Windows 10/8/7でSATA ディスクを SSD にクローンする

SSDでSATAハードドライブをアップグレードする

2002からSATA コントローラーとハードディスクドライブが人々に知られてきて、大量的に使用さ れています。より速いI/Oスピードが欲しいのなら、SSDでHDDをアップグレードします。通常のSSD もSATAを使用していますから、SSDを買ってきてSATAドライブを入れ替えます。もしWindowsとプロ グラムを再インストールするトラブルを避けたいのなら、無料のクローンソフトウェアでSATAディ スクを簡単にクローンすることができます。

無料のSATA ハードドライブのデュプリケータ

SATA ハードドライブをSSDにクローンするツールは沢山あります。ここで、この無料のAOMEI Backupper Standardには良いハードドライブのクローン機能がありますから、お勧めします。この ソフトウェアで 大きいハードドライブを小さなSSDかHDDにクローン することができるし、MBRをGPT にクローン することもで きます。逆に、パーティションスタイルを変換することがありません。クローンジョブを設定している時 、宛先ディスクのパーティションサイズを編集してクローンのものを受けます。または、クローンのもの の大きさを自動に全体のディスクに合わせます。これはより便利です。SSDの場合、SSDの最適化のための 余分なオプションがありますから、もしこのオプションを選択したら、SSDはパフォーマンスはより良く なります。そして、それはとても使いやすいので、すべての操作を簡単に完成することができます。

SATAディスクをSSDにクローンする方法

もしデスクトップがあれば、SATA ケーブルと電源ケーブルでSSDをコンピュータに接続するようになりま す。もしノートパソコンがあれば、SATA-USB変換ケーブルでSSDを接続するようになります。クローン後 、クローンのSSDで元のSATAディスクを入れ替えることができます。SATAドライブとSSDをコンピュータに 接続すると確認してから、以下のステップの通りにハードドライブのクローン機能を実行する:

1. コンピュータでフリーウェアをダウンロード し、使用します。

2. ホームインターフェイスで、「クローン」をクリックし、「ディスククローン」を選択してSATAを SSDにクローンします。もし全体のハードドライブではなくOSを移行するだけなら、「システムクローン」を選択します。

クローンタイプ

3. SATAディスク をクリックしてこのディスクをソース ディスクと認定します。次の画面でSSDをクリ ックしてこのディスクを宛先ディスクと認定します。そして、「次へ」をクリックします。

ソースの選択

4. 操作概要の画面で、宛先ディスクはSSDですから、「SSDを最適化するには、パーティションを合わせる」を選択します。そして、「開始」をクリックしてそのディスククローンを始めます。

開始

その後、クローン中、そのコンピュータで他の仕事をすることができます。 ブータブルメディアを作 成 してWindowsをロードせずに、ただソフトウェアをロードしてSATAディスクをSSDにクローンすることも できます。それ以外、異なるハードウェアでOSを他のコンピュータに移行する時、このフリーウェアで 異なるハードウェア復元 を実行することもできます。