内蔵HDDの交換

内蔵HDDを交換する方法を勉強してHDDとデータを保護します。AOMEI Backupperは最も適切なツールです。

内蔵HDDを交換します

2つの場合でパソコンの内蔵HDDを交換します。HDDに故障を起こして、またはHDDのパフォーマンスを向上させるためにHDDをアップグレードする場合は交換作業を行います。

内蔵HDDを交換する方法

交換と言えば、主に2つの重要なことがあります:内蔵HDD上のデータの安全に保存して移行し、古いHDDを取り外して新しい方を取り付けます。

内蔵HDDのデータを保つために、HDDのバックアップイメージを作成し、または内蔵HDDを新しいHDDにクローンします。バックアップとクローニングの違いは、内蔵HDDをクローンする時にデータを復元する必要がないことです。従って、内蔵HDDを新しいHDDにクローンすることをお勧めします。

内蔵HDDを交換して既存のデータ移行するため、新しいストレージデバイスが欠かせません。もちろん大容量のHDDを購入するのはいい選択肢ですが、ますます手頃な値段に近づいて、優れたパフォーマンスと信頼性を持っているSSDは最善な選択に違いないではないでしょうか。

最も重要なのは、物理の交換を行った後のデータ移行です。一番使いやすくて、しかも信頼できる無料のクローニングソフトウェア、AOMEI Backupper Standardは強力なクローニング機能を提供して、二三回のクリックのような簡潔な操作で複雑なクローニングを解決します。

内蔵HDDの交換へのクイックガイド

まずはSATAケーブルを使って新しいHDDまたはSSDをパソコンのマザーボードに接続します。これからHDDを新しいデバイスにクローンする方法を説明します。

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールします。当製品を開いて、メインインタフェースの左側のパネルにある「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

2. 内部HDD(ディスク0)をクローニングのソースディスクとして指定して次へをクリックします。

ソースディスクを指定します

3. クローニングのターゲットディスクを指定するウインドウに新しいデバイス(ディスク1)を指定します。次へをクリックします。

ターゲットディスクを指定します

4. 指定された操作を示す概要が表示されます。設定が正しいことを確認したら、「開始」をクリックしてクローニング作業を行い始めます。

操作概要を確認します
要注意:ターゲットディスクはSSDの場合は必ず「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックします。

5. クローニングが終わったら、パソコンをシャットダウンしてから、ドライバーを使って古い内蔵HDDを取り外します。新しいストレージデバイスから起動して、新しい体験を楽しみましょう。

メモ:

  • Backupper StandardはあらゆるWindowsバージョンを対応しています。
  • パソコンが正常に動作できる、それで今後増加し続けるデータを格納できるため、適当なサイズのHDDまたはSSDを選択します。