Windows Server 2012差分バックアップを実行する方法

差分バックアップの紹介

差分バックアップはバックアップの一つ種類であり、前回のフルバックアップから変更された全てのデータをコピーします。次のフルバックアップまでに、差分バックアップのサイズは徐々に大きくなっていきます。このバックアップタイプからのフル復元は前回フルバックアップと前回差分バックアップだけを要求します。

差分バックアップを実行する理由

増分バックアップとフルバックアップと比べて、差分バックアップは巧みにそれらの欠点を回避して、それらの優位性を提供します。差分バックアップはフルバックアップよりも少ないスペースを占めます。それに、データ復元に増分バックアップよりも簡単な方法です。だから、差分バックアップは常にデータ損失のリスクを効率的に軽減できますし、空間と時間を節約できます。

Windows Server 2012をバックアップする理由

コンピューターを使用して働く時、仕事のバックアップが忘れられやすいです。電力サージ、データの破損、過失の削除などの原因でデータ損失を起こせます。だから、バックアップは非常に重要です。バックアップを実行するために、沢山の方法があります。そのうち、差分バックアップが最も頻繁に使用される方法そうです。

AOMEI Backupper Serverで差分バックアップを実行します

AOMEI Backupperはユーザーの様々なニーズを満たすために、いくつかのエディションを提供します。ファイルバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップとパーティションバックアップなどの基本的機能を提供します。同時に他の特定の機能も提供します。このソフトウェアとともに、ユーザーはバックアップが簡単になることを感じます。

AOMEI Backupper Serverエディションをダウンロードして、インストールし、実行します。

ステップ1: 最初、差分バックアップを開始するために、フルバックアップを実行しなければなりません。「バックアップ」をクリックして、実行したいバックアップを選択します。ここでは「システムバックアップ」を例とします。

システムバックアップ

ステップ2: システムバックアップを完了する時、インタフェースは主なインタフェースに戻ります。ここではバックアップタスクが見つかります。「実行」をプルダウンして、「差分スキーム」を選択します。実は、フルバックアップから、すぐに差分バックアップを実行したら、バックアップに変更がありません。ここでは手順だけを提示します。

差分バックアップを選択

ステップ3: 今、差分バックアップを「開始」して、成功を待ちます。

差分バックアップを開始
 

要するに、データ損失を避けるために差分バックアップをよく使用します。AOMEI BackupperでWindows Server 2012差分バックアップを実行するのはより簡潔で、簡単です。