HDDからSSDにOSを移行するフリーウェア

SSDについての紹介

SSDはソリッドステートドライブの略語であり、ハードディスクのように動作するデータメモリー装置を指します。それは、統合されたサーカスアセンブリでデータをしつこく格納するのに使用されます。様々なインターフェイスと形式の因子に応じて、SSDは2.5"、mSATA、M.2、PCI-Expressに分けることができます。マザーボード上の使用可能なポートによって、異なるSSDの種類を選択します。HDDと比べて、読み込みと書き込みのスピードによりいい表現があります。しかし、一般的にSSDの値段は少し高くて、容量はHDDよりも小さいです。

なぜSSDにOSを移行しますか?

OSはオペレーティングシステムの略語であり、プログラムを実行したり、ゲームをしたり、映画を見たりできる環境とコマンド構造を作成します。OSは通常にCドライブにインストールされますが、OSをSSDに移動することはCドライブだけをSSDに移行することを意味しません。ご存知のように、2つのディスクパーティション種類があります‐MBRとGPTです。MBRディスクである場合、Cドライブの以外、システム予約済パーティションを見つけられます。GPTディスクである場合、EFIパーティションを見つけられます。移行した後、SSDでOSは起動できることを確保するために、Cドライブとシステム予約済パーティションあるいはEFIパーティションを一緒にSSDに移行する必要があります。

OSをSSDに移動する理由は、既にOSをインストールしたHDDをアップグレードし、あるいはより良い性能を得ることです。ほとんどのユーザーによって、このタスクを実行するのは難しい問題です。OS、更新、ドライブ、および一部の重要なアプリケーションを再インストールするのは沢山時間がかかるためです。この状況で、多くのユーザはHDDのアップグレードが好きではありません。しかし、HDDは容量不足になる場合、OSを移行しなければなりません。Googleで検索したら、このタスクを完成する最高のソリューションは頼もしくて強力なツールでシステムドライブをクローンすることが分かります。それに、この方法は時間を節約できます。

HDDからSSDへOSを移行するソフトウェア

ここでは、頼もしくて使いやすくて完全なソフトウェア‐AOMEI Backupper Standardを非常に推薦します。それはHDDからOSをSSDに移動できます。同時にOS、アプリケーションと設定をまったく同じ維持させることがきます。それに、このソフトはWindows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Vista、XPシステム、MBR/GPTパーティションスタイル、BIOS/UEFIブートモード、2.5"/mSATA/M.2/PCI-E SSD全てのバージョンをサポートします。AOMEI Backupperの異なるエディションでOSをSSDに移行する方法が2つあります。自分に最も相応しい1つを選択します。ちなみに、どの方法を選択するか、次の準備は同じです。

AOMEI BackupperでHDD からSSDにOSを移行する方法

実行する前に:

  • もはや使用しないソフトウェアをアンインストールし、不要なファイルを削除し、SSDに格納したくないデータを転送します。(オプショナル)
  • 移動しているCドライブのOS、アプリケーションとデータの総量よりSSDはより多い空間があるかどうかを確認します。
  • 既存HDDと同じコンピューターにSSDを挿入します。SSDを検出できるかどうかを確認します。ノートパソコンである場合、SSDをインストールする余分の空間がないなら、SSDを接続できるために、USB SATA変換アダプタが必要です。ノートパソコンは新しいSSDを外付けHDDとして検出できるはずです。

方法1:AOMEI Backupper Standardでバックアップと復元を介してSSDにOSを移行します(無料)

この方法は「システムバックアップ」および「システムクローン」を使用して直接にSSDにOSを移行します。それは方法2より複雑で、多い時間がかかります。

ステップ 1: AOMEI Backupperをダウンロードして、インストールし、起動します。 そして、「バックアップ」、「システムバックアップ」をクリックして完全なシステムイメージを作成します。

システムバックアップ

ステップ 2: システムバックアップイメージが作成された後、「復元」をクリックして、プログラムは自動的にこのシステムバックアップイメージを検出できます。そうではない場合、「パス」をクリックして手動でシステムバックアップイメージを保存したパスをブラウズします。システムバックアップイメージを選択して「次へ」をクリックします。

システムバックアップ復元

ステップ 3: あるポップアップが表示され、「はい」をクリックします。次のウィンドウで、「システムを他の場所に復元」前のボックスをチェックします。そのため、SSDにOSを移行できます。そして、バックアップポイントを選択し、「次へ」をクリックします。

SSDに復元

ステップ 4: OSをSSDに移行したいなら、SSD(ここではディスク1です)を選択して「次へ」をクリックします。

SSDを選択

ステップ 5: 操作概要のウィンドウで、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」前のボックスをチェックできます。最後は「開始」をクリックします。

開始

今、ほとんどのラップトップは1つ以上のディスクをインストールするのに余分な空間があります。でもお使いのラップトップに1つのディスク用の空間だけがあり、SSDとラップトップを接続するSATA-USB変換ケーブルがない場合、HDDのイメージを作成し、それをUSBまたはネットワーク共有フォルダに保存します。ブータブルメディアを作成します。SSDでHDDを切り替えます。ブータブルメディアでラップトップを起動します。以上のステップ2に従って、ディスクイメージを復元します。しかし復元が完了した後、HDDをセカンダリードライブとしてラップトップに接続するのに使用されたSATA-USB変換ケーブルを買ったほうがいいです。

方法2:AOMEI Backupper ProでSSDにシステムを直接に移行するより簡単な方法(有料)

ステップ 1: AOMEI Backupper Proをインストールし、起動してライセンスコードでそれを登録します。そして「クローン」、「システムクローン」を選択します。

オペレーティングシステムのクローン

ステップ 2: プログラムは移行される必要があるソースドライブを自動的に選択します。そして、SSDを宛先場所として選択する必要があります。もし、SSDは空ではない場合、このプログラムはSSD上のすべてのパーティションが削除されることをリマインドします。「次へ」をクリックします。

SSDにOSを移行

ヒント: OSを他のHDDに移動する場合、ここはSSDの代わりにHDDを選択します。

ステップ 3: ここは、OSドライブをSSDに移動する操作概要です。左下隅にある「セクター単位のクローン」の前に、チェックボックスをチェックするかどうかを選択することができます。「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」前のチェックボックスをチェックしたほうがいいです。そして、「開始」をクリックします。

SSDにオペレーティングシステムを移行

ヒント:この例に(ステップ2を参考)、ソースディスクはGPTパーティションですが、宛先SSDはMBRパーティションである場合、このプログラムにあるウィンドウが出て変換したいかどうかを聞きます。自分でSSDをGPTに変換しなくてもいいです。このプログラムはMBRとGPTディスク間にOSを簡単にクローンできます。もし、ソースディスクと宛先ディスクのパーティションスタイルが同じであるなら、このウィンドウは表示されません。

OSの移動時間はデータの量によって違います。完成した後、「完了」をクリックします。そして、コンピューターを再起動し、BIOSに入って起動順位を設定します。SSDのバックアップとデータストレージのために古いHDDをセカンダリドライブとしてまだ使用できます。このシステムクローンソフトウェアを使用してOSをSSDに移行する操作はいつくかのクリックで完成できます。

ヒント:

  • どんな方法を使用しても、復元またはクローンの後、元のOSは自動的に削除されることができません。SSDからコンピューターが正常に起動した後、手動でそれを削除できます。
  • MBR HDDからMBR SSDまたはHDDにOSを移行するために、AOMEI Partition Assistant Standard(無料ソフト)を使用することもできます。