OSをIntel SSDへ移行する

ついにパソコン上の古いHDDをSSDへ換装にしますか。今回の記事はAOMEI BackupperでOSをSSDへ移行して、SSDから起動する方法を紹介します。

どうしてSSDにアップグレード

SSD(solid state drive)はストレージデバイスとしてHDDの読み書き速度より遥かに快速です。物理的な動き箇所がないので、省電力かつ動作音がありません。しかもHDDより振動と衝撃に強いです。もちろん、現在の時点では容量単位の価格に考えて、SSDはHDDよりも遥かに高いです。技術の進歩に伴って、SSDは高いけれど、買えないほどではない、SSDのメリットから考えて、HDDから換装する必要があります。益々多くのユーザーがSSDを買い替えて、OSをSSDへ移行して、劇的なパフォーマンス改善を楽しんでいます。

IntelのSSDは最も有名なSSDメーカーの製品として世界中に流行っています。 特に750シリーズと540sシリーズは長い間に人気商品として販売されます。幾つかの理由でIntelのSSDを選択します:

● 心配なし互換性:IntelのCPU、マザーボード、ファームウェアとドライバーを同時に使うと、より頼もしいシステムでパソコンの使用に確実なメリットを保証します。

● 永続性:Intel SSDは、実証済みのエンドツーエンドのデータ保護と最高レベルのドライブ信頼性で構築されています。

● 信頼性の高いパフォーマンス:Intelは他社と比べて、製品に対してより厳密なテストを行い、一貫したパフォーマンスを提供します。

従って、どう見てもIntel SSDへ取り替えるのはパソコンのパフォーマンスを大幅に向上される良策に違いない。

OSをIntel SSDへ遷移する方法

OSをSSDへ移行するには専門のソフトウェアが必要です。AOMEI Backupperはこのタスクに最適なツールです。OSだけをSSDへ移行して,BIOSの起動設定を変更してからSSDからパソコンを起動します。詳しい移行手順を参考にしてください:

1. Intel SSDをパソコンに接続して、Windowsに認識されたことを確認します。AOMEI Backupperをダウンロードして、インストールし、開きます。OSをSSDへ移行するため、左側のパネルにクローンシステムクローンをクリックします。

System  Clone

2. システムパーティションが自動的にソースパーティションとして認識され、さっき挿入したIntel SSDをクローンの目標箇所として選択します。次へをクリックします。

Destination Disk

3. 目標ディスクを選択すると、実行される操作の概要が表示されます。問題などがないと確認した上で、開始をクリックして操作を実行します。

Summary

Notes:

● OSをSSDへ遷移するときは必ず「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」というオプションをチェックします。これは4Kアライメントという操作でクローン後SSDの最大の性能を引き出すことを確保します。

「セクター単位のクローン」はソースパーティションのシステムパーティション上の領域が空いているかどうかにもかかわらず、全てのセクターをコピーします。こうしてより多くの操作時間がかかって、目標ディスク上の領域使用も多くなります。

結論

こうして、幾つかの手順でOSをSSDへ移行しました。AOMEI Backupperを使って同じ操作で再インストールせずにHDDをSSDに取り替えられます。さらに、AOMEI Backupperはデータの安全を保護するソフトウェアとして、名前どおり、パソコンをバックアップし復元できて、パソコンが起動できない場合にブータブルメディアを作成 できます。