Windows 10/8/7で大容量SSDへSSDをクローンする方法

小容量SSDを大容量と交換します

SSDはHDDよりもっとメリットがあるので、沢山のユーザはもうOSをSSDにインストールしました。しかし、SSDでWindowsをしばらく実行した後、小容量のSSDは多いユーティリティ用のスペースが不足で、アプリケーションはシステムドライブ(C:ドライブ)にファイルを書き込む制限があることを見つけられるかもしれません。今、SSDはより多い容量を得ていますし、値段も安いし、沢山の人は小容量SSDを大容量と交換するつもりです。最も簡単な方法は大容量SSDへSSDをクローンすることです。そうすれば、Windowsとアプリケーションの再インストールが必要ないです。

ディスククローンソフトウェア‐AOMEI Backupper Standard

AOMEI Backupper StandardはSSDを完全にサポートして、多くの努力なしで、大容量SSDへ小容量SSDをクローンすることができます。別のSSDに全体SSDあるいはOSだけをクローンできます。クローンされたSSDは元のものとして、また起動できます。このツールは、GPTにMBRディスクをクローンでき、逆にもできます。それは「宛先ディスク上のパーティションを編集」と「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」の機能も提供します。また、クローンプロセスはバックグラウンドで実行するので、ユーザはコンピューターの使用を止めることが必要ではありません。最後でも重要なことは、AOMEI Backupper Standardは使用に全く無料です。なぜこれを試してみませんか。

大容量SSDへSSDをクローンする方法

直感的なインタフェースで、AOMEI Backupperの全ての操作は非常に簡単になります。ユーザは次のステップに従えば、小容量SSDから大容量SSDへ移動することができます。

1. コンピューターで、このプログラムをインストールして、開きます。

2. クローンタブで「ディスククローン」をクリックします。

クローン

3. 小容量SSDをソースディスクとして選択して、「次へ」をクリックします。そして、大容量SSDを宛先として選択して、「次へ」をクリックします。

ディスクを選択

4. 「宛先ディスク上のパーティションを編集」オプションをクリックします。それはデフォルトで「パーティションのサイズを変更せずに、コピー」を設定します。このオプションは、元と同じサイズを持つディスクにクローンするのによく使用されます。「全てのパーティションをディスクにフィット」オプションを選択するのを推薦します。

パーティションを編集

5. 「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチェックします。これは、SSDをその最高の性能に維持するのに重要です。そして、「開始」をクリックします。

開始

大容量SSDへのSSDクローンの機能以外、AOMEI Backupperは素晴らしいバックアップと復元の機能を持って、ユーザーはそれを使用して、ファイル/フォルダ、パーティション、HDD、OSをバックアップできます。