HDDが故障する原因・壊れる前の症状&対処法は?

永遠に続くものは何もないから、HDDがいつか必ず壊れてしまうだろう。大切なデータを失わないように、HDD障害の原因とか前兆とかを知ったり、予防策を講じる必要があります。

HDDの故障の症状が気になる理由

HDD(ハードディスクドライブ)またはSSD(ソリッドステートドライブ)を使用する時にどんなに気をつけていても、ディスクは故障してしまうことがあります。メーカーや容量など様々な要素により、HDDの平均寿命はおよそ5〜10年です。だから、遅かれ早かれHDDの障害に直面しているんです。

ほとんどのユーザーは個人用ドキュメント、写真、動画、オペレーティングシステムなど重要なファイルをHDDに保存します。運がよければ、HDDは徐々に壊れていき、故障の前兆が現れます。そのため、HDDが故障したときの症状に気づけば、データを他のストレージデバイスに移動する機会があります。

もし、HDDが壊れる前の症状を無視するか、または認識できないなら、HDDは完全に壊れてしまう時、全てのデータを失う可能性が高いです。さらに、もしHDDの残り寿命について心配するなら、HDD障害の前兆を知っている必要もあります。

HDD故障の原因

HDDの故障には2種類(物理障害と論理障害)があるので、それぞれの原因も異なります。

物理障害

まず、HDDそのものの破損によって起こる障害が物理障害です。コンピューターの他のハードウェア・コンポーネントと違って、通常のHDDの中にさまざまな可動部品があり、それらが破損することで不具合が発生するということあります。

物理障害が発生する主な原因は、振動、衝撃や高温です。高いところから落とすとか、水に没するといった極端な事例もありますが、そこまで強い衝撃ではなくてもHDDが壊れる可能性もあります。また、長時間の使用による消耗も物理障害の大きな原因のひとつとなります。

論理障害

ソフトウェアやデータなどの破損によって起こる障害が論理障害です。HDD自体に問題がないものの、記録されているデータが破損しているため不具合が発生するということもあります。

論理障害が発生する主な原因はプログラムの故障です。HDDを長時間使用しているとプログラムファイルが破損することがあり、これによってデータを正しく読み込むことができなくなるかもしれません。

また、ウイルス、スパイウェアなどマルウェアはHDDに格納されている全てのファイルを暗号化できるため、それらに感染すると同様にプログラムが破損することがあります。例えば、かつて多くのファイルがランサムウェアWannaCryに暗号化されていたのを聞いたことはあるでしょう。

さらに、人為的なミスも論理障害のひとつの原因になります。誤操作によるデータの消去や初期化などもHDDの故障を引き起こします。

パソコンHDD故障の症状

原因により、異なった症状が現れます。例えば、ファイルやフォルダが開けない、BIOSで認識されない、パソコンが異様に熱くなります。次はパソコンHDD故障によくある代表的な症状をご紹介します。

パソコンの動作が遅くなる

パソコンがよくフリーズしたり、ファイルやフォルダの読み込みが遅くなる場合、一般にHDD自体の故障が疑われますが、似たような症状が論理障害の原因でも発生するため、見分けるのが難しいともいえます。クリーンインストール、またはセーフモードで起動した後、この症状がまた現れるなら、HDDそのものの破損が最も可能性の高い原因です。

ブルースクリーンが表示される

システムファイルの破損、誤操作などによるファイル削除、ウイルス感染など論理障害の原因で、ブルースクリーン(Blue Screen of Death、BSOD)のエラーが発生するかもしれません。

ですから、幾つかのファイルやフォルダが消えることに気づいたら、HDDがもうすぐ壊れることを考えているべきです。死んだハードディスクで破損したファイルを起こして、破損したファイルで死のブルースクリーン(BSOD)を起こします。

OS(Windows)が起動しない

パソコンが頻繁に(特に起動時に)クラッシュするのも、HDDが故障する前の警告です。エラーコード301が表示されたら、HDDが故障したか、またはもうすぐ故障することを意味します。

301といったエラーメッセージが出てしまう場合、Windowsが起動できる可能性が低いです。またHDDを再接続してWindowsシステムを起動してデータを他の場所にバックアップするチャンスがほとんどありません。でもLinuxブータブルメディアでパソコンを起動して全てのデータを他のところにコピーすることができます。

HDDから異音がする

HDDはデータを読み込む時、異音(例えば、カチカチ、カコンカコン、ガタガタ、ガリガリといった音)が発生すると、HDDが故障しかけていることを意味します。これもHDDが故障する時に最も起こりやすい症状です。データにアクセスできない前に、すぐにHDDをクローン、バックアップすべきです。

もし、既にデータにアクセスできないなら、パソコンをシャットダウンする必要があります。使い続けると、HDDにもっと深刻な障害が発生して、データが回復不可になるかもしれません。

HDDにどんな症状があるか未だ分からない場合、チェックディスクのコマンドなどを行い、HDDエラーを確認・修復することができます。

HDDが壊れる前の対処法

上述したように、HDDやSSDの寿命は永遠ではありません。HDD障害に直面している時、データ復旧ソフトウェアなどに頼むことができますが、料金がかかるかもしれません。そのため、HDDが壊れる前兆を認識して、 おそすぎないうちに対処法を実行するのはとても重要なことです。

HDD全体をイメージファイルにバックアップするか、または他のHDDにクローンすることができます。WindowsでHDDをクローンするのはかなりシンプルです。次の手順に従って、故障するHDDをクローンすることができます。

ハードディスククローンフリーソフトというと、AOMEI Backupper Standardがおススメです。これはWindows 10/8/7に対応します。大容量HDDを小容量HDDにクローンパーティションスタイルを変更せずにMBRからGPTへクローン、不良セクターをクローンすることができます。

手順 1. このHDDクローン専用ツールを無料でダウンロードし、インストールし、起動して「クローン」タブ→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

手順 2. 障害のあるHDDをソースディスク(クローン元)として選択してから、クローン先としての別HDDを指定します。ローカルディスクや外付けHDDなどを宛先ディスクとして選択することができます。

ソースディスク

宛先ディスク

手順 3. 「開始」をクリックしてクローンを実行します。

開始

もし、システムは既に起動できないなら、このフリーソフトを使用してブータブルCD/USBを作成することができます。そして作成したブータブルディスクからパソコンを起動して壊れたHDDをクローン、またはバックアップすることができます。

データ紛失に備えるために、HDD障害のいずれかの前兆を発見するなら、HDDをバックアップ、クローンするのは大事なことです。また、データをちゃんと保護するために、日頃からHDDのバックアップを定期的に取ることをお勧めします。

クローンのほかに、AOMEI Backupperはバックアップ&復元の専門ツールともみなされます。