使用すると、AOMEI Backupperグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)にサポートされているバックアップ操作のほとんどを実行することができます。「有料」
バックアップスキーム それはディスク容量を管理することができます。バックアップの実行中または実行後に、AOMEI Backupperはメカニズムに基づいて、新しいバックアップ用のディスク領域を解放するために古いバックアップを自動的に削除することができます。「有料」
イメージをマージ バックアップイメージファイルの管理を容易にし、復元を簡素化するために、AOMEI Backupperは、新しいフルマージされたバックアップを作成するために最初のフルバックアップと複数の増分バックアップを統合する「イメージをマージ」機能を提供しています。 「有料」
パーティションのアライメント セクタアライメントは復元またはクローン中のパーティションの物理セクタオフセットを再割り当てることを意味します。この機能は、主に与えられたハードドライブまたはソリッドステートドライブ(SSD)の物理空間のより効率的な利用を得るために使用されます。セクタアライメントの利点を使用して、入力速度を加速させられるだけでなく、HDDとSSDの出力性能を高速化することもできます。

Windows PEのブータブルメディアがEFI/ UEFIブートをサポート

お使いのシステムがUEFIブートモードであれば、それはあなたのシステムがGPTディスクにインストールされていることを意味します。

Windows8.1システムを完全にサポート

[2013-08-27] AOMEI Backupper 1.6の新機能
 

増分バックアップと差分バックアップへのコメントを追加しました

共有フォルダまたはNASにアクセスするIP、サブネット、ゲートウェイ、DNSを設定することができます。

[2013-08-06] AOMEI Backupper 1.5の新機能
 
スケジュールバックアップ 一貫してタイムリーにお使いのシステムとデータをバックアップするバックアップスケジュールを設定します。 AOMEI Backupperはデイリーモード、ウィークリーモードそれにマンスリーモードでバックアップタスクを実行することができます。定期バックアップが大幅にWindowsのPCやサーバーのセキュリティを強化します。
NASへのバックアップ データのバックアップの宛先パスとしてネットワーク接続ストレージ(NAS)を選択します。 NASデバイスのためバックアップ&復元がより速く、より便利になります。 会社内のユーザーが、この方法でバックアップデータを共有することができます。

UEFI ブート & GPT をサポート

より多くのユーザーは、最近、ハードディスクのスタイルとしてGPTを選択する傾向があります。 原因はGPTディスクスタイルが2TBを超えたディスク容量の使用や最大限128のプライマリパーティションの作成をサポートすることです。AOMEI BackupperはGPTディスクパーティションの復元とバックアップをサポートしています。また、今、コンピューター業界でメーカーに広く採用されたUEFIブートでスムーズに動作できます。
ダイナミックディスクボリュームをサポート ユーザーのハードドライブを管理することで、ベーシックディスクより、ダイナミックボリュームの方がもっと柔軟です。ダイナミックボリュームを使用して、ユーザーがハードウェアRAIDコントローラなしでソフトウェアRAIDを直接に設定することができます。 AOMEI Backupperは、ダイナミックディスク上のシンプル、スパン、ミラー、ストライプ、それにRAIDボリュームなどのシステムとデータのボリューム(パーティション)をバックアップ&復元することができます。
ブータブルUSBドライブの作成 この新機能を使用して、ユーザーがAOMEI Backupperのブータブルイメージを直接に作成して、USBフラッシュドライブまたはUSBリムーバブルディスクに書き込むことができます。この方法で、USBドライブを使用して、コンピューターを起動してWindowsにアクセスせずにバックアップまたは復元を作成することができます。

ブータブルCDネットワークをサポート

ブータブルCD環境で共有フォルダにバックアップして、共有ネットワークから復元することができます。

ブータブルCDドライバをサポート

Windows PEのブータブルCDを作成するときに手動で追加のドライバを追加することができます。
[2013-02-19]AOMEI Backupper 1.1の新機能
 
Linuxのブータブルディスクをサポート AOMEI Linuxブータブルディスクは、操作を復元したり、操作のクローニングを作成したりすることができます。
[2012-12-22] AOMEI Backupper 1.0の機能
 

システムの バックアップ & 復元

事前にシステムをバックアップします、システムクラッシュが発生したとき、すぐにバックアップから簡単に復元してコンピュータを再起動します。

ディスクの バックアップ & 復元

データを損失することなく、ディスクをバックアップして、より大きな新しいディスクに復元して、ディスク・レベルをアップグレードします。

パーティションのバックアップ & 復元

バックアップ時間とストレージスペースを節約するために、選択的なパーティションのバックアップは、データのインポートに二重の保険を与えました。

様々なイメージストレージデバイスをサポート

ローカルディスク、外付けハードドライブ、USBフラッシュドライブそれにCD/ DVDへのバックアップは、ストレージをより柔軟にします。特に、コンピュータクラッシュを回避するには、外付けハードドライブにバックアップイメージを保存することがもっと安全です。
増分&差分バックアップ 増分バックアップは、最後のバックアップ(フル、増分または差分)と比較して変更または追加されたデータのみバックアップします。差分バックアップは、最後のフルバックアップと比較して変更または追加されたデータのみバックアップします。2種類のバックアップも、バックアップ時間とストレージスペースを節約することができます。

パーティションクローン & ディスククローン

パーティションまたはディスクの全体をある場所から別の場所へクローンを作成して、ソースパーティションまたはディスクの精確な複製を作成します。

イメージの検索チェック

バックアップイメージを検索して、その場所を見つけます。「ホーム」コラムのバックアップタスクを不意に削除してしまった時に、この機能は助けになります。イメージのチェックは、復元にとって有効であるかどうかを確認します。

バックアップの分割,圧縮 それに 暗号化

小さいものにバックアップイメージを分割することは、それらを保存することを容易にします;イメージを圧縮することはより少ないストレージスペースを占有するようにします;バックアップを暗号化することは、それらが非友好的なユーザーによって損傷されないようにします。

ホットバックアップ&ホットクローン

アプリケーションの作業を中断し、コンピュータを再起動することなく、データをバックアップまたはクローンするVSS (Microsoftのボリュームシャドウコピーサービス)をサポートしています。
注意:
  • 上記のいくつかの機能は、有料版のみ利用可能です。詳細については、 各エディションの比較をご覧ください。
  • 各アップグレードの完全な変更項目の詳細については、 変更ログをご覧ください。