Windowsバックアップユーティリティが0x80070422エラーで作動できません

0x80070422エラーコードが表示され、Windowsバックアップが作動できない問題の解決策。

Windowsバックアップの0x80070422エラーコード

パソコンの日々の使用の間、多くの個人的なファイルと重要なデータをそこに格納しており、システムにも沢山の個人的な設定があります。システム障害やハードウェアエラーが発生した場合、重要なファイルが失われ、回復不能な損失が発生する可能性があります。従って、お使いのパソコンを定期的にバックアップする必要があります。一部のユーザーはシステムと重要なファイルをバックアップするため、Windowsのバックアップユーティリティーを使ってみます。バックアップしようと思ったが、「指定されたサービスは無効であるが、または有効なデバイスが関連付けられていないため、開始できません(0x80070422)」というエラーメーセージが表示され、バックアップユーティリティーを実行できません。

エラーコード

0x80070422エラーを修復します

実は、このエラーはWindowsバックアプに関するシステムサービスが無効にしただけで発生します。下記の手順に従って、この問題を簡単に修復できます。

1. WIN+Rキー合わせて押します。「ファイル名を指定して実行」に「services.msc」を入力してEnterキーを押します。

2. サービスリストに「Windows バックアップ」という表示名のサービスをダブルクリックします。

サービスリスト

3. 次のウインドウに「スタートアップの種類」を「自動」に設定して「OK」をクリックします。

詳細ブート オプション

4. Windows バックアップを右クリックして、「開始」をクリックします。

開始

5. パソコンを再起動して、「バックアップと復元」を実行して、バックアップしようパーティションとファイルを指定してバックアップします。

最も簡単なバックアップ方法

ようやくこの問題解決しましたが、前述のWindowsバックアップツールを利用する方法は扱いにくく、問題が発生しかねないと思いませんか。また、システムサービスを管理できない場合はどうしようか。これらの問題を解決するには多くの時間と手間を費やします。従って、簡単、かつ安全なバックアップツールを手に入れて、パソコン上のデータやファイルを手軽く保護します。それに越したことはありません。AOMEI Backupperは正にこういうバックアップソフトです。さ、この強力なヘルパーをダウンロードしてインストールしましょう。これから、バックアップ機能についてちょっと説明します。

1. AOMEI Backupperを実行して、「バックアップ」をクリックします。必要に応じて、「システムバックアップ」または「ディスクバックアップ」を選択します。

メインインタフェース

2. 案内に従って簡単なクリックでバックアップの対象とバックアップの保存場所を指定してから、「開始」をクリックします。

メインインタフェース

説明:開始する前に「オプション」、「スケジュール」と「スキーム」について追加設定を行えます。

  • オプション:バックアップの暗号化、圧縮や分割などを設定します。
  • スケジュール:スケジュールを作成して、それに沿って自動的にバックアップを行う機能です。時点だけではなく、イベントトリガまたはリアルタイム同期さえ対応しています。
  • メインインタフェース
  • スキーム:ディスクの領域を節約するため、バックアップイメージを管理できます。

まとめ

Windowsバックアップと復元ツールはもちろんいいユーティリティーですが、プロのツールを使って、最大限の手間を省いて、安全にバックアップすします。AOMEI Backupperは最善な選択です。バックアップの以外、ディスククローン、ファイル同期などの機能もサポートします。