Windows 7でブータブルUSBドライブをクローンする最も速い方法

なぜブータブルUSBドライブをクローンしますか

以前USBドライブはたいてい個人データの保存および転送に使用されます。現在より多いPCユーザーは災害復旧のためにUSBドライブをブートデバイスとして使用します。ブータブルUSBフラッシュドライブはコンピューターを起動するブートファイルを含みます。もしそこにシステムISOイメージを置くなら、USBドライブは素晴らしい復元ツールになります。それは重要なので保護される必要があります。ブータブルUSBサムドライブのクローンはバックアップのような方法として認められます。例えば、それをHDDにクローンします。最初のブータブルUSBドライブが壊れてもコンピューターを起動できます。

同じブータブルデバイスを他のコンピューターに展開したい場合、ブータブルUSBドライブを他のUSBドライブにクローンできます。例えば、システムイメージのあるブータブルUSBスティックを持ち、同じ復元を行うためにそれを他の同僚に転送したいです。結果としてUSBをUSBにコピーするのは必要です。また、PCのHDDをアップグレードするように、USBドライブが容量不足になる時より大きなUSBでそれをアップグレードしたいかもしれません。アップグレードしようとするUSBドライブはブータブルパーティションを含むなら、それを新しいフラッシュドライブにドラッグしてドロップするのは効果がありません。最高の方法はブータブルUSBドライブをより大きなUSBにクローンすることです。

どのようにブータブルUSBドライブを簡単にクローンしますか

Windowsはクローン機能がないのでサードパーティ製の専門ソフトウェアを探してブータブルUSBドライブをクローンしたほうがいいです。市場に沢山のクローンツールがありますが最高の選択肢はどれですか。USBドライブをアップグレードしたい場合、セクター単位のクローンの他にこのクローンソフトはより多い方法を持つ必要があります。インテリジェントクローン機能は不良セクターをスキップできるためです。USBドライブが少し壊れる場合、進行中にクローンが成功することを確保できます。

AOMEI Backupper Professionalは「ディスククローン」の機能を介してブータブルUSBフラッシュドライブをHDD、SSD、または他のUSBドライブにクローンできます。USBスティック上のブートドライブとデータドライブを含むすべてのパーティションはいくつかのクリックだけでターゲットディスクにクローンされます。クローン開始の前に宛先ディスクに同じレイアウトを維持するか、パーティションのサイズを調整するかを決めるオプションがあります。この無料体験版をダウンロードして試してみます。

AOMEI Backupperを介してWindows 7でブータブルUSBドライブをクローンします

通常にコンピューターを起動し、ブータブルUSBドライブおよびターゲットディスクをPCに挿入します。Windowsはそれらを検出できることを確認してください。AOMEI Backupperをインストールして起動します。「クローン」を選択して「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

ブータブルUSBフラッシュドライブを選択します。

ソースディスク

そしてブータブルUSBドライブをどこにクローンしたいですか。宛先ディスクを選択します。それはHDDまたは他のUSBドライブであることができます。

宛先ディスク

必要ならば「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックし、パーティションのサイズを調整できます。ターゲットディスクはSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックしてより良い性能を取得できます。設定した後「開始」をクリックします。

開始

ヒント: 「セクター単位のクローン」ボックスをチェックしたら、サイズが変更されたパーティションは利用不可能になることを注意してください。

結論

Windows 7でブータブルUSBドライブを他の場所に簡単にクローンできます。AOMEI Backupper ProfessionalはすべてのOSをサポートするため、上述の方法はWindows 10、8、8.1、VistaとWindows XPにも適用します。実はこのクローンソフトも素晴らしいUSB自動バックアップソフトウェアです。それはデイリー、ウィークリー、マンスリーモードの増分バックアップと差分バックアップを提供します。バックアップソリューションとしてそれは「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」という警告に遭わずにWindowsシステムをUSBドライブにバックアップすることをサポートします。