ナビゲーションSDカードをクローンします

カーナビゲーション用のSDカードをバックアップしたいの?今回は詳しい方法を教えます。

ナビゲーションSDカード

フォード、日産、マツダ、メルセデスなどの自動車で見えるSDカードを対応しているナビゲーションシステムは地図、お気に入り場所や保存した路線をGPSデバイスに入っているSDカードに格納しています。これらのデータに基づいてシステムがドライバーを案内します。SDカードには、ナビゲーションデータがプリロードされているか、ユーザー自分でロードすることもできます。

   

ナビゲーションSDカードをクローンする必要

カーナビゲーションシステムを使っているユーザーは次のような状況に備えるため、ナビゲーションSDカードをクローンする必要があることが分かるかもしれません。

  • 元のSDカードを別のSDカードにバックアップして、いつか何かが間違えっている場合は元のSDカードと交換して済みます。
  • データの破損や紛失が発生した場合に、バックアップしたデータを元のSDカードに復元できるように、事前に元のSDカードを他のストレージデバイスにバックアップします。特にナビゲーションシステムが元のSDカードのみをサポートしている場合に便利です。

クローンプロセスをスムーズにするには、信頼性の高いsdカード複製ソフトが必要です。マツダなどのメーカーは自社のツールを提供していますが、それぞれの機能と使用環境に制限がある。これらのツールより通用的で優れたツールがありますか。

便利なフリーウェアでSDカードをクローンします

AOMEI Backupper Standardは無料の多機能バックアップソフトウェアです。バックアップ、復元、同期とクローンなどの機能あっての素晴らしいツールとして、SDカードの複製はとても簡単なことにすぎないんです。このツールは32ビットまたは64ビットのWindows XP/Vista/7/8/8.1/10、つまりあらゆるWindowsバージョンを対応しているので、早速ダウンロードして使ってみましょう。

クローニングの事前準備

  • SDカードリーダー
  • AOMEI Backupper Standardをインストールされたパソコン。
  • ナビゲーションSDカードともう一つのSDカード

開始

1. SDカードをそれぞれパソコンのSDカードリーダーに接続して、Windowsに認識されたことを確認します。AOMEI Backupper Standardを開いて、「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローンをクリックします

2. クローニングのソースディスクを指定します。ナビゲーションSDカードお選択して次へをクリックします。

ソースディスクを指定します

3. ターゲットSDカードを宛先ディスクとして指定して次へをクリックします。

ターゲットディスクを指定します

4. 操作概要が表示されます。確認してから「開始」をクリックしてクローニング作業を実行します。

  ⚪ ターゲットSDカードのサイズが元のSDカードより大きい場合、クローン先のSDカードの容量を全部利用するため、操作概要のウインドウで、宛先ディスク上のパーティションを編集をクリックし、「各パーティションに未使用領域を追加」または「パーティションのサイズを手動で変更」を利用してパーティションを編集します。この機能は有料版にのみ対応します。

操作概要を確認します

ヒント:

  • ターゲットSDカードは完全に上書きされます。重要なデータがあれば、クローンを開始する前にカードをバックアップしてください。
  • セクター単位のクローン」とはソースSDカードのセクターの使用状況を問わず全部クローンします。従って、より多くの操作時間と領域を費やします。
  • ターゲットSDカードのパーティションサイズを調整したいユーザーはAOMEI Backupper Professionalの購入を検討してください。この有料版はより高度な機能を満載しています。例えばSDカードをPCに挿す時に自動的にバックアップを行います。

まとめ

AOMEI Backupper StandardでSDカードをクローンするのは二三回のクリックで済みます。それ以外に、このツールは沢山の場合で運用できます。Windowsのバックアップから試してみましょう。