AOMEI Backupperを使用して、外付けHDDへOSをコピーします

なぜ外付けHDDへのOSコピーが必要ですか

OSはコンピューターを動作させます。それにそれは多くの重要なデータを保存します。今、情報技術は速い速度で進歩していきます。現在、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10は人気があります。OSはクラッシュしたり、破壊されたりすると、データは紛失します。そのため、OSクローンはデータの安全性を保護するのに良い方法です。それは別の場所(例え、外付けHDD)へOSとアプリケーションをコピーして、コンピューターがクラッシュした後、すぐにデータを復元できます。また、ユーザーにとって、外付けHDDへOSをコピーするのは大きい便利をもたらすことができます。

安全性: システムクローンはOSとCドライブにあるプログラムをコピーして、コンピューターがクラッシュする時データの安全性を保証できます。クラッシュが発生すると、システムは実行できなくて、データは紛失します。ユーザー、特に企業に悪い影響を与えます。しかし、事前にシステムをクローンしたら、情報を保護し、損傷を減少することができます。

高効率: 他のディスクあるいは外付けHDDへOSをコピーするのは、システムがクラッシュする時、大きい助けを与えます。システムがクラッシュする時、コピーを使用して、システムを復元できます。それにそれはシステムの再構成に関する時間を沢山削減できます。ちなみに、システムの再構成は前の重要な情報を再構成できません。

有用性: OSを外付けHDDへコピーするのはユーザーに役立ちます。例えば、Windowsをアップグレードしたいなら、データを取り戻す前にシステムクローンを作成できます。あるいは、より大きいボリュームのHDDへ移行したいなら、コピーはHDDへ簡単に情報を移動できます。

無料AOMEI BackupperでOSをクローンします

文字通り、OSを外付けHDDへクローンするのはOSをHDD/SSDへコピーすることです。それでこのタスクを完成するのに2つのオプションがあります:システムクローンまたはシステムイメージの作成です。シンプルな操作手順を考えて、無料バックアップソフトウェアAOMEI Backupperでシステムをクローンすることを推薦します。

動作する前に:

  • AOMEI Backupper Standard(AOMEI Backupperの無料エディション)をダウンロードします。
  • 外付けHDDを準備します。システムクローンのために、このHDDは十分に大きいことを確保してください。

ステップ1. AOMEI Backupperをインストールして、起動します。以下の写真のように「クローン」タブで「システムクローン」を選択します。他の2つのオプションをクリックして、パーティションクローンまたはディスククローンを実行できます。

システムクローン

ステップ2. システムクローンのために宛先パーティションを選択します。ここでは「ディスク1」を例とします。それを選択して「次へ」をクリックします。

宛先ディスクを選択

ステップ3. 最後の手順で「次へ」をクリックした後、ポップアップは宛先パーティションが上書き、削除されることを表示します。そのため、その上に何もデータがないなら、「はい」をクリックします。あるなら、「いいえ」をクリックして、操作をキャンセルし、まず重要なデータをバックアップします。

操作確認

ステップ4. ソースパーティションと宛先パーティションを確認した後、「開始」をクリックします。

操作概要

左下側にあるオプションをチェックして、詳細を設定できます。「セクター単位のクローン」はソースパーティションから宛先パーティションへ全てのセクターをクローンします。完成するためにより多くの時間がかかります。宛先はSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」は性能を最適化できます。

全ての操作の後、数分を待っています。進行状況は100%に達すると「完了」をクリックします。システムクローンは成功に完了します。

AOMEI Backupperを使用して、OSを外付けHDDへコピーするのはより簡単になります。「バックアップ」の機能を利用して、システムイメージの作成もできます。システムバックアップは仕事を邪魔しなくて、作業しながらそれをバックアップするのは許可されます。AOMEI Backupper Standardは確かに強力ですが、バックアップイメージを結合できません。この機能またはより多い機能が必要である場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードして、より柔軟にデータをバックアップ、復元できます。