HDDをより大きなHDDへクローンします

今回の記事はHDDをより大きなHDDへクローンしたいユーザーにとって、必ず参考になります。

空き領域が少なくなります

パソコンを使用し続いて、HDDの空き領域がどんどん減ります。更に低下すると、Windowsの提示が出ます。こういう時はプログラムのインストレーションかファイルの保存が難しくて、パソコンのパフォーマンスも悪くなります。最も適当な解決策はより大きなHDDへ取り替えることです。

例えHDDの空き領域が足りても、大きなHDDに換装する理由が沢山あります。

  • 単なる大きいHDDがほしいです。より大きいHDDを使用すると、より多くのファイル、画像、ビデオなどを保存できるから、HDDの容量が大きれば大きいほど、それに越したことはありません。
  • 古いHDDと交換します。HDDを数年間使用すると、古すぎると感じるかもしれませんし、自分のニーズを満たせないと、新しいHDDで置き換えられます。
  • パソコンのパフォーマンスを向上させます。パソコンの性能に満足しておらず、よりスムーズに実行したい場合は新しい大容量HDDまたはSSDで古いHDDを置き換えるのは最も簡単かつ有効な手段です。沢山のユーザーはHDDを交換して極めて大きなパフォーマンス改善を楽しんでいます。

ほとんどのユーザーに対して、どんな理由でHDDを交換した後、古いHDDを新しいHDDまたはSSDへクローンする必要があります。

クローンする前の準備

HDDのクローニングは幾つかの準備をしておかないといけません。

  • より大きなHDDはもちろん一番重要なものです。
  • ノートパソコンの場合はSATA-USBケーブルが必要です。
  • クローニングソフトウェアを用意します。クローニングをうまく実行して、未割り当て領域を残さないため、頼もしいツールが欠かせません。
  • クローン先のHDDが既にデータを持っている場合は、事前にバックアップする必要があります。クローンした後目標HDD上のデータは上書きされます。従って、クローン作成を開始する前に、重要なファイルをバックアップしていることを確認します。

豊かな機能つきクローニングソフト:AOMEI Backupper

HDDクローニングソフトウェアときたら、大人気のAOMEI Backupper Standardは必ず言及されます。このWindows向けの頼もしいフリーウェアはあらゆるのバージョンのWindowsのユーザーに役立ちます。

AOMEI Backupperを使って再インストールせずにHDD全体またはシステムのみをクローンすることができます。さらに、GPTがMBRパーティションタイプのHDDをSSDへクローンしたり、SSDの間でクローンしたりできます。

HDDをより大きなHDDへクローンする時、目標HDDに未割り当て領域が生じるかもしれません。HDD上のパーティションを編集して解決できます。SSDへクローンする場合は4KアライメントによってSSDの読み書き速度を大幅に向上させます。すべてのクローニングプロセスはバックグラウンドで実行されるため、パソコンは支障なく正常に使用できます。AOMEI Backupperはユーザーに素晴らしい体験を与えるツールです。

HDDをより大きなHDDへクローンする手順

新しいHDDをパソコンに接続して、下記の手順に従ってWindows 7/8/10でより大きなHDDへクローンします。

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールします。

2. AOMEI Backupper Standardを開いて、メインインタフェースに続いてクローンディスククローンをクリックします。

ディスククローン
3. ソースディスクを指定し、次へをクリックします。

ソースディスク

4. ターゲットHDDを指定する画面で接続されたHDDを選択して次へをクリックします。

ターゲットディスク

5. 操作の概要を確認します。

操作概要

一般的に、ディスクをより大きなディスクにクローンした後、容量のあまりが存在するので、未割り当て領域が生じます。こういう問題はパーティションの調整によって回避できます。「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックし、出ているウィザードに「全てのパーティションをディスクにフィット」を選択してはいをクリックします。最後に、開始をクリックして操作を実行します。

パーティション 編集

ヒント:

  • クローニング作業が終わったら、一回完全にバックアップすることをお勧めします。何が起こっても、すぐにこの時点に回復します。
  • パーティションを編集するのを忘れ、未割り当て領域が残る場合はクローンした後で、未割り当て領域を使ってパーティションをリサイズして解決します。
  • 「セクター単位のクローン」を選択すると、たとえ空白または不良のセクターであってもソースディスク上のセクターが全部クローンします。即ち、ソースディスク上のCドライブの空き領域が不足している場合、クローンしたターゲットディスク上のCドライブはまだ一杯の状態です。従って、多くのユーザーは使用されたセクターだけをクローンするインテリジェントクローンを使用します。インテリジェントクローンは、特に小さなディスクにクローンしたい時に役立ちます。

まとめ

上記の通り、いいツールを持ってより大きいHDDへクローンする方法は初心者にとっても非常に簡単です。優れた機能、分かりやすいユーザーインタフェースでだれも簡単にクローンできて、素晴らしい体験を得られます。AOMEI Backupperはもちろん、名前のとおり、クローニングツールだけではなく、頼りになるバックアップと復元ツールです。システムバックアップ、パーティションバックアップ、ディスクバックアップとシステム復元などの機能を楽しみます。