デスクトップで再インストールしないようにHDDをSSDに交換する方法

このチュートリアルでは、Windows 7,8,10、およびWindows XPにOSを再インストールすることなく、ハードディスクドライブ(HDD)をデスクトップ上のソリッドステートドライブ(SSD)に交換方法を紹介します。

デスクトップでHDDをSSDに交換するのはなぜですか

HDD分野のトレンドディスクとするソリッドステートドライブ(SSD)は、従来のハードディスクドライブ(HDD)と比べて多くの進んだ機能を備えます。たとえば、SSDは、ポータビリティと低消費電力をユーザに提供します。また、SSDはほとんど振動と熱がでってしませんですから、揺れやストライキによるデータの損失のリスクを減らすことができます。さらに、SSDは、強くパーフォーマンスを持つのためマイナス10度からマイナス70度までで働くことができます。厳しいとき、SSDはRAIDアレイとして簡単に使用できますが、それはHDDにとっては難しいでしょう。

上記のすべてのコンポーネントによると、デスクトップまたはラップトップのいずれかでHDDからSSDに交換するのは必要です。サムスンのSSDが持っている場合、HDDをサムスンSSDにクローンする方法を学べますSSDにOSを最初からインストールすることで、HDDをSSDに交換することができます。まだインストーラディスクが手元にある場合は問題ありません。それにもかかわらず、SSDにすべての個人設定を保存したい場合、最も心配のないソリューションは、すべてを再インストールすることなくHDDをSSDに交換することです。まあ、あなたは方法を見つけましたか。

HDDをSSDに交換する方法はなんですか

HDDを交換する場合は、まずデスクトップにSSDを接続する必要があります。一般に、SSDをコンピュータに接続するには、SATAからUSBケーブル経由で直接接続する或いはSATAポートにSSDをインストールします。Windowsで検出できることを確認してください。

それから、OSとプログラムを再インストールする必要がないように、AOMEI Backupper のようなソフトウェアを利用してHDDからSSDにすべて移行する必要があります。このクローニングツールは、セクタごとおよびインテリジェントクローンの2つのクローニング方法を提供します。したがって、SSDが現在のHDDよりも小さい場合でも、SSDが使用済みのスペースより小さくない限り、より大きなHDDを小さなものにクローンする ことができます。ここでも、AOMEI Backupperには、SSDを最適化するためにパーティションを調整するオプションがあります。SSD上のパーティションのサイズは、クローンを開始する前に[複製先ディスク上のパーティションの編集] オプションをクリックして交換することができます。

AOMEI Backupperを利用してデスクトップのHDDをSSDに換装する方法はなんですか

1. AOMEI Backupper Professionalをインストールして起動します。[クローン]をクリックし, [ディスククローン]を選択します。.

ディスククローン

2. 現在のHDDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

3. 宛先ディスクとしてSSDを選択します。

宛先ディスク

4. GPTディスクからMBRに最大3つのパーティションしかクローンアップできないというメモを受け取ることがあります。パーティションをマージすると、パーティションの量を減らすことができます。

情報

5. クローニング方法を選択するオプションがあります。宛先ディスクがSSDなので、[SSDを最適化するにはパーティションを合わせる]チェックボックスをオンにしてください。次に、[開始]をクリックします。

クローンの開始

ヒント:

[宛先ディスク上のパーティションパーティションを編集]をクリックすると、パーティションのサイズ換装なしでコピー、すべてのパーティションをディスク全体にフィット、およびこのディスク上のパーティションの編集の3つのサブオプションが表示されます。SSDからブートするには、ブート設定を換装するか、HDDを先に取り外す必要があります。

とにかく、AOMEI Backupperを使用してHDDをSSDに換装する方法を簡単に解決できます。事実、AOMEI Backupperはクローン機能以外の多くの機能があります。たとえば、データをバックアップし、スケジュールされたシステムバックアップを実行し、ファイルをクラウドにバックアップするために使用することができます。そして、増分バックアップと差分バックアップも利用できます。