ホットクローンによって実行中のVmwareをクローンする方法

ホットクローンは実行中のアプリケーションを中断することなく、システムやディスクをクローンするのに非常に便利なテクノロジーです。今回の記事はVmwareでホットクローンを実行する方法を紹介します。

ホットクローンとは

ホットクローンはサーバーOSの実行中にクローンする方法です。非常に便利なクローニング手段として、特に設定が必要なサービスがたくさんあり、みんなの設定情報を手動で再入力したくない場合に非常に役たちます。

ホットクローンとコールドクローン>

クローンといえば、主に二種類の方法があります。ホットクローンとコールドクローンです。もちろん、区別が存在しています。コールドクローンを行っている場合、サーバーOSを一旦シャットダウンして、ブータブルメディアかWinPEから起動してクローンします。

ホットクローンは、ソースサーバーのOSが起動したまま移行処理を行うクローン方法です。システムまたはディスクのイメージを作成され、新しい仮想サーバーにアップロードされている間も、物理サーバーはオンラインのままです。

ホットクローニングの間、物理サーバーをアクティブに保つことで、作業の流れは中断されません。つまり、従業員や管理者の生産時間の損失を抑えてます。従って、システムが常に実行されている場合は、ホットクローニングが最適なソリューションです。

ホットクローニングソフトウェア

AOMEI Backupper Professionalは頼もしいディスククローニングソフトウェアです。仕事を中断せずにシステム、ディスクやパーティションをクーロンできます。パソコンのパフォーマンスを向上させるため、ディスクまたはOSだけをSSDへのクローンもできます。

実行されている仮想マシンをホットクローンします

一部のユーザーが仮想マシンを物理マシンへ移行したいです。ホットクローニングはそれに役立ちます。特に仮想マシンにトラブルシューティングする場合に、仮想マシンをオフラインにすることなく、クローンを作成して、このクローンに対して診断します。問題を突き止めたら、相応しいソリューションを仮想マシンに適用します。

実行中の仮想マシンをクローンする方法

1. AOMEI Backupperをダウンロードして、仮想マシンにインストールします。本製品の左側のパネルのクローンタグをクリックして、システムクローンを選択します。

2. AOMEI Backupperは既にシステムパーティションを自動的に認識します。ターゲットのパーティションを選択して次へをクリックします。

システムクローン

要注意: ターゲットパーティションは上書きされるので、全てのデータが消えます。重要なデータがあれば、必ずバックアップします。

3. クローニングの操作概要を確認の上、下にある詳細設定を必要に応じて行います。

オプション

パーティションのサイズを編集: スライダーバーをドラッグして、パーティションのサイズと位置を手動で調整します。未割り当て領域をターゲットディスクに残したくない場合は、このオプションをクリックして編集します。

セクター単位のクローン:使われているかどうかにもかかわらずシステムパーティション上の全てのセクターをターゲットパーティションにコピーします。従って、ターゲットパーティションのサイズはソースパーティションより上回らなければいけません。ターゲットパーティションの領域を節約するため、普段はこの選択肢をチェックしなくて、インテリジェントクローンを行います。

インテリジェントクローンはソースパーティションの使用済み領域のみをクローンします。ターゲットパーティションのサイズがソースパーティション上の使用済み領域のサイズより小さくない限り、大きなディスクをより小さなディスクにクローンできます。

SSDを最適化するにはパーティションを合わせる:ターゲットパーティションはSSDにある場合、これをチェックすることを強くお勧めします。パーティションはうまく整列されるために4Kアライメントという操作を行います。これは、SSDのパフォーマンスと寿命に強く影響します。

最後に、開始をクリックして、クローニングが正常に完了するまで待ちます。

BIOSでターゲットディスクをブートデバイスとして設して、物理マシンでこの仮想マシンを実行できます

ホットクローンは仮想マシンと物理マシンの両方で使用できます。実行中のマシンをクローンしたい場合に最善の対策です。AOMEI Backupperを使うと簡単に終えます。

AOMEI Backupperはもちろん、名前のとおり、頼りになるバックアップと復元ツールです。Windowsでスケジュールバックアップを行いながら、自動的に古いバックアップを削除する機能は非常に役に立ちます。パソコンをバックアップして、異なったマシンに復元するのもよく使われた簡単な機能です。