システムイメージを作成する方法

イメージ作成の重要性

将来、何が起こるのか我々はわからないでしょう。コンピューターは今スムーズに作動していても、予期外のことで損になる恐れもあります。もし最初からシステムイメージを作成したら、システムクラッシュなどの事故を心配する必要がなくなってしまうのです。でも、一つ問題がある——「一体どうやってシステムをバックアップするのか?」。これについて、AOMEI Techから開発されたバックアップツール——AOMEI Backupperを心からお推薦致します。

AOMEI Backupperの使用要件

オペレーティングシステム(OS): Windows 7/8/XP/Vista、 Server 2003/2008/2012 (32ビット&64ビット)。

記憶装置: Windowsから認証されたストレージデバイスを殆どサポートします。例えば、IDE、SATA、 SCSI、 SSD、USB外付けディスク、 ハードウェアRAID (ネットワークストレージデバイス以外)。またMBR、GPTスタイルもサポートします。ただし、最近データディスクとパーティションはGPTスタイルをサポートするしかなくなっています。

システムバックアップ方法

ステップ1.AOMEI Backupperをダウンロードし起動します。「バックアップ」、「復元」、「クローン」機能から「バックアップ」をクリックし「システムバックアップ」を選択します。

ステップ2.ポップアップウィンドウでバックアップの設定(圧縮レベル、分割、パスワード、イメージラベルなど)を変更することができます。後、「はい」をクリックし続きます。

ステップ3.「開始」をクリックし操作を終了します。後でメインインタフェースでイメージファイルをチェックします。そして、(後の毎回)イメージ作成時間を短縮するには、AOMEI Backupperの「増分・差分バックアップ」にします。

現在、AOMEI Backupperを無料ダウンロードし試してください!