Windows 7でHDDをSSD/HDDに無料で簡単にクローン

なぜWindows 7でHDDのクローンが必要ですか?

HDDクローンは、インストールされているオペレーティングシステム(OS)などのコンテンツを含むドライブの正確なコピーを作成することを意味します。実は、Windows 7 HDDをクローンするのは沢山の目的があり、複雑ではありません。この記事はそれを一つずつ説明します。

ディスク容量が不足、それをより大きなディスクに換装

ご存知のように、Windows 7のハードディスク容量は変更できませんが、その上に保存されているデータは日々増加しているかもしれません。そのため、時間が経つに連れて、Windows 7はディスク領域不足になっているかもしれません。

この問題をできるだけ早く解決しないと、Windows 7 HDDの空き領域が非常に少なくなる時、お使いのシステムはクラッシュするかもしれません。コンピューターに保存されたものをたくさん削除したくない場合、Windowsまたはインストールされているプログラムを再インストールせずにWindows 7 HDDを大きなディスクに交換できます。

低パフォーマンスなので、SSD(ソリッドステートドライブ)に換装

速い速度を求めるために、ほとんどのユーザーは現在のHDDをSSDにアップグレードすることを選択します。実は、それは古いPCのための最善のアップグレードと考えられ、簡単に完成できます。コンピュータハードウェアの他の部分と違ってハードディスクは簡単に取り外して交換することができます。

システム問題に備え、HDDクローンをバックアップとする

ランサムウェア、ウイルス、重要なファイルを誤って削除したことなど、多くの要素はシステム問題を起こします。それにHDDまたはSSDの寿命が限られています。それらは最終的に破損するので、HDDクローンをバックアップとして行ってデータを保護することをお勧めします。

HDDクローンを通してシステムをインストール

一部の会社や組織は、同じハードウェアとシステム構成を搭載するコンピューターをたくさん必要とするかもしれません。そういう時、1つのコンピューターをインストール、構成、そして複数のHDDにクローンして全てのコンピューターにそれらのHDDをインストールすることができます。

何の準備が必要ですか?

1.   稼働しているコンピューター、そしてクローンの必要があるHDD。

2.   新しいHDDまたはSSD。古いHDDより大きい必要がありません。でも、現在のHDD内の全てのデータを保存するために十分な容量があるべきです。

3.   新しいHDDまたはSSDを接続するためのケーブルまたはアダプタ。デスクトップパソコンなら、新しいディスクをセカンダリドライブとしてコンピューターに接続するために電源ケーブルとデータケーブルが必要です。ノートパソコンなら、新しいディスクを外部から接続するためにUSB-SATA変換アダプタが必要です。

USB-SATA変換アダプタ

いくつかのノートパソコンは2つのドライブベイまたはSSD用のスロットがあります。それらは宛先ディスクの接続に使用されることができます。デスクトップでアダプタを介して他のディスクを接続することもでき、そしてコンピューターにクローン先のディスクをインストールします。

新しいディスクを接続するためのデバイスがない場合、ここではSATA-USB変換ケーブルなしでHDDをSSDにクローンする解決案があります。

4.   Windows向けのHDDのクローンソフトウェア

Windows 7向けのクローンフリーソフト

HDDクローンを作成するのに、多くの質問があるかもしれません。例えば、クローン先としてのHDDまたはSSDは起動できますか?回復パーティションはクローンされますか?大容量HDDを小容量SSDにクローンできますか?ダイナミックディスクをクローンできますか?MBRをGPTディスクにクローンできますか?

以上のことをすべてカバーする単一ツールがありますか?AOMEI Backupper Standardはそのようなソフトウェアで、それに無料です。

Windows 7 HDDをクローンする時、AOMEI Backupperはシステムドライブ、回復パーティション、システムで予約済みのパーティション、EFIシステムパーティション(ソースディスクに存在するなら)を含む、HDD上のすべてのパーティションをクローンします。

このフリーソフトはデフォルトでパーティションのサイズを変更せずにパーティションをクローンしますが、クローン中に手動でパーティションのサイズを変更できます。クローン先はクローン元のディスクより小さいことを検出すると、クローン先のディスクに合わせるために、それは自動的にパーティションのサイズを調整します。

GPTディスクをMBRディスクにクローンする時、クローン先のディスクが起動できるように、それは自動的にシステムで予約済みのパーティションを作成します。クローン先のMBRディスクを起動しようとする時、Legacyブートモードが有効であるかどうかを確認する必要があります。

ダイナミックディスクのクローンについて、ダイナミックボリュームを選択するのは解決案として許可されます。

Windows7でHDDをクローンする詳細な手順

新しいディスクをWindows 7コンピューターに接続した後、以下の手順に従ってWindows 7 HDDをSSDにクローンすることを開始できます。ちなみに、AOMEI BackupperはWindows 8/8.1とWindows 10にも対応します。

ステップ1: AOMEI Backuper Standardをダウンロードしてインストールして起動します。主な画面で「クローン」をクリックして「ディスククローン」を選択します。      

ディスククローン

ステップ2: ポップアップで、クローンしたいディスクをソースディスク(ここではディスク0です)として選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ3: 1つのディスクを宛先ディスク(ここではディスク1です)として選択して「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

ステップ4: 「開始」をクリックして、操作は始まります。

編集

ノート:

  • 宛先ディスク上のパーティションを編集:ユーザーの要求によって、宛先ディスクをリサイズできます。
  • セクター単位のクローン:使用されたかどうかに関係なく全てのソース領域をコピしてより多くの時間がかかります。
  • SSDを最適化するにはパーティションを合わせる:SSDの性能を向上させることができます。宛先ディスクはSSDである場合、このオプションをチェックしたほうがいいです。

AOMEI Backupper StandardはSSDまたはHDDにWindows 7のHDDをクローンできます。しかし、一部のユーザーはSSDまたはHDDにWindows 7のOSだけを移行するつもりかもしれません。もし、そう思うなら、AOMEI Backupper Standardを使用して、Windows 7システムをSSDまたはHDDに クローンすることもできます。