CドライブからSSDに全ての物を移行する方法

なぜCドライブからSSDに全ての物を移行する?

ファイルをCドライブから新たなHDDまたはSSDに丸ごとコピーして今のディスクをアップグレードしたいユーザーが沢山あります。内部に駆動部分が無いので速い入力、出力速度で人気があるようになります。今のところでSSDは伝統的なHDDより容量が小さいです。だから、最も愛用のソフトウェアのメリットを生かすのなら、そのソフトウェアはベストの配置です。OSをより小さなSSDに移行することはそんな道理です。

HDD破損、ノートパソコンのアップグレードやディスクRAIDを直面して、全ての物を再インストールしないようにCドライブを丸ごとSSDに移行する必要があるかもしれません。どちらの原因でも、このタスクを完成する方法を知る必要があります。

ファイルをCドライブからSSDに丸ごと移行する

HDDには二つの状況があるかもしれません。一つはディスクにCドライブやシステム予約済みパーティションだけあります。SSDからシステムを起動する為に、システム予約済みパーティションをSSDに移行する必要もあります。だから、無用のデータの削除でCドライブを縮小することができます。そして、ディスクをSSDに丸ごとクローンします。

もう一つの状況はディスクにパーティションは二つ以上あります。例えば、ディスクに C: D: やE: ドライブがあります。もしこの古いディスクをセカンダリ―ストレージデバイスとして使用したければ、全てのパーティションをSSDに移行する必要がありません。Windowsツール、一連の実用的な操作の助けを借りて、ノートパソコンまたはデスクトップでCドライブをSSDに丸ごと移行することができます。理論的には、重要なデータをバックアップし、システムイメージを作成し、SSDで古いHDDを入れ替え(交換)、システムイメージをSSDに復元します。「CドライブをSSDに移行する」からもっと情報を知ることができます。

その他に、CドライブをSSDに丸ごと移行する場合で、もう一つ簡単な方法があります。いい情報だろう。 Windows 10/8.1/8/7/XP/Vista向けの無料のバックアップソフトウェア――AOMEI Backupper Standardによって、ただ数回のクリックでCドライブ上のOS、システム予約済みパーティションやインストールされたソフトウェアをSSDに移行するようになります。実用的な操作は必要ではありません。SSDはCドライブの使用済部分より大きいのなら、システムをより小さなSSDにクローンすることができます。では、今このソフトウェアを ダウンロードして試してみてください。

AOMEI BackupperでCドライブからSSDに全てのものを移行する

注意: もしSSDにパーティションがあれば、宛先パスと上書きされます。前もって最も関心のファイル をバックアップすると確認してください。

ステップ1.SSDをコンピュータに接続します。(もしノートパソコンのなら、SATA-USB変換ケーブル またはSATAケースでSSDを接続することができます。)AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動します。「クローン」 をクリックしてから、「システムクローン」を選択します。無料版でこの機能のロックを解除する為、ソーシャルネットワークでメッセージを共有する必要があります。

システムクローン

ステップ2. SSDを宛先パーティションと選択します。このソフトウェアはCドライブとシステム予約済みパーティションを選びました。

宛先パーティション

ステップ3. 操作概要を確認し、「SSDを最適化するには、パーティションを合わせる」を選択し、 開始」をクリックします。

開始

注意:

  • SSDからシステムを起動する為、古いHDDを移行するまたは起動設定を変更する必要があります。
  • もしSSDは十分大きいのなら、「セクター単位のクローン」を選択し、全てのセクターを移行することができます。/li>

AOMEI Backupper Standardによって、再インストールなしでただ三つのステップで全てのものをCドライブからSSDに移行することができます。この無料のソフトウェアには他の有用な機能も沢山あります 。例えば、システムのバックアップ、Windouwsを起動せずにHDDをバックアップすること、普遍な復元やブータブルメディアの作成などです。Windows7のバックアップと復元、Windows 8/10のファイル歴史の上では、これもいい選択だと思われます。