イメージ展開:ネットワークを介して、複数のコンピューターにOSイメージを展開します

イメージ展開とは

イメージ展開は単一のコンピューター上のオペレーティングシステム(OS)、アプリケーション、ドライブおよび設定をカスタマイズし、そのイメージを作成し、そして自動的にこのイメージを他のコンピューターに展開することを指します。展開後、全てのコンピューターの配置は同じであるので、時にはそれもクローンと呼ばれます。イメージ展開は効率的かつ迅速に同じ方法と同じソフトウェアで構成された複数のコンピューターを設定できます。

イメージ展開の利点

以下の利点は複数のコンピューターを配置する必要があるすべての規模の組織でイメージを展開する明白な理由です:

  • 時間と労力を節約: 手動で1つのコンピューターだけを設定するのは複雑で、sysadminを使用するのに数時間から一日までかかるかもしれません。それに対して、同時に標準イメージをすべてのコンピューターに展開するのは時間を節約し、このタスクをより簡単にさせます。
  • 標準化: イメージ展開を使用するなら、それはすべてのコンピューターをできるだけ同じにすることを保証します。しかし、一つずつインストールと設定を実行するなら、すべてのコンピューターは少し異なるかもしれません。標準的なコンピューターの管理およびメンテナンスは、それらを分離するよりもずっと簡単です。
  • 迅速なベアメタル・インストール: もし、自分の会社は複数の新しいコンピューターを注文しました。システムの管理者として、カスタマイズされたOS、独特なソフトウェアの組み合わせ、特別に配置された設定をインストールしたいです。ソースコンピューターにOSとソフトウェアをインストールし、すべての設定を調整してイメージを作成します。そして、イメージ展開ソフトウェアを使用して、すべてのターゲットコンピューターにイメージを展開します。

イメージ展開ツール - AOMEI Image Deploy

ほとんどの組織はイメージ展開のソリューションの利点が分かります。このタスクのために市場で多くのOS展開ツールがあります。しかし、それらの一部は非常に使いにくくて、最新の技術をサポートしません。また、組織は沢山のメーカーから長年使用したコンピューターを持ち、これらのコンピューターは異なるハードウェア製作とモデルがあります。それで、ここでは使いやすい完全なイメージ展開ツールがありますか。

AOMEI Image Deployは最高のイメージ展開ツールで、ステップバイステップのウィザードでユーザーを案内します。ユニバーサル復元の技術を内蔵して、どんなレベルのユーザーでも、同じまたは異なるハードウェアを持つ複数のコンピューターにイメージを展開できます。更に、このツールはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XPおよびWindows Server 2003/2008 (R2)/2011/2012 (R2)/2016を含むすべてのWindows OSをサポートします。

イメージ展開の準備

複数のコンピューターにイメージを展開する前に、AOMEI Image Deployを順調に実行できるために、ここでは確認と準備の必要があることがいくつかあります。

  • Windows PCシステムまたはWindows Serverシステムを実行している完全な機能を持つマシンをサーバーコンピューターとして選択する必要があります。展開された必要があるマシンはクライアントコンピュータと呼ばれます。サーバーコンピューターとすべてのクライアントコンピュータは同じLANの同一セグメントのネットワークにあることを確認してください。
  • すべてのクライアントコンピュータのNIC(ネットワークアダプターとも知られます)はPXEブートをサポートすることを確認してください。
  • すべてのクライアントコンピュータを起動し、BIOSに入ってネットワークブート(PXEブート)を最初の起動デバイスとして設定します。
  • Set Boot Order
  • イメージ展開のために使用された宛先ディスクのシーケンス番号は同じであることを確認してください。イメージ展開のために、クライアントコンピュータに宛先ディスクだけを保持し、他のすべてのディスクを削除することを推薦します。
  • サーバーコンピューターのシステムのWindows回復環境(Windows RE)は完全なことであるかどうかを確認してください。もし、それは不完全で、あるいはWindows 7より古いシステムであるなら、Windows AIK/ADKをダウンロードしてください。Windows AIK/ADKのダウンロードが嫌なら、Windows 7またはそれ以降のシステムを実行しているマシンをサーバーコンピューターとして選択してください。
  • マシンのオペレーティングシステム(OS)、アプリケーション、設定およびデータをカスタムして、望むように配置します。あるマシンでAOMEI Backupperを使用してフルシステムイメージバックアップまたはディスクイメージバックアップを作成します。このマシンはサーバーコンピューターまたは他のコンピューターであります。しかし、システムバックアップ、ディスクバックアップイメージファイルはサーバーコンピューターと同じLANの同一セグメントのネットワーク上のNASまたはネットワーク共有フォルダに保存しなければなりません。

すべての要件と準備が完了した後、次のステップに従って、複数のコンピューターにイメージを展開してください。

ネットワークを介してOSイメージを展開する手順

1: ソフトウェアを起動します。「ユーティリティ」を選択して、「AOMEI Image Deploy」ツールをクリックします。

AOMEI Image Deploy

2: クライアントコンピュータを起動するには、ブータブルWinPE ISOファイルを作成する2つの方法があります。

WinPE作成

ドライブはお使いのハードウェアと互換性がないかもしれません。それで、WinPEはクライアントコンピュータを起動できません。その時、WinPEにカスタムドライバを追加できる「手動でブータブルWinPE ISOを作成します」を検討してください。

ドライバを追加

ヒント: ネットワークを介してイメージを展開するために、LANにDHCPサーバーがある必要があります。そうではない場合、「DHCPを有効にします」前のチェックボックスをオンにしてください。

3: AOMEI Image Deployが「The service has started, waiting for connect...」を表示すると、すべてのクライアントコンピューターを起動します。すべての設定は正確である場合、コンピューターはAOMEI Image Deployの回復環境で起動します。すべてのコンピューターはその起動プログレスを次のように表示します:

Loading WinPE

同時に、すべてのクライアントコンピューター(IP アドレスとして定義)の起動プログレスはAOMEI Image Deployに表示されています。1つのクライアントコンピューターは正常にAOMEI Image Deployサービスに接続すると、それは「Client computers connected」と表示します。クライアントコンピューターにローカルIP、サーバーIPおよび接続状態も表示します。すべてのクライアントコンピューターはAOMEI Image Deployサービスに正常に接続した後、「I confirm all the client…」前のチェックボックスをオンにして、「次へ」をクリックします。

サーバー接続状態
クライアント接続状態

4: ここでは展開したいイメージを指定し、クライアントコンピュータにそれを展開する方法を設定する必要があります。

イメージを指定

4.1: 「参照」をクリックして、準備したシステムバックアップまたはディスクバックアップのイメージファイルを見つけます。そして、「Share/NASデバイスを追加」をクリックします。ポップアップで、イメージファイルが保存されたネットワークまたはNASのパスを入力します。そして、展開したいイメージを選択して、「はい」をクリックします。

Share or NASを追加

4.2: 指定されたバックアップイメージをどこに展開しますか。コンピューター(IP アドレスとして定義)前のチェックボックスをオンにします。または、「All」前のチェックボックスをオンにして、すべての表示されたコンピューターを選択します。

4.3: 指定されたバックアップイメージをどこに展開しますか。宛先ディスクの番号を入力します。通常に、コンピューターにただ1つだけのディスクがあるなら、その番号は0です。宛先ディスクの番号がよく分からない場合、他のディスクを削除してください。

ノート: クライアントコンピュータにデータがあるなら、そこにイメージを展開するのはデータ損失を起こすかもしれません。正しいコンピューターに、そしてそのコンピューターにある正しい宛先ディスクに展開を行うことを確認してください。

4.4: 毎回展開されるコンピューターの数を入力します。より多いコンピューターを入力すれば、展開の速度はより遅くなっています。

4.5: 「設定」をクリックして、コンピューター名、IPを設定できます。また、クライアントコンピューターのハードウェアはイメージを作成したコンピューターと異なる場合、「ユニバーサル復元」を有効にします。

設定

ヒント: IPプリセットおよび、異なるハードウェアを持つコンピューターへのイメージ展開はAOMEI Image Deploy Technician Editionだけに適用します。

5: ここでは、Windows 10システム(OS)イメージの展開、および毎回10台のコンピューターが展開されることを例とします。確認した後、「Start Deploy」をクリックして、コンピューターにイメージを展開します。

開始

6: ここでは、すべてのクライアントコンピューターのイメージ展開の進捗状況をビューできます。また、展開が完了した後、クライアントコンピューターをシャットダウンするか、再起動するかを選択できます。

展開プログレス

イメージ展開のタスクは決して簡単ではありません。作った間違いはすべてのクライアントマシンにクローンされるので、重要な設定やソフトウェアの重要部分を忘れないことを確認する必要があります。大量のコンピューターをサポートする場合、AOMEI Image Deployは最高のイメージ展開ツールで、時間、金銭および労力を節約できます。