WindowsでリカバリパーティションをUSBフラッシュドライブにコピーする方法

リカバリパーティションについて

リカバリーパーティションはHDDの一部です。PCメーカーはそれを設定しておき、工場出荷時のシステムイメージを保持します。多くのノートパソコンはリカバリーパーティションを持ちます。Acer eRecovery Management、ASUS Recovery Partition、Dell Factory Image Restore、Gateway Recovery Management、HP PC System Recovery、Sony VAIO Recovery Wizardなどの特定のユーティリティを使用してコンピューターを元の状態に戻すことができます。これらの回復ツールを見つけるのは難しくないです。通常、起動時にCtrl+F11を押すのは回復手順の始めです。

回復パーティション

なぜリカバリーパーティションをUSBドライブにクローンしますか?

リカバリーパーティションは災害対策として他のストレージデバイスに移動されることができます。1つのリカバリーパーティションは元のPC状態のイメージだけを保持するため、そのサイズは通常に大きくありません。しかし、小容量ディスクのユーザーにとって、少ないストレージだとしても貴重なものです。リカバリーパーティションをフラッシュドライブにクローンするなら、この余分の容量を使用して他のパーティションを拡張できます。リカバリーパーティションの削除は1つの未割り当て領域を生成できます。そしてこの未割り当て領域をCドライブに移動してシステム容量を拡大できます。

他のケースで、USBに特に起動可能なUSBにリカバリーパーティションをコピーするのはHDDが壊れる時、システム復元にとても役立ちます。

HPリカバリーパーティションをUSBドライブにクローンしようとします。そしてこの遅いHDDを速いSSDにアップグレードします。そのためHDDからどのようにリカバリーパーティションをお使いのUSBドライブに移動しますか?

こんな状況に遭ったことがありますか?例えば、以後のシステム復元のために、ASUSリカバリーパーティションをUSBスティックにクローンしようとする場合、USBドライブにこのパーティションをバックアップし、HDDを新しいディスクに置き換え、USBと起動可能なデバイスを挿入してPCを起動し、そしてUSBフラッシュドライブから回復を実行します。実は、リカバリパーティションで復元する結果はクリーンインストールとほとんど同じです。

また、システムクラッシュが発生する時、起動可能なUSBドライブにコピーされたリカバリーパーティションはインストールディスクと等しいです。パーティションクローンは回復ドライブのバックアップとみなされます。例えば、USBにAcerリカバリーパーティションをコピーしておきます。障害が発生する時、いつも対策があります。定期的にバックアップを行う場合、リカバリーパーティションを削除できます。しかし、システムとデータをめったにバックアップしない場合、バックアップ戦略として、リカバリーパーティションを別のストレージにクローンしたほうがいいです。

Windows 7/8/10でリカバリーパーティションをUSBにクローンする簡単な方法

Windowsの内蔵ツールはクローン機能を持っていません。それにWindowsの内蔵ツールを使用してリカバリーパーティションをUSBドライブにバックアップできません。それはリカバリーパーティションがシステムプログラムを含むためです。「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」という警告が表示される可能性があります。幸いなことに、AOMEI Backupper Professionalはこの問題を解決できます。「パーティションクローン」の機能は、NTFSとFAT32ファイルシステム間のクローンだけでなく、隠しリカバリーパーティションをUSBにコピーすることをサポートします。手順はシンプルでユーザーフレンドリーです。それ(Windows 10/8/7/Vista/XPをサポート)をダウンロードして手動でリカバリーパーティションをクローンする方法を学びましょう。

1. AOMEI Backupperをインストールして起動します。USBドライブを挿入し、Windowsはそれを検出できることを確認してください。「クローン」タブで「パーティションクローン」をクリックします。

パーティションクローン

2. リカバリーパーティションをソースパーティションとして選択します。

ソースパーティション

3. USBドライブを宛先パーティションとして選択します。このUSBドライブ上のすべてのデータは削除されることを注意してください。そのため、事前に重要なファイルをバックアップしたほうがいいです。

宛先パーティション

4. これは保留中の操作の概要です。自分のニーズによって、画面の下にあるオプションを設定できます。最後は「開始」をクリックします。

開始

ヒント:

  • 「セクター単位のクローン」をチェックしたら、宛先USBはリカバリーパーティションと等しくてまたはそれより大きいであるべきです。
  • SSDにリカバリーパーティションをクローンしたら、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」ボックスをチェックするのは読み込みと書き込み速度を向上させます。

プロセスが完了することは長い時間がかかりません。システムが起動できなくなることに備え、このソフトウェアを使用してブータブルメディア(USBまたはCD/DVD)を作成できます。AOMEI Backupperは不良セクターのあるHDDをクローンするだけでなく、ブータブルUSBドライブをHDDにクローンすることもできます。それもシステムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップの機能を提供する頼もしいバックアップソリューションです。