AOMEI Backupperの削除メカニズムは、自動的にディスクの容量不足を解決します。
バックアップファイルが保存されているディスクスペースは十分ですか?バックアップディスクが容量不足?バックアップ用のディスクスペースが少ない?バックアップが容量不足のため失敗しました?定期的バックアップをスケジュールすると、ディスクスペースが制限され、バックアップディスクの容量はすぐに、またはいつか不足します。手動で古いバックアップファイルを削除することは本当に面倒です。ご心配なく。 AOMEI Backupperは、自動的に古いバックアップイメージファイルを削除します。
削除メカニズム
バックアップの実行と関係なく、AOMEI Backupperは以下のメカニズムに基づいて、新しいバックアップファイル用のディスクスペースを解放するために自動的に古いバックアップを削除することができます。
  • バックアップが終了した、日、週、月、または年の指定した数よりも古いフルバックアップとその関連する増分または差分バックアップを削除します。
  • バックアップが終了した、フルバックアップの最大数とその関連する増分または差分バックアップを保持し、不必要なバックアップを削除します。
削除メカニズムを設定する方法
バックアップスキームを有効にする方法は?
スキーム機能はAOMEI Backupper ProfessionalServer、及びTechnician(Plus)だけで利用可能です。バックアップスキームを有効にする方法が2つあります。
方法1:バックアップタスクを作成した後に
「ホーム」でバックアップタスクを選択して、それから「バックアップを編集」を選択します。その後、「スキーム」が表示されます。
バックアップを編集
方法2:バックアップタスクを作成中に
手動でのバックアップと比べて、スケジュールバックアップの方は空き容量が不足しやすいです。そのため、スケジュールバックアップを実行する時に、ディスク容量の管理を有効にするのは大切です。
「バックアップ」を選択して任意のバックアップタスクをクリックして、次の画面の下部に「スキーム」オプションが表示されます。
スキーム
ヒント:バックアップのスケジュールを設定する方法については、こちらをクリックしてください。
ディスクスペースを管理するには?
「スキーム」を開いた後、バックアップ用のディスクスペースを管理することができます。
ステップ 1. 「バックアップスキームを有効にする」にチックを入れます。
ステップ 2. 削除メカニズムを1つ選択します。
ステップ 3. 保持するバックアップ数などを指定します。
ステップ 4. 「はい」をクリックします。
スキーム設定
ドキュメント&ビデオからより多くのヘルプを取得
バックアップと復元機能についての詳細を知りたい場合、以下の文書またはビデオをご参照ください。
詳細チュートリアル
この記事を読んだ後、まだ質問がおありですか?AOMEI Backupper紹介の詳細については、下記のリンクをクリックしてください。
バックアップする方法
バックアップする方法は?次のチュートリアルをご参照ください。
ビデオチュートリアル
AOMEI Backupperのビデオチュートリアル
Backup Disk Space Manager Study Video