HDDからM.2 SSDへクローンする簡単な方法

M.2 SSDとは

M.2 SSDとは何かを分かりやすくご紹介しましょう。

mSATAの後継として開発されたM.2とは、コンピュータに内蔵される拡張カードにおいて接続端子となる規格のことです。SSDというデータを読み書きできる記憶装置の接続方式の1つでもあります。

マザーボードと拡張カード(SSD)を接続するM.2スロットはZ97、H97、X99マザーボードで正式サポートされます。つまり、ここ数年でマザーボード上に装備されてきている新しいものなので、前のPCで使われているマザーボード上にはない可能性があります。

マザーボード上のM.2スロットに挿入してネジで固定するM.2 SSDは次のようなカード状で、機能性や柔軟性に優れています。ドライブベイが不要なため、タブレットや小型ノートパソコンなどにも搭載できます。

M.2 SSD

SSDが主流になった今、その技術は日々進化しています。M.2 SSDのインターフェースは(マザーボードとストレージを接続する)SATAと(拡張スロットの利用に使われる)PCI Expressなど、従来のさまざまなインターフェース規格に対応しています。その他、M.2 SSDは、データ転送速度が高速・読み込み/書き込みが速い・衝撃に強いというメリットがあります。もちろん、幾つかのデメリットもあります。例えば、高速なので発熱問題があり、消費電力が大きくなります。高性能なので値段が高いです。また、M.2 SSDを搭載するとマザーボード上のSATAポートが使えなくなることがあります。

使っているHDDをM.2 SSDにアップグレードするための一番簡単な方法はHDDクローンソフトを使用してHDDからM.2 SSDへクローン、換装、コピーすることです。まず、適切なツールを選びましょう。

HDDクローンソフト

HDDからM.2 SSDへクローン、コピーするために、頼もしいクローンソフトを選択するのは重要です。

一般に、HDDよりSSDは容量が小さいので、このソフトは大容量HDDから小容量SSDへクローンできる必要があります。また、クローンしたM.2 SSDが起動するよう、BIOS設定をLegacyブートモードからUEFIブートモードに変更する必要があるので、このソフトはLegacyとUEFI両方のブートモードとの互換性があるべきです。

ここでは上述の要求を全部満たすフリーソフト - AOMEI Backupper Standardをお勧めします。それは初心者でも簡単に使えるSSDクローンソフトで、強力なクローン機能を備えます。SSDを最適化するためのオプションを提供するし、MBRからMBRへのクローンだけでなく、パーティションクローン、バックアップ&復元、ブータブルメディアの作成などもできます。

しかし、システムディスクをMBRからGPTへクローン、またはGPTからGPTへ、GPTからMBRへクローンしたい場合やOSのみクローンしたい場合、AOMEI Backupperの有料版 - AOMEI Backupper Professionalアップグレードする必要があります。また、有料版はクローン先のディスク上のパーティションのサイズを変更できますし、差分バックアップ、イメージのチェック/検索などもっと多くの機能があります。

全ての操作がバックグラウンドで行われているので、クローン中、コンピューターを使用して他の仕事を進めることができます。

HDDからM.2 SSDへクローン・やり方

M.2 SSDをお使いのパソコンに接続します。認識できることを確認します。この例では、HDDとM.2 SSDどちらでもMBR形式なので、システムディスクをクローンしても無料版AOMEI Backupper Standardを使うのは十分です。次の手順に従ってHDDからM.2 SSDへクローンしましょう。

1. このフリーソフトをダウンロードし、インストールし、起動します。

2. ホーム画面で、「クローン」タブをクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

3. ソースHDD(ここではディスク0)をクローン元として選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

4. そしてターゲットM.2 SSD(ここではディスク2)をクローン先として選択して「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

注:M.2 SSD上のデータがすべて削除されるので、重要なデータがあれば事前にバックアップを取っておいたほうがいいです。

注

5. 操作概要を確認して問題なければ「開始」をクリックします。SSDの性能を向上させるために「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」にチェックを入れること忘れないでください。

開始

最後の一言で、AOMEI Backupperによって作成されたブータブルメディアからパソコンを起動して、同じ手順でHDDからM.2 SSDへクローンすることができます。また、バックアップ&復元で再インストールせずにHDDを丸ごとM.2 SSDへ引越しすることもできます。だが、クローンより、ちょっと面倒で手間や時間がかかります。