パーティション/ボリュームのクローンの方法

パーティション/ボリュームクのローンについて

パーティションは、ディスク上のインターバルの期間です。一般的に、ディスクは、通常、C、D、E、Fなどのパーティションに分割されます。ディスククローンを作成する場合、すべてのパーティションが一つずつ複製されます。より柔軟な操作については、AOMEI Backupperは、ディスク全体の代わりに、単一のパーティションのクローンの作成を提供しています。例えば、DをEにクローンすることができます。同様に、Eを別のハードディスクにクローンすることもできます。

ボリュームの概念は、パーティションと似ていますが、異なっています。ボリュームが隣接していない可能性があります、パーティションは、連続したディスク·スペースのブロックです。たとえば、ボリュームの前半のスペースはディスク1にありますが後半のスペースがディスク2にあります。ダイナミックディスクは一つのボリュームに複数の不連続のスペースを構成する機能を持っています、オペレーティングシステムでそれも「ダイナミックボリューム」と呼ばれています。ダイナミックボリュームは、シンプルボリューム、スパンボリューム、ミラーボリュームなどを含んでいます。パーティションクローンこの機能の以外、AOMEIのクローンソフトウェア がダイナミックボリュームをクローンすることもできます。

なぜパーティション/ボリュームのクローンが必要ですか

下記が理由です:

  • パーティション/ボリュームにコピーのようないくつかの操作を実行する場合、データ損失を回避するために、複製としてクローンすることが必要です。
  • 例えば、複数のパーティションを持つディスクに、ディスク全体ではなく単一のパーティションのクローンを作成する場合、パーティションクローンが必要です。
  • パーティションに実行中のプログラムがある場合は、コピーと貼り付けのような簡単な操作は、別のディスクにすべてのデータをコピーすることはできません。パーティション/ボリュームのクローンによって、拒否されたアクセスを含むすべてのデータは、ターゲット場所にクローンされます。

AOMEI Backupperを使用してパーティション/ボリュームをクローンします

AOMEI Backupperは、データのバックアップソフトウェアだけでなく、クローンのソフトウェアです。その機能を使って、任意の実行中のプログラムを中断することなく、理想的な宛先パーティションにパーティション/ボリュームのクローンを簡単に作成することができます。たとえば、その上に任意の実行中のプログラムを中断することなく、システムパーティションCを直接にクローンすることができます。この機能は、サーバーのユーザーにとって非常に有用です。それが最大の程度でダウンタイムを回避することができます。

ヒント:この フリーソフトウェアをダウンロードし、インストールして起動します。

「クローン」タブの下の「パーティションクローン」オプションを選択します。

Partition Clone

クローンを作成するソースパーティション(ドライブC)を選択して「次へ」をクリックします。

Source Partition

宛先を選択してから「次へ」をクリックします。

Destination Partition

注意: 未割り当て領域または既存のパーティションを宛先にすることができますが、既存のパーティション上のすべてのデータは、クローンした後に上書きされます。

操作の概要のページです。動作を確認して「開始」をクリックします。 (「パーティションを編集」をクリックして宛先パーティション上のパーティションのサイズを変更できます。また、対応するオプションをクリックしてセクター単位のクローンを作成することもできます。)

Operation Summary

「完了」をクリックしてインターフェイスを終了します。

無料のAOMEI Backupperをダウンロード

注意:
  • 宛先パーティションにクローニングした後、宛先パーティション上のすべてのデータが上書きされます。そのため、クローニングする前に、宛先パーティション上に重要なデータがあるかどうかをチェックする必要があります。
  • Windowsオペレーティングシステムでは、パーティションをシステムパーティションにクローンすることができません。 AOMEI Backupperの「ブータブルCD」機能 のみシステムドライブをクローンのコピー宛先パーティションとして設定することができます。