OSを小容量SSDに移動する三つのステップ

なぜOSを小容量SSDに移動する?

 よく知られているように、SSD(ソリッドステートドライブ)には伝統的なハードドライブより重 要な利点があります。SSDはPCユーザーの間に流行ってきて、HDDを入れ替える勢いがあります。SSDは電力を要らず情報を保存するようになる不揮発性メモリチップでデータを格納し、アクセスします。しかし、殆どのSSDは小容量HDDを持ちますから、移行後、HDDはいつもセカンダリーストレージ ・ デバイスとして使用されます。だから、OSを小容量SSDに移動することは様々なフォーラムで聞かれる重要な問題の一つです。

OSを小容量SSDに移行する方法

 OSを移行する為に、Windowsバックアップ機能の助けを借りて完了することができます。Windows7、Windows10で「システムイメージの作成」機能を使用してシステムをバックアップします。もしWindows8作業をしているのなら、「Windows7ファイル復元」機能を使用します。そして、システムイメージをSSDに復元します。ただし、知らぬ理由で復元失敗になる可能性があります。もっと知る為、「OSを一つのSSDから別のSSDに移行する」を読んでください。

システムイメージの作成

代替オプションはプロソフトウェア―― AOMEI Backupper StandardでOSを小容量SSDにクローンします。 このソフトウェアはWindows 10/8/7/XP/Vistaに無料です。「システムクローン」機能はシステムパーティションやシステム予約済みパーティションを小容量SSDにクローンすることをサポートします。ただ使用された部分をSSDにクローンしてディスク領域を節約することができます。 ダウンロードして試してみてください。

AOMEI BackupperでOSを小容量SSDに移行する

 1.SATA-USB変換ケーブルまたは内蔵SATAケースでコンピューターにより小さなSSDを接続します。AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動します。「クローン」をクリックし、「システムクローン」を選択します。この機能のロックを解除する為、社会的なネットワークにポストの一部を共有する必要があります。

宛先パーティション

2.より小さなSSDを宛先パーティションに選択します。システムとシステム関連パーティションは既定に選択されました。

システムイメージ

3.これは操作概要です。「SSDを最適化するには、パーティションを合わせる」を選択し、「開始」をクリックします。

開始

注意: 「セクター単位のクローン」は使用されたかどうかに関わらず、全ての物をSSDにクローンすることを意味します。こんな場合でこのオプションを無視しても構いません。WindowsOSをSSDから起動する為、前のハードドライブを移動することまたはBIOSで起動設定を変更することは必要です。ただ三つの簡単なステップでOSをより小さなSSDに移行することができます。実際に、もしSSDはHDDの使用された部分を収める大きさがあれば、同じソフトウェアでディスクを丸ごとSSDにクローンすることができます。そして、この強力なバックアップ機能はWindowsを起動せずにハードドライブをバックアップすることに有用です。このソフトウェアにブータブルメディアの作成、システムのバックアップ、ディスクのバックアップ、システムの復元、普遍的な復元、破損したハードドライブからデータをバックアップすることなどの有用な機能もあります。