無料でWindows 10/8/7でPCIe SSDをクローンする

PCIe SSDについて

我々が知っているように、ソリッドステートドライブ (SSD)は機械的なハードディスクドライブ(HDD)より優勢があります。例えば、少ない空間の占用とか、低消費電力とか、より速い速度とかなんてあります。PCIe SSDsは、たくさん利点のあるSSDsの新たなタイプとして、2009 年に出回りました。もしPCIe SSDと他のSSD/HDDを切り替えるつもりがあれば、フリーソフトでPCIe SSDをクローンしま す。

無料のPCIe SSD クローンソフトウェア

無料のPCIe SSD クローンソフトウェア――AOMEI Backupper 標準版 では、HDDsもSSDsもクローンできます。クローンされたドライブにはWindows 10/8.1/8/7がある場合、HDD全体もOSもクローンされます。そして、異なるサイズのHDDでも、HDDのクローンもできます。例えば、大きなHDDから小さなSSDへのクローン。そのとおりに、PCIe SSDを大きなSSDにクローンしたいなら、パーティションのサイズを調整できますから、クローンされた後、未割り当て容量はなくなります。さらに、AOMEI Backupperでパーティションスタイルの変換が要らないで、 MBRをGPTにクローンできます。

PCIe SSD をクローンする方法

このフリーウェア――AOMEI Backupperで、SSDまたは、HDDのクローンは非常に簡単です。それより、クローン開始の前に、宛先ディスクには何のものでも消去されると注意してください。以下のステップをご覧下さい!

1. このフリーウェアをダウンロード し、実行します。HDD または SSD をコンピュータに接続します。

2. 「クローン」タブの下で「ディスククローン」を選択します。

クローン

3. ディスクをクリックして、ソースディスクと宛先ディスクを指定します。

ソースディスク

4. 宛先ディスクは SSD であれば、「SSD を最適化するにはパーティションを合わせる」にします。その後、「開始」をクリックしてクローンを始めます。

開始

AOMEI Backupper でPCIeSSDを別のドライブにクローンすれば、時間を節約します。その後、クローンされたドライブを起動デバイスと設定して、それから起動します。その他、このフリーウェアで、バッ クアップと復元機能でHDDを替わることもできます。