Windows 10/8/7で大容量HDDから小容量SSDへクローンする方法

大容量HDDから小容量SSDへクローンする理由

SSD(ソリッドステートドライブ)は、素晴らしいパフォーマンスを提供し、HDDの最高のアップグレードと考えられています。SSDでは、Windows 10/8/7システム全体、プログラム、アプリやゲームの実行速度をより速くできるので、たくさんのユーザは今使っている大容量HDDを小容量SSDに交換・換装しようとします。即ち、HDDを引っ越しするつもりです。

しかし、小容量SSDにWindows 10/8/7とアプリケーションをすべて新規インストールしたくないなら、どうすればいいですか?バックアップ&復元ツールを使用して、 対象ディスクをバックアップしてから、ディスクイメージを小容量SSDに復元するという方法もありますが、バックアップイメージを保存するために、他のストレージデバイスが必要です。それに、バックアップと復元、2つのステップがあり、時間がかかるし、大きいHDDから小さいSSDへの復元もちょっと難しくて、面倒くさいです。

ここでは、システムとかプログラムとかを再インストールせず、大容量HDDから小容量SSDへ引越しできるもっと簡単な方法がありますか?もちろん、サードパーティ製のクローンソフトを使用して、小容量SSDへ大容量HDDをクローン、直接コピーすることができます。

HDDクローンソフト ‐ AOMEI Backupper Standard

インターネットで色々調べてみたら、多くのクローンソフトを見つけましたが、それらはHDDを等しいまたはより大きい容量のHDDにしかクローンできません。容量の大きなHDDからより小さいSSDへのクローンは不可能です。

幸いなことに、AOMEI Backupper Standardは容量の大きさに関係なくHDDからSSDまたは別のHDDにデータを転送できる強力なHDDクローンソフトです。HDDの容量よりSSDの容量は遥かに小さくても、HDDの使用済み容量より大きい(つまり、HDD上のデータを保存するための空き容量がある)限り、クローンは正常に完了できます。クローン操作はバックグラウンドで実行されるので、クローン中にパソコンを使用して他の仕事を行うことができます。

AOMEI Backupper Standardは無料で、データディスクのクローンなら十分だと思いますが、システムディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンしたい場合、有料版にアップグレードしてください。また、有料版ではシステムクローン機能を使用してOSだけをSSDにクローンできるし、クローン先のSSDのパーティションサイズを手動または自動で変更できます。

次はAOMEI Backupper Standardを例として、大容量HDDから小容量SSDへクローンする方法をご紹介します。

大容量HDDから小容量SSDへクローン

AOMEI Backupper Standardは初心者でも簡単に使えます。この例では、大容量HDDと小容量SSD両方はMBR形式なので、AOMEI Backupper無料版を使ってもMBRシステムディスク(大容量HDD)をMBR小容量SSDにクローンできます。

手順 1. このフリーソフトを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

手順 2. 「クローン」タブで「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

手順 3. 大容量HDD(ここではディスク0)をソースディスク(クローン元)として指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 4. そして、小容量SSD(ここではディスク2)をターゲットディスク(クローン先)として指定して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

注:小容量SSD上のデータがすべて削除されるので、重要なデータがあれば事前にバックアップを取っておいたほうがいいです。

注

手順 5. SSDへのクローンなので「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」にチェックを入れる必要があります。これは、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックします。

開始

大容量HDDから小容量SSDへクローンできるほかに、AOMEI Backupper Standardも優れたバックアップフリーソフトです。データ保護のために、これはもっともわかりやすいソリューションを提供します。例えば、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップまたはファイル同期ができます。でもスケジュール、フル、増分バックアップをサポートしますが、差分バックアップは有料版だけで使用可能です。