選択的なファイル復元は個々のファイルを復元するのに役立ちます

選択的なファイルの復元とは何ですか?

バックアップの処理中に、ファイルをバックアップすることができます。例えば、イメージファイルへディスク上のパーティションをバックアップします、パーティションEのすべてのデータをバックアップします。「選択的なファイルを復元」機能により、ファイルの一部を復元することができます。次は例です。

私のコンピュータでは、ドライブDは、私の仕事に関連するドキュメントを格納するために使用されます。2年後、 パーティションDに仕事に関連する重要なデータがたくさんはあります。そして、 AOMEIバックアップツールを使用してDのフルバックアップを作成しました。今日、私は「D:\projects\case1」項目を不意に削除したので、ドライブDを復元する必要があります。しかし、「case1」だけ復元したいです。今、「選択的なファイルを復元」機能で完璧に復元できます。

AOMEI Backupperで選択的なファイルを復元する方法を導入する前に、以下のリンクをクリックしてバックアップをよく作成する方法ご参照ください。:

AOMEI Backupperを使用して選択的なファイルを復元します

動作原理: AOMEI Backupperは、選択的なファイルの復元を実現するアプローチを提供しています。「イメージファイルエクスプローラ」です。イメージファイルは、このソフトウェアによって仮想パーティションとしてマウントすることができ、これらの仮想パーティションはC、Dパーティションと同じです。例えば、イメージファイルをドライブZにマウントする場合、「コンピューター」からドライブZにアクセスでき、これらのパーティション上のファイルを検索することができます。「コピー」と「貼り付け」機能によって、他のパーティションに任意のファイルをコピーすることができます。これが「選択的なファイルを復元」の動作原理です。

次は「選択的なファイルを復元」の詳しい操作手順です。

注意:事前にバックアップを作成しておく必要があります。

ステップ1: AOMEIのソフトウェアをダウンロードして、バックアップされたイメージファイルを選択します。これには二つの方法があります。

方法 1:「ホーム」タブをクリックして、復元するバックアップタスクを選択します。「詳細」項目の下の「イメージを検索」オプションをクリックします。

Home Explore Image

方法 2: 「ユーティリティ」オプションの下の「イメージを検索」オプションを選択します。

Explore Image

バックアップタスクを選択してから「次へ」をクリックします。 (また、パスを参照して検索するイメージファイルを開きます。)

Backup Task

ステップ 2: 「バックアップポイント」ページでバックアップバージョンを選択してから「次へ」をクリックします。

Backup Point

ステップ3:「イメージを検索」ページで、検索したい空のボックスをチェックしてから「次へ」をクリックします。ここではOを文字として設定します。また、仮想パーティションに他のドライブ文字を設定することができます。

Explore Image

ステップ 4: 操作が完了したら、「完了」をクリックします。

Finish

ステップ 5:「コンピューター」をクリックしてパーティションOにアクセスします。選択的なファイルの復元動作は、Windowsの内蔵機能-「コピー」「貼り付け」を使って他の既存のパーティションにファイルをコピーすることによって完了します。 (例えば、「O:\file-work.doc」を「D:\」にコピーしてドキュメントファイルを復元します。)

My Computer

ヒント: 操作が実行され、ファイルが別のパーティションにコピーされた後、もう一度「ユーティリティ」-> 「イメージを検索」をクリックしてOをデタッチすることができます。

Detach

選択的なファイルの復元操作がとても簡単です。それ以上の復元の他の方法を知りたい場合は、以下のチュートリアルをご参照ください。