Windows 10/8/7の 再インストールなしでMBRをSSDにクローン

SSDへMBR HDDをクローン換装する前に、知らなければならないことは何ですか

旧コンピューターがより高速に作動するには、 SSDをインストールして、HDDをSSDへ換装するのは最高の方法です。旧コンピューターにとって、マスターブートレコード (MBR) HDDを使用しなければなりません。もしSSD を正常に起動したければ、SSDへMBR HDDをクローン換装する必要があります。システムパーティション (c: ドライブ)の他に、もしシステム予約済みパーティション はHDDにあるなら、クローン換装する必要があります。Windows をインストールする前に、HDDがもう分割されると、システム予約済みパーティションはなくなります。通常、新たなSSD が初期化されていません。HDDのクローンではパーティションスタイルもクローンされますから、SSDへMBR HDDをクローン換装の前、SSD を初期化する必要はありません。SSD が初期化されていた場合に、MBR HDDのパーティションスタイルにすることを確認する必要があります。そして、SSDに換装する前に、コンピューターは UEFIブートモード、GPTディスクをMBRディスクに変換することをサポートするかどうかを確認してください。

SSDへHDDを換装には必要なものはなんですか?

MBR ディスクにインストールされていたWindows 10/8/7のコンピュータ以外に、元HDD、ケーブル、またはSSDに接続するSATA-to-USBアダプター上の使用されたスペースより、少し大きなHDDをSSDにクローンできるソフトウェアのコピーが必要です。そんなクローニングソフトウェアと言えば、ディスクコピーフリーソフト―AOMEI Backupper 標準版を使用してみてください。

Windows 10/8/7を再インストールせずにSSDにクローンする方法

AOMEI Backupperでシステムパーティション、システム予約済みパーティションを含むシステムをクローンすることでも、HDD全体をクローンすることでも、どちらでもできます。とにかく、クローンされたSSDは起動可能になります。SSDは元HDDより小さくても、「ディスククローン」を選択してSSDにクローンすることもできます。なぜなら、HDD全体に合わせるには、プログラムは、SSD上のパーティションのサイズを自動的に調整するからです。

1. このディスクコピーフリーソフトをダウンロードし、実行します。

2. 「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択して、HDD全体をクローンします。

クローンタイプ

3. 次の画面で、元HDDをソースディスクとして、SSDを宛先ディスクとします。

ソースの選択

4. 「開始」をクリックして、SSDへのクローンを実行します。

開始

その後、 AOMEI Backupper がバックグラウンドでSSDにクローンします。ユーザーにとって、コンピューターで仕事をしながら、Windows をロードせずに起動可能なメディアを作成してSSDにHDDをクローンすることができます。SSDへのクローンが完了した後、一応元HDDをぬぐい去らないで、元HDDを移して、SSD から起動していいです。SSD は正常に起動してから、元HDDを消去します。