ディスクイメージを作成し復元する方法

なぜディスクイメージを作成する?

ハードディスクはデータ(システムデータ、ドキュメント、写真、音楽、ビデオ、ファイル)を保存する場所なので、コンピュータユーザーにとって非常に重要なものです。ただし、HDDはシステムクラッシュ、ウイルスの攻撃、意外のデータ削除などのせいて、データ損失になる恐れがあります。一旦データ損失になったら、巨大な損害を引き起こすかもしれません。そんことを予防するには、ディスクイメージを作成し、前の状態に戻ることができます。そして、PCのハードディスクをアップグレードする前に、ディスクイメージを作成したほうが安全だと思っています。つまり、新HDDで旧HDDを替わって、新HDDにイメージを復元したら、OSも新HDDに移動することができます。.

ディスクイメージを作成し復元する方法

ディスクイメージ、イメージファイルとは、ファイルシステムの完全な内容と構造を1つのファイルに保存したデータのこと。勿論、Windowsオペレーティングシステムも含まれています。イメージバックアップしている中、ファイルシステムは段々コピーされて、最後完全なディスクイメージになります。では、ディスクメージを作成し復元する方法は何ですか?以下は二種類の方法を紹介します。

「1」Windows10内蔵ツール「バックアップと復元」でシステムイメージバックアップを作成する

注:Windows XP/Vista/7/8/10に通用です。

Windows10内蔵ツール「バックアップと復元」でシステムイメージを作成し復元する手順は以下の通りです。

1.まず、スタートメニューの「コントロールパネル」——「システムとセキュリティ」——「バックアップと復元」——「システムイメージの作成」をクリックしてください。

システムイメージ

2.ポップアップで「バックアップをどこに保存しますか」ということを確認します。

保存

3.問題がなければ、バックアップの設定を確認し始めます。

確認

4.システムバックアップを保存しています。

開始

通常、データ量は多いのなら、このバックアップの完了までは結構時間かかります。もしそんなに長い時間待ちたくなければ、Windowsバックアップと復元内蔵ツールのかわり、AOMEI Backupperと称される無料第三者バックアップ/リカバリソフトウェアを試みるのもいい方法です。

「2」第三者フリーウェアAOMEI Backupperでバックアップする

する前の準備:

● 充分大きさの外付けハードドライブ(USB フラッシュドライブまたはCD/DVDなど)。

フリーウェアをダウンロードし、インストールします。

ステップ 1.

●外付けハードドライブをコンピューターに挿入し検出します。

●AOMEI Backupper を起動します。メインインターフェイスで[バックアップ] をクリックし、「ディスクバックアップ」を選択します。

ステップ2.次は「ディスクバックアップ」

ディスク

● 1をクリックしてバックアップしたいハードドライブを選択します。

● 2をクリックして外付けハードドライブをイメージバックアップの保存先とします。

ステップ 3.「オプション」でバックアップ向けの詳細を設定することができます。「スケジュール」でスケジュールバックアップ、増分/差分バックアップをすることもできます。設定ができたら、「開始」をクリックし始めます。

開始

ここまで、AOMEI Backupper でディスクイメージは既に作成されました。上述のように、後でディスクイメージからファイルシステムを復元できます。そして、システムが動作していない場合に、AOMEI PXE ブートツールまたはブータブルメディアでオフライン復元を実行することができます。

オフライン復元

ステップ 1.コンピューターを起動し、AOMEI Backupper で作成されたブータブルメディアを使用して、復元ユーティリティに入ります。そこで前は作成されたあらゆるバックアップイメージが見えます。

イメージ

ステップ2.1 つのポインを選択し復元します。或いは、「パス」をクリックしてイメージファイルを選択してデータ復元します。

パス

ステップ3.宛先を選択し、「次へ」をクリックします。

ポインを選択

ステップ4.情報を確認し、「開始」をクリックし始めます。

開始

以上はディスクイメージを作成し復元する方法についてのことです。Windows XP/Vista/7/8/10に通用です。そして、AOMEI Backupper では、一つのコンピューターから別のコンピューターに復元する機能も提供します。