Macrium Reflectがクローンに失敗したら、五つの解決方法をお勧めする!

Macrium Reflectについてのエラー

Macrium Reflectは、Windowsを再インストールせずに、HDDから別のHDDにデータやシステムを移動することをサポートするクローニングとイメージングツールです。だが、Macrium Reflectを使用しクローンを行う時、Macrium Reflectがクローンに失敗したことについてのエラーメッセージが表示される可能性があります。

例えば、「ボリュームスナップショットの作成に失敗しました」、「0x8000ffff」、「アクセスが拒否されました」、「読み込みに失敗しました」、「書き込みに失敗しました」、「無効な引数が発生しました」、「ディスクが見つかりませんでした」、「ファイルシステムを検証できなかった」など。

Macrium Reflectがクローンに失敗したことに対する解決策

1つのエラーは複数の要因に関している可能性があるため、どの要素のせいで間違ったのかを判断することは困難です。だから、次の手順を試してみて問題を解決しましょう。

不良セクタをチェックする

エラーがデータの読み込みに関連している場合は、ソースディスクをチェックする必要があります。データの書き込みに関連している場合は、宛先ディスクをチェックしてください。

1. [Windows]キーと[R]キーを合わせて押すと、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスが開きます。そして、実行ボックスに「CMD」と入力してコマンドプロンプトを表示させます。

2.「chkdsk [drive letter]: /f 」と入力します。H:ドライブをチェックする場合は、「chkdsk H: f」と入力してください。

3.「chkdsk [drive letter]: /r」と入力します。

Chkdsk

宛先ディスクのクリーンアップ

クローン先(HDDとSSD)のファイルシステムが壊れたら、Macrium Reflectがクローンに失敗する可能性があります。クローンを作成する前に、宛先ディスクのデータを消去することができます。

1.コマンドプロンプトウィンドウで「diskpart」と入力します。

2.「list disk」と入力して、パソコンに接続されているディスクがすべて表示されます。

3.「select disk [disk number]」と入力して、宛先ディスクを選択します。

4.「clean all」と入力します。

Diskpart Clean

Macriumレスキューメディアを作成してクローンする

一部のプログラムのせいで、ソースディスクにアクセスできなくなるかもしれません。Macriumレスキューメディアからパソコンを起動すると、そのことを避けることができます。

クローンの代わりにイメージバックアップを作成する

レスキューメディアからMacrium Reflectがクローン作成に失敗した場合、クローン作成の代わりにイメージバックアップを行ってみることはどうですか。HDDを外付けHDDまたはNASネットワークにバックアップし、また新しいHDDまたはSSDにイメージを復元することができます。こうして、システムと他のデータはすべて新しいディスクに転送されます。そしてブート可能です。

Macrium Reflect free editionのかわりに、別のクローンソフトウェアを試みる

AOMEI Backupper Standardは、クローン失敗を解決するための無料のHDDクローニングソフトウェアです。Windows 10/8/7をサポートします。Windows Server 2008(R2)/2012(R2)ユーザーの場合、AOMEI Backupper Serverエディションを試すことができます。

また、DVDまたはUSBメモリを使用して起動ディスクを作成し、その起動ディスクからパソコンを起動し、ハードディスクをクローンすることもできます。デフォルトでは、クローンが順調に進行するように不良なセクタをスキップします。簡潔明瞭なインターフェースのため、ハードディスククローンを簡単に作成できます。

1.[クローン]タブの[ディスククローン]をクリックします。

ディスククローン

2.ソースディスクと宛先ディスクを選択した後、パーティションサイズを調整できるようになります。そのため、クローン作成後に未割り当て領域が残ることはありません。

開始

Macrium Reflectがクローンに失敗したときに、どの方法が役立つのか判断するのは難しいです。だから、以上の方法を全部試してから、まだクローンできない場合は、HDDの損傷が深刻状態である可能性があります。こんな場合、HDDが完全に故障する前にバックアップする必要があります。