異なる容量のHDD間でクローン|大容量HDDから小容量へ

この記事では、大容量HDDから小容量HDDへクローン、または500GB HDDから1TB HDDへクローンするような異なる容量のHDD間でクローンを行う方法を紹介します。

案例 1:大容量HDDから小容量HDDへクローン私は1TBのHDDと500GBのSSDを持っています。コンピュータの動作が遅いため1TB HDDを500GB HDDにクローンする必要があります。しかし、多くのスタンドアローンのクローンが大きなディスクを小さなディスクに複製できないことを発見しました。異なる容量のHDD間でクローンを行う方法があるのだろうか? 案例 2:小容量HDDを大容量HDDへクローン私は1TBと500GBのドライブを持っています。1GBに500GBをクローンしたいです。500GBにはWindowsがインストールされていて、500GBを1TBに置き換えて起動することは可能ですか?

異なる容量のHDD間でクローンを行う前に

一般に、お使いのコンピュータにはハードディスクが付属しています。容量やパフォーマンスの問題のために交換することもできます。古いドライブを交換する前に、HDDやSSDに関連するものを知る必要があります。

1. 大部分の状況でSSDディスクはHDDよりも小さいです。大容量HDDから小容量SSDへクローンにクローンするのはユーザーにとってはややこしいことです。元のHDD上の使用済み領域のみをクローンできるディスククローンソフトが必要です。

2. 一般に、ディスクを大容量のディスクにクローンした後、小容量ディスクと大容量ディスクの間のスペースには、未割り当て容量としてマークが付けられます。ディスクの管理では、複製された部分のみが表示されます。例:500GBを1TBにクローンすると、ディスク管理で500GBしか表示されず、余分なスペースが未割り当て領域として表示されます。

異なる容量のHDD間でクローンを行う方法

同じセクターサイズでHDDをクローンできる多くのクローンソフトがインターネット上にありますが、いくつかのツールでは異なる容量のHDD間でクローンできません。一部のユーザーは、Clonezillaを使用してHDDをより小さいSSDにクローンする方法を紹介するかもしれません。しかし、それは同じまたはより大きなサイズでHDDをクローンすることだけを許可します。時間と労力を節約するため、無料なAOMEI Backupperをお勧めします。

AOMEI Backupperを使用すると、HDDの使用済みスペースがSSDより小さいであれば、大容量HDDを小容量SSDにクローンできます。SSD上のスペースが古いハードドライブ上のデータを保持するのに十分でない場合は、OSパーティションのみをクローンできます。GPTディスクとMBRディスクの両方をサポートしています。GPTディスクをより小さいSSDにクローンできます。また、MBRディスクをGPTにクローンすることも、逆も可能です。

さらに、ディスクをより大きなディスクにクローンすることもできます。大容量のHDDにクローンを作成後、元のHDD容量しか認識しない場合は、コピー先のディスク上のパーティションのサイズを調整できます。コピー先のディスクがSSDの場合、ディスクの読み取りと書き込みの速度を最適化できます。

こちらからダウンロード

大容量HDDから小容量SSDへクローン

  • 手順 1. SSDをコンピュータに接続します。

  • 手順 2.「クローン」タブの「ディスククローン」をクリックします。ディスククローン

  • 手順 3. 大容量HDDを選択して「次へ」をクリックします。大容量HDD

  • 手順 4. 前に接続したより小容量SSDを選択し、「次へ」をクリックします。小容量SSD

  • 手順 5.開始」をクリックして、クローンを実行します。大容量HDDから小容量SSDへクローン

1. ディスクがSSDの場合は、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」チェックボックスをオンにする必要があります。SSDディスクの読み書き速度を向上させることができます。

2. 「セクター単位のクローン」をチェックすることはお勧めしません。目標ディスクのサイズは、ソースディスク以上でなければなりません。

500GB HDDから1TB HDDまたはSSDへクローン

  • 手順 1. 1TB HDDまたはSSDをコンピュータに接続して、検出できることを確認します。

  • 手順 2.ディスククローン」をクリックします。

  • 手順 3. 500GB HDDを選択して「次へ」をクリックします。500GB

  • 手順 4. 1TB HDDまたはSSDを選択して「次へ」をクリックします。1TB

  • 手順 5.宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックして、「全てのパーティションをディスクにフィット」を選択します。この操作により、500GBを1TBにクローンした後の未割り当て領域を回避できます。パーティションを編集

  • 手順 6.開始」をクリックします。

パーティションサイズを手動で調整する場合は、AOMEI Backupper Proにアップグレードできます。

無料体験

終わりに

AOMEI Backupperは異なる容量のHDD間でのクローンに役に立ちます。使用済み容量がSSDより小さい時、大容量HDDから小容量SSDへクローンすることができます。SSDがHDD上のすべてのデータを保持できない場合でも、不重要なデータを削除してディスクを再びクローンできます。さらに、OSパーティションのみクローン、またはHHDをストレージデバイスとしてすることもできます。

それに、500GB HDD(SSD)から1TBへクローンするためにも使用できるだけでなく、ディスクを大容量ディスクにクローンした後、ディスクにはフル容量が表示されず、余分な未割り当て領域が残ります。

AOMEI Backupperを楽しみにしていて下さい