無料!|最適なSSDデータ移行ソフト

データをSSDに移行する場合は最適なデータ移行ソフトウェアAOMEI Backupperを使用して簡単に実行させます。

データ移行(クローン)

データ移行」とはデータを他のパソコンまたはストレージデバイスに移動するプロセスです。日常生活と仕事でよく使用される操作として、ストレージの移行、クラウドドライブの移行とアプリケーションの移行という3つの一般的な移行があります。普通には、次のような状況が発生した時に、データを別の場所に転送する必要があります。

  • ● サーバーかストレージデバイスの交換、メンテナンス、またはアップグレード。

  • ● データセンターを移動します。

  • ● ウェブサイトを総合します。

ところで、現時点のパソコンユーザーにとって、最も頻繁に使う移行はSSDを換装する場合のデータ移行です。

SSDメーカーの公式ソフトウェアを使用してデータをSSDに移行する

多くのSSDメーカーは自社の製品用の独自のデータ移行ソフトウェア(IntelのIDMS、SamsungのSDM、Western DigitalのAcronis True Image WD Edition)をリリースしました。

サムスン

サムスン社のSDMツール

ウェスタン・デジタル

ウェスタン・デジタル社のAcronis True Image WD Edition


SDMを始めとするデータ移行ソフトはシンプルなインターフェースと簡単な手順で初心者の間で非常に人気がありますが、時間が経つにつれて多くのユーザが不満を言うようになります。なぜなら、これらのソフトを使ううちに、データを転送不能または移行の途中で止まるなどの問題が発生します。他にもソフトを開けられない、移行の速度が遅すぎるなどの不具合が生じます。ちなみに、各ソフトは自社のSSDのみをサポートしています。複数のブランドのSSDを使用するユーザーは同じ機能のソフトを何個もインストールしなければなりません。ですから、汎用の優れたデータ移行ソフトはありますか?

最善なソフトウェアでデータをSSDに移行します

AOMEI Backupper StandardはSSDに最適なデータ移行ソフトウェアです。このソフトウェアを使用するほとんどのユーザーが簡単なステップと明確なインターフェースに驚いています。この最高のソフトウェアはPCでスムーズに動け、高速で動作するため、長い間待つ必要はありません。また、このデータ転送ソフトウェアは、Windows 10、Windows 8.1 / 8、Windows 7、Windows VistaおよびXPでもサポートしています。このSSD移行ソフトウェアは次の手順で使用します。

手順 1. SSDをコンピュータに接続します。その後、このソフトウェアをダウンロードしてインストールします。インストール後、このソフトウェアを開きます。左側のリストから「クローン」→「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. 移行したいディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。ここはディスク0を例にとってみます。

ソースディスク

手順 3. ターゲットディスク(ここはSSDのディスク1です)を指定します。「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 4. 操作概要を確認した上、「開始」をクリックします。

開始 

システムを含むディスクをSSDにクローンしたから、SSDからブートできるため、BIOSでブート順番を調整し、またはSSDと元のディスクのポートを入れ替えます。

※ヒント:
● SSDは上書きされます。重要なデータを事前バックアップしてください。
● 「宛先ディスク上のパーティションを編集」とはターゲットディスク上のパーティションを編集できます。未使用の領域を活用したり、各パーティションのサイズを自分の必要に応じて編集したりします。この機能を利用するにはAOMEI Backupper Professional版にアップグレードしてください。
● 「セクター単位のクローン」をチェックする場合、ターゲットディスクのサイズはソースディスクより大きい必要があります。
● ターゲットディスクがSSDの場合は「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックしてSSDのパフォーマンスを向上させます。

まとめ

今日、データ移行は私たちの日常生活において重要な役割を果たしています。したがって、実用的なSSDデータ移行ソフトウェアはユーザーにとって重要です。SSDに最適なデータ移行ソフトウェアのAOMEI Backupperは、ディスククローン、パーティション/ボリュームクローン、コマンドラインクローンなど、実用的な機能を数多くのユーザーに提供します。重い仕事を簡単に終えるためにこのソフトウェアを使いましょう。