SSDのイメージを作成する方法

SSDの定義

SSDはソリッドステートドライブの略語です。SSDは不揮発性メモリをデータ保存とアクセスの方法として使用するドライブで、コンピュータのRAM(ランダムアクセスメモリ)とよく似ています。HDDと違って、SSDは可動部分がないので、沢山の利点があります。例えば、保存された情報により速くアクセスし、ノイズがなくて、頻繁に頼もしく移動し、低電力を消費します。

なぜSSDのイメージを作成しますか

データは金融会社の中核だけでなく、家庭ユーザーの重要な資産です。SSDに保存された重要なデータ(例えば、重要な仕事ドキュメントまたは個人的な写真)は予想外のSSD故障に備えるために素晴らしいバックアップ戦略が必要です。そのためSSDのバックアップは不可欠です。しかしどのようにSSDをバックアップしますか。1つのディスクイメージはディスクボリュームの内容と構造を含むディスク全体を含みます。だから、SSDイメージの作成はSSD上の全てのデータを保存し、損失を回避できます。

どのようにSSDイメージを作成しますか

SSDイメージを作成するのはSSDを他のHDDにクローンすることを指します。SSDイメージの作成にどのツールは最高ですか。まず、このツールはディスクローンの機能を持つ必要があります。また、ユーザーインターフェイスはインテリであるべき、新しいユーザーでも操作を簡単に学ぶことができます。それにユーザーが気になることはこのツールのコストです。彼らは最低の時間、お金、エネルギーのコストを求めます。ここでは完璧なソフトウェアAOMEI Backupperがあり、以上のすべての要求を満たせます。それは使いやすいソフトウェアで、時間とエネルギーを節約する方法でディスククローンを実現できます。更に、このソフトウェアを利用して操作を無料で完成できます。そのため、AOMEI BackupperはSSDイメージを作成する時の最高の選択肢です。

そして、SSDのイメージを作成する詳細を学びましょう。例で外付けHDDを宛先パスとして使用します。

ステップ1.AOMEI Backupperをダウンロードしてインストールします。SATA(シリアルATA)インタフェースを通してコンピューターにSSDを挿入します。そして利用可能なUSBポートを使用して外付けHDDを接続します。AOMEI Backupperを起動し、「クローン」オプション下の「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2.SSD(ディスク0)をソースディスクとして選択します。

ソースディスク

ステップ3.外付けHDD(ディスク1)をSSDイメージの宛先パスとして選択します。

宛先ディスク

ステップ4.「開始」をクリックしてクローンを始めます。クローンが終了する時「完了」をクリックします。

操作概要

ノート:

●外付けHDDはSSDのイメージに十分な領域があることを確認してください。さもないと、操作は成功しません。

●AOMEI Backupperの「ディスクバックアップ」機能を使用してSSDのイメージを作成することもできます。

●宛先パスを選択した後、操作概要を確認できます。SSDイメージを作成するに自分の好きな方法を選択してください。あるところが間違ったら、違うところに戻して間違いを修正できます。