ベストフリーウェアでSSDを新SSDにクローン

なぜSSDから新SSDにクローン?

よりよいオペレーティングシステム(OS)パフォーマンスの為、SSD(ソリッドステートドライブ)で HDDを入れ替えることは今ユーザーの間にとても流行ってきます。ただし、HDDは強力な性能で人気があることと違って、SSDは何か月の使用後、ディスク容量不足に関する警告が届きやすくなるのです。だから、 新SSDを買うとか、SSDを新SSDにクローンするとかなんで珍しくないこととWindows のユーザーは思うかもしれません。実際に、復元は面倒さいと思わなければ、SSDをバックアップ し、イメージを新SSDに復元することは結構いい方法のかもしれません。一方、SSDを別のSSDにクロ ーンすれば、最後のステップを節約できます。

SSDから新SSDにクローンする方法

Windowsオペレーティングシステム(OS)は欠落している機能ですので、Windows のディスク管理でSSDをより大きいSSDにクローンすることは難しいです。逆に、第三者ソフトウェアを使用したほうが便利です。なぜなら、大容量SSDにクローンすることも小容量SSD にクローンすることもサポートするソフトウェアは必要なんです。AOMEI Backupper Standard はコマーシャルおよびホームのバージョンは無料で、インテリジェントなクローンやセクター単位のクローンという機能があります。そして、クローン中、新SSDでパーティションをリサイズすることもできます。簡潔明瞭のインターフェイスがありますから、コンピュータにあんまり詳 しくなくても、操作のことも心配しないでください。では、AOMEI Backupper Standardをダウンロード して試してみてください。

AOMEI BackupperでSSDをクローンするステップ

まず、新SSDをコンピュータに接続します。使用する前に、 新ドライブを格式化する必要があるかもしれません。

第一、AOMEI Backupper Standardをインストールし、起動します。「クローン」をクリックして 、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

第二、旧SSDをソースディスクとします。

ソース ディスク

第三、新SSDを宛先ディスクとします。

宛先ディスク

第四「開始」をクリックします。

開始

注意:

宛先ディスクはSSDですから、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」 を選択すると強烈にお勧めします。こうしたら、入力と出力速度を高められるし、SSDのサービス寿命も延長します。

この操作はただ既定の部分をクローンします。もし旧SSDを丸ごとクローンする必要があれば、「セクター単位のクローン」を選択すると確認してください。

もし「パーティションのサイズを編集」をクリックすれば、以下の通りにオプションが三つあります。

「パーティションのサイズを編集」

もしクローンの新SSDからPCをスタートしたければ、BIOSで起動順序を変更すると確認してください。

概要

AOMEI BackupperでSSDを新SSDにクローンすることは簡単だと思われています。クローン後、新SSDからコンピュータを起動するようになります。もし内蔵ハードドライブはHDDのなら、ブートドライブをSSDにクローンすることもできます。その他に、このソフトウェアはシステムクローン、ディスクバックアップ、CドライブをSSDに移行するみたいな有用な機能を沢山サポートします。バックアップ復元の無料ソリューション――AOMEI Backupper Standard。このソフトウェアはWindows 7, Windows 8, Windows 10, Windows XP や Windows Vistaをサポートします。自由に使えます!