HDDからHDDへコピーする理由と方法

シーン

「Windows 7がリリースされた直後、私はすぐにそれをインストールしました。また、コンピューターに必要なアプリケーションをすべてインストールしました。数日前に私は新しいコンピューターを買いました。多くのユーザーが知っているように、OSとアプリケーションをインストールするのはたくさんの時間がかかります。こういう場合、私はシステムドライブをほかのドライブにコピーするつもりです。しかし、「コピー」および「貼り付け」というシンプルな操作はOSとアプリケーションの移行を実現できません。そのため、私はこのタスクをうまく行えるソフトウェアがあるのだろうかと思います。」

もちろん、そのようなツールがありますよ。後でこの記事は強力なハードディスククローンフリーソフトをお勧めします。それは簡単かつ安全にHDDからHDDにダビングすることができます。

HDDからHDDへコピーしたい理由

上述のとおり、ほとんどのユーザーは以上のシーンに遭った時、HDDからHDDにクローンすることを選択します。でも、なぜユーザーはHDDからHDDにダビングしたいですか?以下はいくつかの理由です:

1. データ紛失を防ぐために。お使いのHDDには重要なファイルやフォルダを含めるなら、HDDからデータ全体をHDDへコピーしたいかもしれません。そうしたら、そのいずれかを誤って削除しても、別の同じものがあります。

2. 起動の失敗またはWindowsの再インストールを回避するために。時には、ディスク全体をシンプルにコピー、貼り付けるのはすべてのことをコピーできません。従って、システムが正常に起動できないかもしれません。ここではOSにより、保護またはロックされているいくつかの特別なパーティションがあります。例えば、隠しパーティション、システムで予約済みのパーティション、回復パーティションなど、それらを同時にコピーできません。

3. HDDをSSDにアップグレードまたは交換するために。スムーズにゲームを楽しめるように、一部のゲーム愛好家はパソコンのパフォーマンスを最適化したいです。そのため、古いディスクを新しいSSD(ソリッドステートドライブ)にアップグレードまたは交換するのは良い選択です。

4. HDDから大容量HDDまたはSSDにコピーするために。増加しているファイルやフォルダのせいですべてのHDDはディスク領域不足になる時があるかもしれません。そのため、一部のデータを別HDDに移行したいか、またはHDDから大容量HDD/SSDに直接コピーしたいかもしれません。

ディスククローンソフト:AOMEI Backupper

すべてのクローンプロセスがうまくいくように、有用なディスククローンソフトが必要です。Webページの中から「ディスクコピーソフト」を検索するなら、様々なツールを見つけることができます。しかし、どれが問題を簡単かつ経済的に解決できるか分からないかもしれません。

時間と労力を節約するために、私はAOMEI Backupperというソフトウェアを推薦します。AOMEI Backupperを使って「バックアップ」、「復元」、「クローン」と「ユーティリティ」に関する多くの高度な機能を楽しむことができます。それなら、データを失うことについて心配する必要はありません。それに、HDDからSSDまたは大容量HDDに簡単にクローンすることもできます。フレンドリーな体験のために、それをダウンロードして試すことができます。

データを失うことなく、すべてのことをHDDからHDDへコピーする方法

以上の理由なので、データとOS両方をHDDからHDDへコピーしたいかもしれません。

注意点:しかし、時には宛先ディスクをバックアップすることを忘れるかもしれません。こういう場合、宛先ディスク上のすべてのデータは削除、または上書きされるため、データが失われる危険性があります。バックアップを忘れるなら、次のメッセージが表示される時、「はい」をクリックしないで戻って、そしてバックアップを作成してください。

確認

今は、本題に入りましょう。AOMEI BackupperをダウンロードしてデータとOS両方をHDDからHDDへコピーする方法の詳細な手順を見てみましょう。

ステップ 1: AOMEI Backupperの主なインターフェースに移動して「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ステップ 2: バックアップしたい「ソースディスク」を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ 3: 古いディスク上のデータとOSをどのディスクに格納したいですか。その「宛先ディスク」を選択します。そして「次へ」をクリックします。

宛先ディスクを選択

ステップ 4: 「ソースディスク」と「宛先ディスク」の情報をプレビューした後、「開始」をクリックして保留中の操作を実行します。

開始

ヒント:

1. 宛先ディスク上のパーティションを編集:小容量ディスクから大容量ディスクにクローンする時、小容量ディスクを超えるスペースは未割り当て領域として表示されます。この場合、「宛先ディスク上のパーティションを編集」を選択してそれを好きなようにディスク全体に合わせて調整することができます。

2. セクター単位のクローン:このオプションはディスク上の使用済みセクターと未使用セクターを含めるすべてのセクタをクローンすることに使用されています。必要ならば、それを選択できます。

3. SSDを最適化するにはパーティションを合わせる:このオプションは読み書き速度をあげたり、SSDの寿命を延ばしたりすることに使用されています。宛先ディスクはSSDである場合、それを選択できます。

4. GPT HDDからSSDへクローン:GPT HDDディスクがあってそれからMBRパーティションスタイルのSSDへクローンしたい場合、正常にクローンした後、BIOSに入ってブートモードを変更する必要があります。

結論

AOMEI Backupperを使うなら、HDDからHDDへ直接コピーできます。数回のクリックだけですべての操作が完了できます。その他にシステムだけをクローンしたいなら、「システムクローン」を選択できます。1つの特定のパーティションをクローンしたいなら、「パーティションクローン」を直接選択できます。ここでは使用できるほかの強力な機能もあります。今すぐそれをダウンロードして試みませんか。