Windows 10/8/7でRawHDDをコピーする

RawHDDのコピーとは

rawHDDのコピーは、クローン方法の一つであり、ハードディスク内のセクタを丸ごとコピーすることを意味します。使用済みのセクタだけをクローンする方法はスマートクローンと呼ばれます。

rawHDDのコピーの場合、コピー先のHDDの容量は、コピー元のHDDの容量とせめて同じです。rawHDDのコピーは、スマートクローンよりも確かに時間がかかります。

いつrawHDDのコピーソフトを使う?

rawHDDのコピーを作成する最も一般的な理由の1つは、破損したHDDをクローンすることです。ソースディスクが完全に壊れた場合は、クローンされたHDDからデータを回復することができます。

不良セクタでクローンに失敗した場合、rawHDDのコピーを作成すると、不良セクタをスキップし、HDDをクローンすることができます。それ以外にも、以下のような場合にはrawHDDのコピーを作成することができます:

  • データまたはシステムの引越し:HDD上のもの(システムを含む)を丸ごと別のHDDにコピーします。

  • データのバックアップ:データ損失に備えて、サーバーが元のディスクとしてフルバックアップします。

  • メディアのコピー:SSD、外付けHDD、USBメモリやSDカードなどのストレージメディアデバイスをクローン/コピーします。

rawHDDのコピーを作成する無料のコピーソフト

AOMEI Backupper Standardは、HDDの丸ごとコピー(セクタ単位のコピー)をサポートする無料のコピーソフトです。このソフトは、M.2、mSATA、SATA、IDE、SAS、SCSI、またはSSDなどのようなWindowsで認識されるストレージデバイスをサポートします。また、USBでも動作できます。

このソフトは、UEFIブートモードをサポートしていますので、MBRディスクをGPTディスクに直接クローンすることができます。上記のように、rawHDDのコピーを作成する場合、MBRとブートレコードを含むHDDを丸ごとコピーするので、MBRディスクをGPTディスクにクローンすると、コピー先のディスクは自動的にMBRディスクに変換されます。

ディスクコピーの操作が進行中の間、パソコンを使用して他の作業を実行できます。Windows内でHDDをクローン/コピーしたくない場合は、ブータブルメディアを作成してそこからパソコンを起動し、コピーを作成することもできます。

rawHDDのコピーを作成する方法

AOMEI Backupperを使用すると、お使いのHDDのパーティションスタイル、容量、およびファイルシステムに関係なく、rawHDDのコピーを作成することができます。次の手順を参照して、rawHDDのコピーを作成してください。

行う前に:

前述したように、空のセクタもクローンされるため、コピー先のディスク容量はせめてコピー元のディスク容量と同じです。

MBRディスクにGPTディスクをクローンしようとすると、MBRディスクは4つのプライマリパーティションしかサポートしないため、最初の3つのパーティションのみがクローンされます。残っていたパーティションをクローンするには、[パーティションクローン]機能を使用します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。[クローン]タブの[ディスククローン]を選択します。プロ版で利用可能な機能[システムクローン]を選択すると、システムのみをクローンできます。

ディスククローン

ステップ 2. クローンしたいディスクを「ソースディスク」として選択し、[次へ]をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. クローンを保存するディスクを宛先ディスクとして選択し、[次へ]をクリックします。バックアップ用なら、外付けHDDにクローンすることをお勧めします。

宛先ディスク

ステップ 4. この画面で、操作が表示されます。その後、[セクター単位のクローン]オプションをチェックします。宛先ディスクがSSDの場合は、[SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」を推奨します。その後、[開始]をクリックしてRawHDDのコピーを開始します。

RawHDDのコピー

クローン作成中に、パソコンに負荷がほとんどかからないから、パソコンでビデオを見たり、他のことをしたりすることができます。

AOMEI Backupperは、rawHDDのコピーを作成するための便利で無料のソフトウェアです。rawHDDを丸ごとコピーしない場合は、ディスクの使用済み領域のみをコピーして、時間とディスク容量を節約できます。

クローン機能に加えて、AOMEI Backupperには、イメージバックアップの作成、システムバックアップ、リアルタイムファイル同期などの機能もあります。これらの機能を利用して、パソコンのHDDをよりよく管理できるようになります。


関連記事(Q&A):

[Windows 7/10]ファイルとフォルダを同期する方法

USBからUSBメモリにデータをコピーする方法-初心者までやれる

Windows 10をNVMe SSDにクローンする方法