Windows 10/8/7 でIDEをSATAにクローンする

HDDの速度は遅くなる!

重要なディスク I/O タスクをする時に、コンピューターが非常に遅くなる場合は、HDDの更新を考慮してください。Windowsインストレーションディスクの再インストールまたは、新たなHDDへのクローンによって、HDDの更新ができます。その中で、HDDのクローンは、Windows、プログラムを再インストールしないので、より簡単だということは明らかに分かります。そして、コンピュータは非常に古くなって も、IDEをSATAにクローンすることで、IDEは使い続けられるようになります。もしより速い速度を得るつもりがあれば、SSDで旧IDEを替わります。通常のSSDsにはSATA ポートが付きます。例えば、ノートパソコンのHDDです。したがって、IDE をSATA のSSD にも簡単にコピーできます。

クローン前に、何が必要?

明らかに、作動中のWindows 10/8/7コンピューターや、SATA HDD または SSDが必要なものです。また 、IDEをSATA にクローンした後で、そのクローンされたHDDは正常に起動できるかと分かりたいでしょう?もし信頼性の高いHDDのデュプリヶータですれば、そんな遠慮がなくなってしまいます。ここでは、強力なソフトウエア ――AOMEI Backupperを心からお勧めします。もしコンピューターボードはSATAをサポートすると、SATA ケーブルと電源ケーブルをコンピューター上の新たなHDDに接続するだけでよ ろしいです。もし、コンピューターボードはSATAをサポートしないと、IDE - SATA アダプターを購入する必要があります。

ide-to-sata

IDE をクローンする方法

まず、SATAもIEDもコンピュータに接続してください。AOMEI Backupper Standardは無料ですし、使いやすいです。プログラムは自動的にサイズを調整するので、わざわざ元HDDのサイズを新たなSATAに合わせる必要がありません。その上、MBRからGPTへのクローン、GPTからMBRへのクローン もサポートしますから、新たなHDDの容量(2TB、2TB以上)を全て利用できます。以下をご覧下さい!

1. このフリーウェアをダウンロードし、インストールし、起動します。

2. この画面では、「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択して、HDDをSATAに丸ごと移動します。もしIDEからSATAにOSを移動したければ、「システムクローン」を選択してください。

クローンのタイプ

3. IDE ディスクをクリックし、それをソースディスクと選択し、「次へ」をクリックし、続行します。次の画面では、SATA ディスクを宛先ディスクとし、「次へ」をクリックします。

ソースの選択

4. 操作概要の画面には、「パーティションサイズを編集」、「セクター単位のクローン」、「SSD を最適化するにはパーティションを合わせる」この 3 つのオプションがあります。ニーズによって、オプションをクリックしてください。後、「開始」をクリックします。

開始

クローンの処理中は、コンピューターで他のこともできます。もしWindows をロードせずに、クローン を実行したほうが好きであれば、起動可能なメディアを作成 して、ソフトウェアをロードして、IDEをSATAにクローンしてください。もしWindows システムを別のコンピューターに移動するつもりがあれば、異なるハードウェアで機能を復元する こともいいです。勿論!これも無料です。