Windows 10/8/7向けのAdata SSDのディスク移行ツール

なぜADATA SSDディスク移行ツールが必要ですか

ADATAはソリッドステートドライブ(SSD)の有名なマーカーで、世界中に沢山のユーザーがいます。明らかにADATA SSDディスクへのデータ移行を安全に実現するのはとても重要です。いくつかの場合でADATA SSD移行ツールを使用しなければなりません:

  • お使いのHDDに他のデータを保存する余分の容量がなくてデータを大容量の1つにクローンしたいです。例えば、ADATA SSDディスクです。
  • 重要なデータが紛失することに備え、それらを他のストレージに移行しないといけません。
  • より速い速度、より多い容量、より良い性能を持つ新しいHDDがあり、データを新しいHDDに転送したいです。
  • いくつかの状況でシステムの再インストールを防ぐために、システムを他のSSDディスクにクローンしたいかもしれません。

データ移行を実現する方法は2つあります:Windowsの内蔵ツール「バックアップと復元」および最高のADATA SSDディスク移行ツールです。

Windowsの内蔵プログラムでデータを移行します

全てのWindowsバージョンはデータバックアップおよび復元の機能を持ちます。他の場所または外付けHDDにファイル、フォルダとシステムをバックアップできます。Windows 10でデータをバックアップするパスは、スタート→設定→更新とセキュリティ→バックアップです。ここでは2つのバックアップオプションがあります:「ファイル履歴を使用してバックアップ」または「以前のバックアップをお探しですか?」です。

win10バックアップ

Windows 7でデータをバックアップするパスは、スタート→バックアップを入力→バックアップと復元→バックアップの設定です。Windows 8でスタート→Windows 7のファイルを入力→Windows 7のファイルの回復→バックアップの設定は必要です。

win7バックアップ

内蔵のバックアップ機能はライブラリ、デスクトップおよびデフォルトのWindowsシステムフォルダのファイルだけをバックアップします。また、システムイメージファイルから個々のファイルを復元できません。

イメージファイルを直接に使用できません。システムデータは破損した時イメージファイルからデータを復元する必要があります。それはちょっと複雑です。データ移行を楽に行う他の方法はありますか。答えはADATA SSDディスク移行ツールAOMEI Backupper Professionalです。

ADATA SSDのディスク移行ツールでデータを移行します

AOMEI Backupper ProfessionalはWindows 10/8/7のSSD向けの最高のデータ移行ソフトウェアで、それはバックアップ、復元、クローンおよび他のユーティリティを含む沢山の機能を提供し、ディスクを管理します。Windowsの内蔵バックアップよりAOMEI Backupperはより強力な機能を持ちます。例えば、ディスク/システム/パーティションクローン、ディスクバックアップ、ファイル同期、イメージのチェック、イメージの検索、イメージのマージです。次はHDDからデータをADATA SSDドライブに移行する手順を紹介します。

1.最高のSSD移行ツールAOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、このプログラムを起動します。主なインターフェイスで「クローン」をクリックし、そして「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

2.ソースディスク(ここではディスク0です)を選択してクローンします。そして「次へ」ボタンを押して続行します。

ソースディスク

3.他のSSDドライブを宛先ディスク(ここではディスク1です)として選択してADATA SSDディスクにデータを保存します。

宛先ディスク

ノート:

  • 宛先SSDディスクにブートまたはシステムパーティションがある場合、クローン操作が完了する時ブートパーティションを起動できなくさせます。そのためブートまたはシステムパーティションを他のディスクに保存することを確認してください。
  • ADATA SSDディスクはソースディスクのデータを受け入れることを確認してください。
  • データ損失に備えて、ADATA SSDに重要なデータをバックアップしてください。

4.「次へ」ボタンを押して続行します。「操作概要」のウィンドウで操作を確認します。「開始」ボタンをクリックしてデータを移行します。

開始

ヒント:

このステップでいくつかの追加オプションがあります。

  • 必要ならば「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックしてパーティションのサイズを調整します。
  • 「セクター単位のクローン」をクリックしてセクターが使用されたかどうか関係なくソースディスク上の全てのセクターをクローンします。このオプションをクリックする場合、ADATA SSDディスクの容量はソースディスクより大きくて、少なくともそれと等しいことを確認してください。より長い時間もががります。あるいはそれをそのままに置いてもいいです。
  • 宛先ディスクはSSDディスク(例え、ADATA SSDディスク)である場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックしてください。そうでなければ、それをそのままにしておきます。

AOMEI BackupperはSSD向けのユニバーサルな移行ツールで、他のHDDにも適用します。AOMEI Backupperによる移行されたデータは直接に使用されることができます。それはソースディスクのレプリカで、データ復元の操作も必要はありません。

AOMEI BackupperとWindows内蔵プログラムを比較した後、明らかにAOMEI Backupperは使用により頼もしくて柔軟です。