パーティションスタイルを転換せずにGPTディスクへMBR OSを移行します

GPTディスクについて

ご存知のように、MBR(マスターブートレコード)ディスクは2TB以上のディスクスペースを利用できないし、4つ以上のプライマリパーティションを作成できません。これらの制限を解除するために、GPT(GUIDパーティションテーブル)ディスクは2005に紹介されました。GPTディスクはUEFI(ユニファイド・エクステンシブル・ ファームウェア・インタフェース)と関連しています。それは、コンピューターがGPTでフォーマットされたHDDから起動するのにUEFIのサポートがなければならないことを意味します。UEFIはBIOSを代わるのに比較的新しい標準です。Windows XPより古いWindowsバージョンの一部はUEFIブートモードで動作できません。Windows XPとWindows 7の64ビットバージョンだけはGPTをシステムディスクとして設定することができます。コンピューターとシステムはUEFIをサポートできるなら、高度な性能を取得するためにGPTディスクへMBR OSを移行することを推薦します。MBRディスクとGPTディスクはシステムのロードに異なるファームウェアを必要とするので、MBRディスクからGPTディスクへWindowsシステムと全てのインストールされたアプリケーションを移動することはちょっと複雑ですが、正しいソフトウェアを選択したら簡単になれます。

MBRからGPTディスクへOSを移行するフリーソフト

AOMEI Backupper Standardは無料HDDクローンソフトウェアであり、簡単にGPTのHDDへMBRのHDDをクローンすることができます。システムはGPTディスクからの起動をサポートするWindows 8、Windows 10、Windows 7の64ビットである場合、パーティションスタイルを変更しないでGPTディスクへMBRを直接にクローンできます。クローンの後、UEFIブートモードを有効にする必要があります。そして、クローン化されたGPTディスクから起動して、UEFIの全ての高度な技術を体験できます。システムはWindows 7の32ビットまたは他のより古いバージョンである場合、AOMEI BackupperはMBRへGPTディスクを変換して、クローンの後クローン化されたHDDを起動できることを確保します。それを開始する前に、ディスクの転換に同意するかどうかを聞きます。また、GPTディスクは元のMBRディスクより小さくても大丈夫です。容量はソースディスク上の使用されたスペースに十分である限り、AOMEI Backupperは小容量ディスクへ大容量ディスクをクローンすることを許可します。

GPTディスクへMBR OSを移行する方法

AOMEI Backupperは、GPTディスクへ全体HDDをクローンするためのディスククローン、Windowsシステムだけをクローンするためのシステムクローンを提供します。全体HDDのクローンを選択したら、宛先ディスク(ここではGPTディスクです)上の全てのデータは削除されます。システムクローンについて、この機能を使用できる前に、ユーザーはネットワークサイトに「AOMEI Backupper」を含むテキストメッセージを共有する必要があります。コンピューターにGPTディスクを接続した後、以下のステップを使用して、MBRからGPTへのOS移行を実行します。

1. このソフトウェアを無料でダウンロードして、インストールします。

2. ソフトウェアの主なインターフェイスで、「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。

システムクローン

3. どのGPTへOSを移行したいですか。そのGPTのHDDを宛先ディスクとして選択して、「次へ」をクリックします。

宛先を選択

4. 「開始」をクリックします。

開始

OS移行は進行中ですが、このコンピューターを利用して仕事をまた続けることができます。それは完了する時、UEFIブートモードを有効にします。また、クローン化されたGPTディスクを最初に起動するために、GPTディスクを最初のブート装置として変更します。AOMEI Backupperはバックアップと復元のソフトウェアと見なされます。そのため、システムをバックアップして、GPTディスクへ復元する方法でGPTディスクへBR OSを移行できます。