外付けHDDへのCドライブのクローンの作成|クローンソフト

Cドライブを外付けHDD/SSDにクローンする方法は知っていますか?この記事では、使いやすいCドライブクローンソフトを紹介しております。

外付けHDDへCドライブをクローンする原因

Cドライブを外付けHDDにクローンする必要がある理由はたくさんあります。常に、3つの原因があります。

① CドライブにWindowsシステムがプリインストールされているコンピュータが動作しなくなり、新しいコンピュータを購入する必要がある場合は、新しいコンピュータを入手する前に、CドライブをSSDまたはHDDにクローンすることができます。

② ちょうど買った新品のSSDを起動ディスクとして使用し、古いHDDをデータストレージディスクとして使用したいですが、OSの再インストールに多くの時間を費やしたくないです。Cドライブだけを外付けHDDにクローンすることは素晴らしい考えです。

③ 多数のキャッシュ、アプリケーション、データなどのために、多くのコンピュータの性能が長期間使用されていないとひどくなる傾向がある場合、SSDのような外付けHDDにCドライブだけをクローンし、SSDから起動して改善することができます。これは、SSDには可動部分が含まれていないため、起動時間とデータアクセス時間を増やすことに多くの意味があります。

そのような場合、外付けHDDへOSをクローンが最善の解決策であるようです。次は、具体的な手順を説明します。

ベストなクローンソフト-AOMEI Backupper

この信頼性の高いソフトAOMEI Backupper Proをダウンロードします。Windows7/8/8.1/10でcドライブのみを内蔵HDDから外付けHDDにクローンすることができます。さらに、クローンされたOSは、任意のコンピュータ上の外付けHDDから直接起動することができます。さて、どのように動作するか見てみましょう。

1. このソフトをインストールして起動します。

2. 「クローン」タブの「システムクローン」を選択します。クローンするディスクは自動的にC:ドライブを選択します。

システムクローン

3. 目標パーティションをC:ドライブとして選択します。

目標パーティション

注意:

  • 選択した目標パーティションは、ストレージスペースのcドライブより小さくしないでください。OSがターゲットディスクから起動できるように、システムパーティションを最初のパーティションまたはターゲットディスクの最初に使用可能な領域にクローンしてください。

  • MBRディスクはWindowsとServerの両方の32ビットと64ビットシステムをサポートしますが、GPTディスクは64ビットバージョンのみをサポートし、32ビットシステムのデータドライブとしてのみ使用できます。したがって、ディスクをMBRからGPTに変換する場合は、最初に64ビットにアップグレードしてください。MBRからGPTにシステムドライブ(32ビットバージョンがインストールされている)をクローンする必要がある場合は、後で正常にブートできるように、マザーボードがクローン作成前にEFI/UEFIをサポートしていることを確認してください。

4. 既にバックアップを作成している場合は、「はい」をクリックします。

注意

5. この操作を終了するには、「開始」をクリックします。

開始

注:外付けHDDがSSDの場合は、パフォーマンスを最適化するために「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」にチェックを付けることができます。

AOMEI Backupperに関する追加情報

外付けHDDへのcドライブのクローン作成とは別に、AOMEI BackupperはまたはSSDのクローンを作成する必要があるときにもうまく機能します。 これにより、システムをバックアップし、システムイメージを作成してWindowsとアプリケーションを安全に保つことができます。または、将来のバックアップやデータの消失を忘れることがないように、自動バックアップを設定する必要があります。

注:Windows Serverオペレーティングシステムを使用する場合は、Server版にアップグレードする必要があります。