Windows 10/8/7で大容量HDDにアップグレードする方法

コンピュータを長く使用しているとデータやプログラムの蓄積が増えて、 古いハードディスクの空き容量が不足してくることがあります。こういう時、ハードディスクの容量不足を解消するためにWindowsを再インストールせず、大容量HDDにアップグレードしてHDD容量を増やすことができます。

Windowsを再インストールせず大容量HDDにアップグレードするのは簡単だ!

HDDは保存した高画質な動画、画像、音楽などのデータや他のファイルなので、空き容量不足になっている時、大容量HDDにアップグレードしてHDD容量を増やすことを考えるべきです。システムドライブをアップグレードするためにWindows 10/8/7のクリーンインストールが必要となりますか?

一部のユーザーにとってクリーンインストールが簡単な操作かもしれませんが、実際にそれはちょっと複雑で面倒なことで、時間や手間がかかります。Windowsだけでなく、システムを再構築したり、すべてのアプリとゲームを再インストールする必要があります。更に、一部の有料プログラムは再アクティブ化を求めています。

実は、HDDクローンというプロセスのおかげで大容量HDDにアップグレードする時にWindowsやプログラムを再インストールする必要はありません。クリーンインストールと比べて、HDDクローンはデータを失うことなくHDDを大容量HDDにアップグレードできる超簡単な方法です。

HDDアップグレードに必要なものは何か?

データを失うことなく大容量HDDへアップグレードする前に、準備することがいくつかあります。

大容量HDDまたはSSD

どのような大容量HDDを購入するか決定する前に、HDD選び方についての基礎知識を知っておいた方がいいと思います。最適なHDDを選択するために、お使いのコンピューター、接続規格、サイズなど、様々な方面から考慮しなければなりません。

2TBを超えるHDDにアップグレードしたい場合、マザーボードがUEFIブートに対応するか確認してください。BIOSを起動して、Legacyブートモード以外にUEFIブートモードがあるかどうかをチェックすることができます。また、詳しくはマザーボードメーカーの製品情報等を参考にすることもできます。

ご存知のように、ディスクを初期化する時にMBR(マスターブートレコード)形式を選択すれば、扱えるHDDのサイズは約2TBまでという制限があります。2TB以上のディスクの全領域を使用したい場合、ディスクをGPT(GUIDパーティションテーブル)で初期化する必要があります。GPTディスクはUEFIブートモードのみで起動できます。

2台のHDDをコンピュータに接続するためのケーブルまたはツール

デスクトップパソコンを使用する場合、新しいドライブをコンピュータに取り付けるためにSATA3ケーブルと電源ケーブルが必要です。ほとんどのデスクトップパソコンには1つ以上の電源ケーブルがあるそうです。

ノートパソコンのHDDをアップグレードする場合、セカンダリHDDを取り付けるためにノートパソコンは複数のドライブベイを用意するか確認してください。1つだけのドライブベイがあるなら、USBポートを通して大容量HDDをノートパソコンに接続するためのSATA-USB3.0変換ケーブルを準備する必要があります。

無料HDDコピー/クローンソフト

HDDクローンについてのオススメ・フリーソフトは、初めての方でも安心して簡単に使えるAOMEI Backupper Standardです。これはパーティションスタイルを変換せずにMBRディスクからGPTディスクへクローンすることができます。また、未割り当て領域を残さないようにクローン先ディスク上のパーティションのサイズを調整することもできます。

大容量HDDへクローンするステップバイステップガイド

すべてのことを準備した後、次の手順に従ってHDDを大容量HDDにクローンする操作を始めましょう。

1. 新しいHDDをコンピューターの内部または外部に接続します。AOMEI Backupperを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

2. AOMEI Backupperのホーム画面で「クローン」をクリック→そして「ディスククローン」を選択します。もし、OSのみを大容量ドライブへ移動したいなら、AOMEI Backupper Professional版で利用可能な「システムクローン」を選択することができます。

ディスククローン

3. 次の画面で、元のHDDをソースディスクとして選択してから「次へ」をクリックします。

ソースディスク

4. 後で古いHDDと交換する大容量HDDをクローン先として選択してから「次へ」をクリックします。

クローン先

ヒント:クローン先の上にデータがある場合、それらをすべて削除して大容量HDDを上書きすることが要求されるので、事前に重要なデータやファイルをバックアップしておいてください。

5. クローン後、未割り当て領域が現れないように「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックします。次のポップアップで「全てのパーティションをディスクにフィット」オプションを選択して「はい」をクリックします。

パーティションを編集

6. 問題なければ「開始」をクリックしてクローンを実行します。

開始

転送するデータ量により、クローンプロセスがかかる時間が異なります。クローンタスクが行われている間にコンピューターを使用して映画を見ること、や友達とチャットすることなどもできます。

HDDをSSDにアップグレードしようとする場合、このフリーソフトを使用してクローンを行うこともできます。AOMEI Backupperは大容量HDDから小容量SSDへのクローンができます。また「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションも提供します。

クローンが完了すると、コンピュータを再起動してBIOSでドライブの起動順位を変更し、クローン先の大容量HDDが最初にブートするように設定します。ノートパソコンのHDDをアップグレードする場合、クローン後にノートパソコンをシャットダウンして古いHDDを大容量HDDに交換する必要があります。

クローン機能だけでなく、AOMEI Backupperを使用したら、古いHDDをバックアップして大容量HDDに復元することもできます。復元プロセスが正常に完成するためにUSBメモリでブータブルメディアを作成してPCを起動させる必要があります。これは、2台のドライブを同時にコンピューターに接続できない時にとても役立ちます。