フリーウェアでHDD を外部ドライブにクローンする方法

なぜ!HDD を外部ドライブにクローンする?

HDD を外部ドライブ(HD)にクローンすれば、OSやアプリを再インストールせずに、時間がたくさん節約します。再インストールを避ける別の方法は、ディスクイメージを作成して、バックアップイメージを外部ドライブに復元することです。ただし、この方法はドライブをバックアップするには、利用される場合が多いです。コピーと貼り付けは、HDD上のプログラム、OSがない場合にも、利用できます。

クローン機能は、ファイル、パーティションテーブル、MBR (マスター ブートレコード)、およびレジストリを含んだHDDを丸ごと別のHDDにコピーします。そして、クローンはHDDを更新する最簡単な方法ですから、HDDを外部ドライブにクローンすることは珍しいと思われません。より良いパフォーマンスのあるOS を得るために、新たな外部 HD または SSD で旧HDD を替わります。

HDDを外部ドライブにクローンする方法

システムイメージの作成やファイルのバックアップの上では、Windowsのバックアップ機能は立派なバ ックアップツールです。そして、その機能はディスク、パーティション/ボリュームのクローンには無理でも、ノートパソコンのHDを外部HDDにクローンさせることができます。今のところで、第三者ソフトウェアから助けを求めるのは必然的な傾向です。AOMEI Backupper Standard はクローン、バックアップ、復元などの機能があるフリーウェアです。このソフトウェアは、Windows XP/Vista/7/8/10のユー ザーにとって、ホーム用と商業用には無料ですし、「セクター単位のクローン」もサポートします。こうして、旧HDDの無損失を確認するようになります。もし「SSDを最適化するには、パーティションを合わせる」を選択したら、HDDからSSDへのクローンは簡単になります。さらに、バンドルアドウェアがないし、この無料のソフトウェアをダウンロードしてみてください!

AOMEI BackupperでHDDをクローンする順序 

ステップ1 . HDD を外部ドライブにクローンするには、外部ドライブ(ハードディスクドライブベイまたはUSB/SATA アダプター)をコンピューターに接続します。AOMEI Backupper 標準版をインストールし、起動します。[クローン]をクリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2. HDD をソースディスクと選択します。

ソースディスク

ステップ3.外部ドライブ(ここでは、USB ドライブ)を宛先ディスクと選択します。

ターゲットディスク

ステップ4. HDD を外部ドライブにクローンするには、操作概要を確認し、「開始]をクリックします。

開始

ヒント:

  • もしHDDのセクターを全てクローンしたければ、「セクター単位のクローン」を選択してください。ターゲットディスクがせめてソースディスクの大きさと同じだということを確認してください。
  • HDDを外部SSD にクローンするつもりがあれば、「SSD を最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックしてください。
  • クローンはターゲット外部ドライブを上書きしますから、ファイルのバックアップ はとても重要です。
  • もし「セクター単位のクローン」を選択しなければ、宛先ディスク上のパーティションを編集する ようになります。ここにはパーティションの編集のスクリーンショットがあります。

パーティションの編集

HDDのサイズによって、このプロセスがしばらく続けます。クローンされた外部ドライブからシステムを起動するなら、BIOS で起動順序を変更してください。

AOMEI Backupper 標準版では、ただいくつかのクリックで、HDDを外部ドライブにクローンすることができます。その上、このソフトウェアで、より多くのシステム管理を操作できます。例えば、 起動ドライブからSSDへのクローン、システムのバックアップ、 PCから外部ドライブへのバックアップ、異なるハードウェアの復元などです。